「漂流」 / 角幡 唯介

こんばんは、コタローです!

やはり自営業は自由であると思う。
全ての責任を負わなければならないが。
でもそのほうが良いと思うし、自分にも合っているのかもしれない。
結果がどうあれ、このことを教えてくれた人たちに感謝したい。

ありがとうございます

C360_2017-10-10-13-02-11-752.jpg 

山やさんが書いた海やさんの本。
400頁もいらないだろうというのが感想の全て。

「現代の都市生活者は死が見えなくなり、死を
経験することができなくなることで、死を想像
することもできなくなった。そしてその結果、
生を喪失している。私が冒険旅行をするのは、
ただたんに死の想像できない都市を離れて、
時々本格的に死と対峙しないと自分の生の輪郭
が失われてしまうような気がしてならないからだ。」




コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR