大と中の間の丼ぶり(信楽荒土白+石灰白萩+白化粧)


こんばんは、コタローです!

なかなかちょうど良い大きさの丼ぶりがない。
いいのが見つかっても同じデザインで妻が使う器は
心持ち小さめが欲しかったり、育ち盛りの娘は
ほんの少し大きめが良かったりと、そこまでの
我儘に応えてくれる器は市販で見つけるのは難しい。

ということで作ってみた

C360_2016-03-20-22-14-52-962.jpg

フォルムは口がややすぼまった形状
その分、腹の部分をほんのり膨らませて
フワッと丸い感じに仕上げてみた

風合いをだすためと軽量化を図るため
信楽の荒土を使用

ちょっと工夫したのは
成形時に外側に段差をつけたこと

勿論、デザイン性もあるが、
今回、掛ける釉薬である石灰白萩は
流れやすいため厚過ぎると垂れてしまう
その流れが高台下まで行ってしまうと
失敗作品になる。

大と中の間の丼ぶり(信楽荒土白+石灰白萩+白化粧)

C360_2016-03-20-22-12-12-153.jpg  

反対に薄くつけすぎると石灰白萩の
風合いの良さが全く出ず、薄っぺらな
作品に仕上がってしまう。
そうなると当然、家に持込禁止となる

C360_2016-03-20-22-14-13-245.jpg

よってこの作品の良し悪しは釉薬掛けに掛かっているわけだ。
絶妙な厚さで掛ければ良いのだが、
微妙に厚掛けとなっても垂れないように
この段差を着けたわけだ。
これで失敗する可能性はグンと減ることになった。

3つ作ったがいづれも釉薬は狙い通りの付きとなったが、
一つはフォルムがやや変形して真円ではない。
もう一つは釜入れの時に他の釉薬が移ってしまい
今一つ・・・。

ということで成功したのは写真の1つのみ。

唯一成功した器の使い勝手はvery good!
ということでリベンジ2個を作成中~

下の竜は陶芸仲間のピカイチ器用な人の作品
あまりの精巧さに
毎度、毎度、感心する

C360_2016-03-24-17-30-39-860.jpg 

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR