10年後を楽しみに 旭ノ川 今日は沢歩き


こんばんは、コタローです!

旭ノ川の核心部 50mの長淵
トップは、こいつを流れに逆らって一気に泳ぎ切らなければならない
はずだった・・・・・。

「なんなら、オレ、トップやりますよ~!」
水に戯れながら大はしゃぎのJ.アマノ

その向こうには変わり果てた長淵の姿に肩を落とす山童子さん

更にその奥には今日、トップを任されたtotoさんが、うなだれ泣き崩れる・・・


①20160806

一体、何があったのか・・・?!





崩壊したさわの全貌を振り返ってみたい

【メンバー】 山童子さん、totoさん、マイケル、J.アマノ、アグリロボットさん、コタロー
【コース】 入渓地点(7:50) ~ 中ノ川の出合の滝(12:00/昼食1h/13:00)~林道折り返し
【活動距離】 8.4km
【コンディション】 2015年台風で壊滅した宇無ノ川の土砂が二重滝まで流れ込む。3級の沢は1級レベルに

1年ぶりの旭ノ川 遡行
朝霧の中、沢に降り立つメンバー


DSCF8790.jpg

あのときと同じ風景だ

C360_2016-08-07-19-38-56-400.jpg

1年前の記憶が蘇る

DSCF8793.jpg

まだ朝の8時
泳ぎ出す

川の水温は思ったより冷たさを感じない

DSCF8799.jpg

泳ぎ沢の風景

C360_2016-08-07-19-38-18-293.jpg

二重滝
思ったより浅い
このあたりから異変に気付く

DSCF8802.jpg

DSCF8806.jpg


DSCF8812.jpg

呆然と立ちすくすメンバー

C360_2016-08-07-19-36-01-926.jpg

通常水位なら滝の下に潜るなんてできない
時間もあることだし、少し遊ぶ

DSCF8814.jpg


C360_2016-08-07-19-37-30-581.jpg

おにぎり

ここの風景は変わらない

DSCF8817.jpg

DSCF8827.jpg


C360_2016-08-07-19-36-42-877.jpg

おにぎり以降はへつり、泳ぎ、飛び込みの連続のはずだったが
その全てが埋まっているためお手軽沢歩きとなる

DSCF8835.jpg

昨年の台風でこの上流部にあたる宇無ノ川が埋まり
その土砂がこの旭ノ川まで流れ込んできたようだ

DSCF8837.jpg

ここも本来なら足のつかない泳ぎで突破の場所だ

DSCF8846.jpg


DSCF8854.jpg

長淵

C360_2016-08-07-19-35-07-464.jpg

ショックをかくせいないtotoさんは脱○の態勢に?
大丈夫・・?!

C360_2016-08-07-19-34-15-842.jpg

引木滝
ここも例外なく埋まっていた
通常なら右岸の端から取りつき
マイケルのいる場所までトラバースして
そこから直登する

この日は正面のクラックから入り、少しトラバして直登のルートをとる

問題は滝壺が埋まっているため
落ちたら怪我のリスクがある


DSCF8855.jpg

これを越えると洞門だ

DSCF8859.jpg


本日の昼食会場は中ノ川出合

ここで滝を見ながらの山童子さん特性の流し素麺を食す
何とも贅沢なランチタイムとなる

1470531075964.jpg


昼食後は少し早めだが上がることに
中ノ川出合の吊り橋の下からいつもの道なき道を急登

C360_2016-08-07-19-33-03-225.jpg

今回はかなりの傾斜で足場も悪い
更に山ビルの生息地・・・

DSCF8867.jpg

極め付けは中ノ川出合の吊り橋
美しい絵に思えるが、自分にとっては今日一番の核心部

吊り橋の足元の板が老朽化
踏み抜きそうでどうにも心もとない・・・

常にワイヤーに飛びかかることを想定し
一歩一歩進む

DSCF8872.jpg


1470531132663.jpg

帰りは林道
ただこの林道はただの林道ではない
上からはアブの総攻撃を受けながら
足元からは山ビルがよじ登ってくる地獄のロードだ

個人的には幼虫姿の山ビルは有り得ない生き物
触れるのはおろか見るのも嫌だ

その対策はヒルがいなさそうな、なるべく乾いた足場を
トレランで休まずゴールに辿り着くこと

今日は谷が埋まっていたおかげで体力は有り余っている
無事、ヒルに気付かれることなくゴール!

DSCF8874.jpg

【山ヒル情報】
帰りの林道は山ビルの住処は変わらない。晴れの日が続いたお陰で
山道は乾燥し、山ビルの数は少なかった。
しかしジメッタ木の葉の場所では油断をするとすぐ山ビルは這い上がってくる。
6名中2名の靴に侵入。
更に中ノ川の吊り橋に上る途中でリュックと上服に侵入。


お参考までに1年前の遡行記録
http://kotarooooooo.blog.fc2.com/blog-entry-2176.html



コメントの投稿

SECRET

toto

お疲れ様でした。不完全燃焼ですが仕方ないですね。
長淵での一連の不穏な動きは、沢師匠の撮影ですね・・・
沢の季節も終盤戦・・・

2016/08/08 Mon|20:52|URL|EDITtop >>

コタロー  (ボストンテリア)今年、ラス沢か?!

まだまだ夏真っ盛り
でもオレの夏は早くも終わってしまうのかv-12

2016/08/08 Mon|21:05|URL|EDITtop >>

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR