パワー全開! 白滝谷遡行(明王谷~夫婦滝)

 
こんばんは、コタローです!

やはり自然との対峙ほどワクワクする瞬間なんかほかにない!

DSCF0501.jpg

メンバー:パキさん、totoさん、マー君、コタロー
コース:明王谷(8:45)~夫婦谷(15:00)~明王谷(16:45)の9.9km
コンディション:晴、良好。問題はヒル!

陽光が差し込む、この光景がたまらない












DSCF0378.jpg

1ノ滝
滝ではなく堰堤
これを越えるには左岸。堰堤に沿って攀じ登るのが近道だが
中間地点で足場を探すのが難しい。
ザイルで確保してもらっていたので、安心感があったが
ないと困ったかもしれない

DSCF0380.jpg

堰堤の上は緑のアーチで快適だ

DSCF0385.jpg

2ノ滝

DSCF0389.jpg

流石に中央突破は難しく、左岸を軽く巻く
虎ロープがあるので助かる

DSCF0391.jpg

2ノ滝の上
光が差し込む美しい淵が待っていた!
こういう空間が沢のいいところ

熱をもった筋肉を冷やのも良し
そっと潜って魚を眺めるのも良い

DSCF0399.jpg

明王谷は今回のコースでは下流なので
水量もあり淵も豊富で楽しめる

DSCF0404.jpg

3ノ滝
明王谷はここで終点
この写真もぼやけて映っているが全体像の写真は
とてもじゃないが使えない仕上がりになっており
滝の全貌を伝えることはできない

この滝は、裏側から通り抜けることができる
写真をよく見ればtotoさんがちょうど通り抜ける瞬間だ

DSCF0415.jpg

一応、3の滝を釜からみた全体像

やはり人儲けしたらカメラを替えなければならない

DSCF0418.jpg

3ノ滝で一旦、遡行は終了
釜から少し戻った左岸に登山道にでる巻き道がある。
虎ロープもあるので楽だが、ここには間違いなく
ヒルがいる

登山道にでて20分程歩けば、次の入渓地点である牛コバにでる

少し遡行して光が降り注ぐ気持ちの良い場所があったので
そこを今日の昼食会場にする

いつも思うが何とも心地の良い贅沢な時間だ

DSCF0428.jpg

滝の中に頭突きするパキさん
この後、三半規管が壊れてしまい
意志とは無関係に左に左に倒れてしまい
遡行続行が危ぶまれた

DSCF0445.jpgDSCF0446.jpg


還暦をとうに過ぎてもこの通り!


DSCF0447.jpg

マー君も直登を試みるも水圧には勝てず


DSCF0451.jpg

沢登りはほんとに面白し、美しい風景の連続だ


DSCF0456.jpg

今日のメンバーは、自分以外はボルダリングやってるので
安定感がある


DSCF0461.jpg

パキさん、若すぎる!

DSCF0467.jpg


白滝
ここまで来ると今日の楽しい時間も
後残すところ少しだけ


DSCF0482.jpg


ここは右岸を登攀する

DSCF0490.jpg

最後のホールドは水流の中にある

DSCF0485.jpg

勿論、我々も右岸を登るが
やや離れた傾斜も若干緩く、
ホールドもしっかりとれるところを登攀した


DSCF0488.jpg

白滝の上は美しいナメが!
白い岩肌を水がキラキラと太陽の光に照らされ流れる

DSCF0492.jpg




DSCF0506.jpg


岩にへばり付くパキさん


DSCF0507.jpg

2段2条18mの滝
なかなか登り甲斐があって楽しい
真ん中の岩場を直登

DSCF0513.jpg

そしてゴールの夫婦滝

ここでしばし釜の中で遊泳
体の芯まで凍らせ、100分かけて下山


DSCF0518.jpg



コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR