紅葉狩り 明神平-薊岳

こんばんは、コタローです!

久しぶりの山歩き

メンバーは山童子さんとコタロー

大又駐車場(7:30)→明神平→薊岳→大又駐車場(12:55)の周回

活動距離:10.2km

コンディションは良好

①DSCF4001





朝方は青い空に薄っすらと雲が滲む

②DSCF3971

明神平のシンボル風景 あしび山荘
ここまできっかし90分
駐車場が異常に賑わっていたのは、ここ明神平の色とりどりの
テントの数を数えれば納得。
目視しただけで11ハリ。


③DSCF3973

感じのいい場所
こんな場所でテンパクしたい

④DSCF3975

秋の風景

⑤DSCF3976


遠くにあしび山荘を望む
今年の紅葉は少し枯れ色だ

⑥DSCF3994

オレンジと水色のコントラスト

キレイな風景の瞬間

⑦DSCF3998

尾根伝いに景色を眺めながら

⑧DSCF4004

写真の中央にみえるトンガリがこれから目指す薊岳

遠くに見えるが明神平から小1時間と
意外とあっさりいける

⑨DSCF4006


薊岳山頂
1406m


⑩DSCF4011


普段は薊岳にはほとんど人はこないが

この日は代わる代わるピークを踏みに来る

早々に昼食をとらされピークを後にする

⑪DSCF4013

帰りはショートカットで
急坂を駆け降りる
踏みあとはほとんどない。
最初と最後は赤テープがあるが、途中は伐採林跡を
目印に荒れた道を開く

⑫DSCF4016

ススキ真っ盛り 砥峰高原

 こんばんは、コタローです!

DSCF3939.jpg

ススキの季節

ススキの名所

砥峰高原を歩く


DSCF3944.jpg


DSCF3953.jpg


DSCF3942.jpg


DSCF3945.jpg

なんだか良い日和 六甲お散歩

 こんばんは、コタローです!

来るべき煌く霧氷の世界へのトレーニングに

DSCF0064.jpg

晴れの日の渋滞中 六甲

DSCF0055.jpg

沢の風景

DSCF0073.jpg



天然舞茸&あまごハンター

 こんばんは、コタローです!

9月は舞茸の季節
この季節限定で舞茸とアマゴをダブルでハントし
某所にて沢伯が企画された

2日目、目が覚めると絶景がひろがる
素晴らしい朝焼けだ

楽し過ぎる夜会の記憶が蘇り笑みがこぼれる
そして過酷だったハントの記憶へと遡っていく・・・

DSCF0047.jpg

舞茸は昨年、舞茸ハントに同行させていただき
雨が少なくあまり天候に恵まれなかったせいもあり
やや水分が少ない天然舞茸しか取れなかったが
それでも、その香りと食感、そして深みのある味わいに
感動し、今年も是非食したいと思っていた。
更にそれにアマゴもプラスされるとあり、この企画が現実となるのを
楽しみに待っていた。

そして当日

DSCF0013.jpg

かなり厳しめの雨の中 決行となった


DSCF0006.jpg


某所は終日雨予報
流石にテンパクと焚火は厳しいので
別の某所に移り、そこで本日の獲物を肴に夜会が始まる

DSCF0024.jpg

雨の中、アマゴ班が釣り上げた獲物を
3枚におろすパパさん

DSCF0020.jpgDSCF0026.jpgDSCF0036.jpg

3枚おろしの指導を受けるカッパちゃん(左)
右の写真は舞茸の天ぷら

ただこの日の舞茸班は坊主
では、なぜ天然舞茸が?
これは隊長 山童子さんが気をきかせてくれて、持ってきてくれた
前回の舞茸ハントの獲物だ
これで天然舞茸&アマゴの狂い食い企画はきっちりと実行されたわけである

多少強引だが、計画通りに実現するのが童子会である

DSCF0023.jpgDSCF0031.jpg

泥酔者続出で
この後、新たな伝説の1つととなる大惨事も起こる
被害者はNPさん、加害者はパパさん
発見が早かったおかげで臭いはつかなかったようだ

DSCF0042.jpg 

【メンバー】山童子さん、NPさん、パパ、マルちゃん、カッパちゃん、
  こてっちゃん、S井くん、男爵、J.アマノ、Moriyoさん、コタロー(11名)
【活動距離】7.8km
【コンディション】雨時折強雨 後 場所を変えて曇 翌日晴天朝焼けアリ







ピラーロックな休日

 
こんばんは、コタローです!

最近の天気予報は
ハズレっぱなしで調子がくるう

雨予報の今日、日曜は朝からピーカン
こんな日に出かけないほうが可笑しい位の青空だ
その青い空を恨めしそうに眺めながらジリジリしていた

すでに10時過ぎで海とか沢とか
綺麗な場所に行くには
時間が遅すぎる

諦めようとしたが諦めず
出かけた先がここだ

DSCF8944.jpg

この1カットだけ見るとなかなかの景色
しかし夏が戻ってきたような暑さの中、行く場所ではないけど


プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR