無氷の三峰山

 こんばんは、コタローです!

間違いなく真っ白な霧氷と青い空のコントラストを
見せて上げれると思った

しかしそこには青い空が広がるだけの未熟とも言えない
無氷の山があるだけだった

DSCF4179.jpg

信頼度の高い天気予報、そして3局の気圧配置図を1週間
睨めっこしながらアタックの日を決める
当然、霧氷が満開であること、青空であること、そして
できれば雪も歩きやすい程度に積り、無風であれば
言うことはない。

まさに今日がそんな日になる予定だった。

DSCF4183.jpg

登り始め、冷たく引き締まった空気に青空が広がる
肌をゆるりとなでる風すらたまにしか吹かない
これは間違いない

きっと高度を上げるにつれて、足元には純白の雪が付き始めるだろう
そして頭上には煌く霧氷が笑みをもたらせてくれるだろう
と期待させる始まりであった

樹林帯を過ぎ、稜線が見える場所まできたとき
その山肌をみた

真っ白の山肌の代わりにあったのは
黒い景色だった

DSCF4185.jpg

霧氷を探しに平倉峰に向かうが
白い樹木は全く期待できそうもなかった

DSCF4180.jpg

ただ八丁平は太陽に照らされ
風もなかったので、氷点下といえども
快適な長閑な、そして落ち着く空間だった

DSCF4188.jpg

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR