前鬼ブルーが・・・(下部~箱状廊下)

こんばんは、コタローです!

今年もやってきました、前鬼ブル~!

①DSCF8904

【メンバー】 山童子さん、pakiさん、マイケル、アグリロボットさん、
     Moriyoさん、ダイバーOさん、Kくん、コタロー、
     そして特別ゲストのモデルAさん、Bさんの10人の大所帯
【コース】 駐車場から林道を20分ほど戻った下流(9:20)~箱状廊下(12:15)~駐車場(15:10)
【コンディション】 晴天。良好。水量が少ない時期が多かったためか滑りがひどくやや滑りやすい。










②DSCF8877

下部はキャニオニング・コースに利用されているためか
歩きやすく開けた空間で気持がよい

③DSCF8881

今日のメンツは新人さんが3名いたので
戯れながらののんびり遡行

④DSCF8882

美しい淵に見惚れてしまう

⑤DSCF8883

この日も35度越えの猛暑だが、
水を浴びながらの遡行は快適だ
やはり真夏は沢登りに限る!

⑥DSCF8898

迫力のある二段滝の大釜
ここは前鬼ブルーを堪能できるスポットだが、
年々、その青さは薄れていっている

石は白く川の青さを惹きたてようとするが
その白い石が上流から流され堆積し
大釜は浅くなっている。

更に今年はお天気続きで水量も例年に比べ少ない

⑦DSCF8909

⑮1471761513033

二段滝は左岸をフリーで登る
新人さんのためにロープを張るが
ここでモデルさん2名はリタイア

そしてマネージャーのマイケルも大釜に残ることに
なぜか初の前鬼のpakiさんも残留組・・・

やむなくパーティは6名だけ崖を攀じ登り大ナメへ

しばしの別れを惜しみ大釜を振り返ると
そこには目を疑う光景が・・・

(その恐るべき光景は映像にて)

⑧DSCF8913


⑨DSCF8920

前鬼のメインディッシュ、箱状廊下

やはりあの青さは薄れている
ただ四方八方から流れ込む湧水の景色は圧巻だ

⑫DSCF8934

ここ箱状廊下の絶景を見ながらのランチ
今日はMoriyoさんが信州そばの差し入れだ!

ピュアな湧水でキリッと冷やしたそばは旨すぎる

⑩DSCF8924


⑪DSCF8933

2時間ほどして大釜に残した4人のもとへ戻る
帰りは練習もかねて懸垂下降で大釜に降り立つ

⑬DSCF8939

沢の季節もあともう少し
また来年だね

⑭DSCF8903

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR