FC2ブログ

2018 Snow Fes. 新春雪山 山上ヶ岳


こんばんは、コタローです!

相性の良い山上ヶ岳 Snow Fes.
どこまでも青と白の世界に


DSCF5074.jpg



メンバー:山童子さん、マルちゃん、ササイくん、J.アマノ、コタロー
コース:大峰大橋(8:10)~鐘掛岩(11:10)~西ノ覗岩(11:25)~
    山頂(11:50/13:00)~レンゲ辻~大峰大橋の周回(15:10) 10km
コンディション:ガスのち青天。ほぼ無風。パウダー新雪。いうことなし。






DSCF4919.jpg



DSCF4931.jpg

少し空が明るくなってきた
雪の白も明るい白に。

DSCF4933.jpg

2つ目の洞辻茶屋
ガスの向こうに薄っすらと太陽が見える
空が風が流れ出す

予想通り青空が広がるはずだ

DSCF4945.jpg

茶屋の向こう側

青い空が近づいて来た!

虹色を放つ太陽

⑥DSCF4948

晴れた!


⑤DSCF4943

ビューテフォー!

⑦DSCF4961

やはり、雪山は青と白に限る

⑧DSCF4959

美しい風景の連続

㉓20180107山上ヶ岳_180107_0022

紺碧と真っ白
このコントラストも最高だが
大きな木が全身を雪に覆われているその姿が
白化粧を楽しんでる時間にもとれるし、
一時的な冬眠のときにもみえる
自然の素晴らしさにふれる瞬間だ

⑨DSCF4967

霧氷の額縁の向こうに見える山の風景

⑩DSCF4973

目の前に広がる絶景の連続

少し歩を進めるだけでこの風景に出会えてしまう

⑪DSCF4975

心が揺さぶられる瞬間の連続

仕事漬けの毎日から解放される瞬間

⑫DSCF4978

頑なに女性の入山を拒む門

⑬DSCF4984

個人的に好きな風景

現場では青と白と緑(生の息遣い)

⑭DSCF4985

目指す大峰山寺


⑮DSCF4988

どんな花より美しく儚い

雪の華

⑯DSCF4993


西ノ覗岩

すぐ後ろは崖


⑰20180107山上ヶ岳_180107_0015

でも、その向こうには息を呑む景色が!

⑱DSCF5006

今日は結構、雪が思ったより深い

童心に帰り雪を楽しむ


⑲DSCF5016

いよいよ頂上だ!


⑳20180107山上ヶ岳_180107_0013

本日のランチ会場

準備の時間がなくカップラーメンと
行きしなのコンビニ買った御握りとスイーツ

それでも絶景を見ながらのランチは格別だ

㉑DSCF5019

雪の華

美しいの一言

㉒DSCF5031

お花畑からレンゲ辻に向かう一行
解放感のある景色が広がる

㉓-1S0015044

未踏の新雪パウダーが一面に広がる

㉔DSCF5047

お花畑をバックに

㉖-1 20180107山上ヶ岳_180107_0057

名残惜しいがお花畑をあとに・・・。

今日は新しいパウダースノーがいい感じに積り
無風。そして完璧な霧氷たち。
あとは雲一つない青い空で満点であったが、
今日の風景もかなりの高得点

㉕20180107山上ヶ岳_180107_0004

この日も写真撮りまくり
同じような写真ばかりだが、
記憶をいつでも呼び戻せるように
そのとき心に響いたカットを記録しておく

㉖DSCF5049

ここからはノー・トレイス
雪はかなり深い
更にこの急斜面を激下りだ

㉗DSCF5058

トップはJ.アマノ
二番手はマルちゃん。
腰まで埋もれている。
厳しいラッセルが予想される。
時は13時きっかり。
苦戦するだろうが、15:30には下れると判断。

㉘DSCF5060

空を見上げれば、非日常の景色が
飛び込んでくる。

㉙DSCF5062

息を呑む壮大な山々の姿

㉚DSCF5064

皆、雪まみれになりながら
慎重に歩を進める
真冬なのに暑い

㉛DSCF5072

激下りは終了するが、膝まである新雪で
体力は消耗する

しばらくするとソロのトレースがあった。
我々と逆のコースを行く予定だったのだろうが、
激登りを前に断念し引き返した模様。
よくぞここまでソロでラッセルしてきたものだ。

㉝DSCF5083

少し危険なトラバース

㉞DSCF5088

ここからは樹林帯

㉟DSCF5096

尻セードで一気に下る

㊱20180107山上ヶ岳_180107_0001

仲間とともに
素晴らしい1日だった

㊲20180107山上ヶ岳_180107_0040

本日のトレース

キャプチャ 

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR