FC2ブログ

苦節25年 山の神様の恵み アマゴと舞茸の狂い食い

こんにちは、コタローです! 

深い山の奥に樹が横たわっていた。
その幹の奥には、別世界があった。

DSCF5398.jpg

メンバー;山童子さん、NP さん、͡コテっちゃん、かずぞうさん、もりよさん、コタローの6名
場所;某源流
コンディション;数日降り続いた後で足場は滑りやすかった。到着までは、細かい雨が
たまに降ったがテン場につく頃には、時折、青空が通り過ぎ、火を起こすときには
青空に変わっていた。気温は15℃以下とすっかり秋の気候になっていた。翌日は晴天。





森の中での紫煙はなぜか時間がゆっくりとしっくりと流れていく。

DSCF5349.jpg

土と同化した黒舞茸
素人なら通り過ぎてしまうが、苦節25年の隊長には
舞茸から声をかけてくれるとのことだ。

DSCF5257.jpg

一株10kgはある白舞茸
3株あったが、ここ数日降り続いた雨で1株は完全に流れていた。

DSCF5263.jpg

舞茸の中でも最高級の黒舞茸
この幹の裏側には舞茸畑が広がっていた!

DSCF5266.jpg

本日の収穫
これはほんの一部で持ち切れないほど。
今年は台風と長雨のせいで日照時間が短かったが、
その環境がキノコにとっては良かったのか
どんk山でも豊作だった。

DSCF5270.jpg

DSCF5342.jpg
アマゴの天ぷら
こいつはいつ食べても絶品だ!

DSCF5282.jpg

DSCF5297.jpg

舞茸のフルコース
ホイル焼きはポン酢醤油で。

DSCF5303.jpg

贅沢な空間での宿

42349672_1883788398365181_4504174057771499520_n.jpg

宿の目に前の風景

DSCF5337.jpg

DSCF5354.jpg

やはり体力を持て余していたのだろうか?
通常であれば来た道を帰るだけのお手軽沢泊宴会だが
手こずると思われた舞茸ハントが余りに簡単に達成
できたのが原因だろう。

来週の舞茸の幼菌探しを名目にバリエーション

ではなく、単にミズナラのある方向に進む
行き当たりばったりハードコースで帰路に着くことになった。

DSCF5360.jpg

道なき道を行く


DSCF5365.jpg


DSCF5322.jpg

足場が危ういため、足元に集中して歩く。
ホントに幼菌を探しながら歩いているのだろうか?

DSCF5369.jpg


いつもの景色とは違うので、歩いていても新鮮で良い。
淡々と慣れたルートを歩くよりは、目新しい気持ちで
これはこれでありだった。

DSCF5373.jpg

「わたしはどこ?」
GPSで確認し、ルート思案中の図。
もうあと100mもしないで、通常ルートにでるところであった。

恒例の沢泊は、いつだって、これ以上ないぐらいの
楽しい時間を与えてくれる。

DSCF5389.jpg

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR