前鬼ブル~!

 
こんばんは、コタローです!

無垢な心を取り戻す風景がそこにはあった

DSCF0521.jpg





メンバー 山童子さん、NPさん、コテっちゃん、Moriyoさん、ダイバーOさん、コタロー
コース  前鬼下部~箱状廊下
コンディション まさに沢日和の青天 前日の雨の影響か若干、水量が多く水流が強め







C360_2017-07-23-11-04-35-773.jpg

駐車場から20分程戻ったところから入渓。
昨年より少し下部になるが、その区間は
まさに美しい淵が。
そして美しいが故、簡単にはその姿をみせてくれなかった

DSCF0529.jpg

今回は前鬼なので景色の良いところで
ちゃぷちゃぷ気分でやってきたのだが
一転、厳しいワイルド遡行となった

DSCF0533.jpg

両岸は切り立ち、長い淵となっていた。

全日の雨で流れは速い
トップを任され、30mロープを持って
中継地点までロープを張る

DSCF0534.jpg

こんなところも潜りながら遊びたいのだが
いくつも淵を越えなければならないので
そんな悠長なことも言ってられない

DSCF0535.jpg

次の淵(右岸もロープが必要で厳しい)は全員が越えられそうにない。

DSCF0539.jpg


偵察するNPさん

大自然と対峙する姿は、人間の力を感じる

DSCF0543.jpg


右岸を諦め、一旦、全員を左岸に

DSCF0549.jpg

左岸を巻く。

DSCF0550.jpg

まだ前半戦だが、泳ぎ沢、悪路の巻き、渡渉ありの
盛り沢山ですでにお腹は一杯だ

そしてこの渡渉でも最悪の危機が!
一刻を争う事態となり、その記録はヘッドカメラに
収められているかもしれないが、まだその映像の
確認はできていない

DSCF0555.jpg

やっと前回のスタートラインに到着し、
ホッと一息

DSCF0564.jpg

ここから先は快適な遡行となる

DSCF0565.jpg

美しい淵の数々に飛び込む

前鬼ブル~!

DSCF0576.jpg

やはりアウトドアは晴の日に限る

全ての風景がビビッドに目の中に飛び込んで
心を浄化してくれる

DSCF0571.jpg

流れに勢いがある

DSCF0582.jpg

ライトな泳ぎ沢
キラキラ光る水面を眺めながらの泳ぎは
何とも言えない幸せ感に包まれる

DSCF0587.jpg


DSCF0590.jpg

見所満載でシャッターを切りすぎる

DSCF0593.jpg

シャッターを切れば切るほど
翌日の整理作業も膨大となる

DSCF0594.jpg

これなんかも
ビックリするほど印象的な風景
光の差し込み具合がまさにこの時間にしか出会えない風景

DSCF0603.jpg

下界はまとわりつく暑さの1日のようだったが
こちらはギンギンに体の芯まで冷え切る冷たさだ

DSCF0605.jpg

青天の遡行

DSCF0607.jpg

いろんな表情を見せてくれる沢の中の世界

DSCF0612.jpg

宝石を散りばめた川の底

DSCF0611.jpg

絵になる風景

DSCF0622.jpg

DSCF0639.jpg

大釜

DSCF0640.jpg

思わず見とれてしまう

DSCF0641.jpg


DSCF0643.jpg

大釜を後にし、残置ロープで登攀

DSCF0647.jpg

大釜の上の大ナメ

DSCF0648.jpg

いつきても心躍る風景

DSCF0652.jpg

DSCF0656.jpg

毎回、少し手こずるところ
滑りやすく足場もない

DSCF0662.jpg

今日のゴールに近づいてきた

DSCF0667.jpg

箱状廊下に到着



DSCF0675.jpg

四方八方から湧水が流れ込む独特の風景

ここは見に来なければ分からない

DSCF0680.jpg


DSCF0682.jpg

本日の昼食会場

今日も半端なく贅沢な空間だ

DSCF0692.jpg

DSCF0689.jpg

NPさん差し入れの揖保乃糸素麺
キンキンの湧水で締めた腰のある麺がたまらない!

DSCF0690.jpg

折り返し

DSCF0698.jpg


DSCF0704.jpg

心揺さぶる風景とも次回の遡行までお預けだ

DSCF0708.jpg

隊長のザックにくくり付けられた
鹿の頭蓋骨
今日の戦利品とのことだが、個人的には夜みたら怖そうだし
多分、うちの家族の理解は得られないだろう
ただこれが金になるということだ

DSCF0713.jpg

コメントの投稿

SECRET

pakiえーなー前鬼!!

でも土曜早朝行動の山童子隊には参加不可能(ToT)なので、諦めて行けるメンバーを募って日曜に計画しよう。そうしよう。

2017/07/31 Mon|17:36|URL|EDITtop >>

コタロー  (ボストンテリア)Re: えーなー前鬼!!

やはり前鬼ブルーは美しい!下部は
泳ぎ渓なので川屋には絶好の遊び場ですよ🎵
日曜行けたら行きますよ🎵

2017/08/01 Tue|10:05|URL|EDITtop >>

丸yama水の星

イイネー! 目の前のモニターから 冷ややかな風が 流れて来る様だ。

2017/08/04 Fri|16:53|URL|EDITtop >>

コタロー  (ボストンテリア)Re: 水の星

水の星を満喫できる場所です!

2017/08/04 Fri|18:55|URL|EDITtop >>

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR