FC2ブログ

「或る女」 / 有島武郎

 こんにちは!コタローです!

予想はしていたが、異常に忙しい日々の連続。
根性と体力勝負。たまに逃げ出す弱さが心の前を
すっと通るが、そんな邪念はなかったことにして
前進するのみ。

20180128_144627.jpg
移動時間に読んでる本だが、女の執念が酷く、後味も良くない。
男尊女卑のイデオロギーに押しつぶされた葉子の崩壊を描いた
ものだが、単に執念深い女の話であると思う。
なぜならそんなイデオロギーが薄れた現在でも葉子みたいな女
は沢山いるし、現に仕事上でもそんな女に面倒を掛けられている。
「しかしおれは早や世の中の底潮にもぐり込んだ人間だと思うと
度胸がすわってしまいおった。毒も皿も食ってくれよう」

自分にはまだどんな難路でも舞い狂いながら登って行く熱と力とがある。
その熱と力とが続く限り、ぼんやり腰を据えて周囲の平凡な景色などを
ながめて満足してはいられない。自分の目には絶巓のない絶巓ばかりが
見えていたい。(中略)倉地が見せてくれたような、何もかも無視した、
神のように狂暴な熱心――それを繰り返して行きたかった。」

「落ち目になったら最後、人間は浮き上がるがめんどうになる。
船でもが浸水し始めたら埒はあかんからな。
……したが、おれはまだもう一反り反ってみてくれる。
死んだ気になって、やれん事は一つもないからな。」

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR