FC2ブログ

椅子 籐の張替 DIY

 こんばんは、コタローです!

20180617_155121.jpg 

梅雨の日のために準備していた
籐製の椅子の背の張替作業。
しかしながら梅雨らしい日は
ほとんどないまま、しかも
例年より早く、夏が来た。

20180617_154918.jpg 

やはり不完全な状態というのは、見ていて
気持ちの良いものではない。

ということで、まずは一般に修理に出した場合の
費用を調べた。
その結果、通常の籐の背だと15000~20000円が相場だが
この椅子は、手編みのため45000~55000円と異常に高い!

これが材料費だけだと籐のシートが1500円、押さえ芯が200円
とまずまずのお値段だ。

手編みは流石にできないので、今後の張替も視野に入れ、
ちょっと工夫してみた。

20180630_121831.jpg 

まず道具。彫刻刀が味噌だ。
それと材料は、籐(籠目編み 450*500)
丸芯(φ4*2000)

20180617_163241.jpg 



籐をはがした状態。
これで後戻りはできない。

20180617_163252.jpg
 
ここから枠組みを彫り込む作業に移る
この作業が予想以上に大変だった。
ただ無心になれ、脳みそがクリアになる。

20180624_081308(0).jpg



丸芯がちょうど面になる深さまで掘る。
幅は+1mm必要だった。
これは籐をはめないと、正確な幅はでてこない。

20180624_083204.jpg

溝が決まれば、張る前に木の枠組みにオイルステイン
を染み込ませ、磨き上げる。
これで木は生き返る。

20180630_084407.jpg 

籐を張る前に、籐を水に浸してや柔らかくする。
時間は15分とした。10分だとやや硬め、
30分だとやや柔らか目だったが、待ち時間が無駄。

通常の椅子だと平面の木枠に既に溝があるのでボンドで張れば
終わりだが、自分のは3Dの曲がった木枠のため、籐を張るのに
非常に難儀をした。というのも強力な押さえが必要だった。

これを解決するため、いろいろ方策を考えた。最初はクランプで
押さえようかと思ったが、3Dを押さえるためには最低9ついる
計算でそんなに用途のないものに買う金も保管スペースも
もったいなので、別案を練った。

結果が結束バンド!かなりきつく締めなければならないので
ある程度、長さが必要。ということでダイソーで200mmを購入。

20180630_084527.jpg 

かなりカーブが厳しいので、間隔は短い。

20180630_084456.jpg 

出来上がりが均等に張るコツは。
まず底部を固定。このとき一番重要なのは
網目が水平になること。

あとは下から左右順番に5cmずつ上中央に向けて
締め上げていく。この作業に50分ほど費やす。

20180630_165250.jpg 

24時間置いて、あとは枠にそってカッターナイフを入れるだけ。
こいつは意外と楽だった。



20180630_165111.jpg 

美しい仕上がり!自画自賛。

20180630_170025.jpg 



斜めから見た図
プロ並みに張られているのが分かる。

座り心地も最高だ。
苦労した甲斐があった。

というか、かなり楽しめた。

20180630_165334.jpg 




コメントの投稿

SECRET

家宝が出来ましたね

すごい ますます愛着増えます アンチックチェアー。

2018/07/15 Sun|14:16|URL|EDITtop >>

コタロー  (ボストンテリア)Re: 家宝が出来ましたね

お褒め、ありがとうございます!

2018/07/15 Sun|19:14|URL|EDITtop >>

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR