雪山ラストチャンス、大山!


こんばんは、コタローです!

⑭DSCF3081

2日目は大山~♪
天気が安定する午前中が勝負なので早朝5時に起床。
熟睡できたので、昨日の疲れは残っていない。

バーナーで湯を沸かし、前日に買っておいた
おにぎりを食べ、暖かいコーヒーを流し込み
胃の中から体を温める。

テントを片付け登山口に向かう



大山の山頂コースはただ、ひたすら真っすぐ登るだけの登山道
今日のように無風で天候が落ち着いた日なら
景色をゆっくり楽しみながらの楽チンコースとなる。
(普段は風が強く、独立峰なので天候も変わりやすい)

登り始めの景色
標高850mぐらいだろうか、昨晩は雪が降らなかったので
良く踏み慣れされている。
この時点では霧氷はない。

①DSCF3041

1200mぐらいから霧氷が出始める。
昨晩は降っていないし、風も無かったので
金曜の霧氷が融けずに残っていたのだろう。

②DSCF3043

日本海方面の景色
青い空をバックにはできなかったが、空気がキレイで視界は良好

③DSCF3050

少し青空もでてきたので、霧氷とのコントラストを楽しむ

④DSCF3052 

⑤DSCF3055 

⑥DSCF3057 

⑦DSCF3061 

⑧DSCF3062 

昨晩は熟睡できたので、非常に快調だ!
山でも川でもアウトドアで常に気を付けている事が十分な睡眠だ。
これがないと適切な判断、スタートからゴールまでの体力、
そしてアクティビティが終了してから自宅に帰るまでの
安全運転が担保できない。
これができて次に繋がるのである。

⑨樹林帯抜け

美しい稜線を眺める
1729mと低い山にも拘わらず、プチ・アルプス的な
壮大な風景を拝めることができる

⑩DSCF3065

6合目の避難小屋からの景色

⑪DSCF3073

頂上を目指す
風もなく穏やかな登りだ

⑫DSCF3075

いや~、美しい景色だ!
今回の山行では、仲間内でとる写真は、やや斜め後姿からの
撮影カットがちょっとしたブームになっていた。
それはカッコ良く見えるからだ、そうだ。

⑮DSCF3083

⑯DSCF3089

頂上からの縦走路
流石に今の経験と技術では全く歯が立たないだろう。

⑰DSCF3091


⑲頂上からの眺め① 

その縦走路を小ピークまで少し進み引き返してくる

⑱頂上後20160313

頂上は風がややきつく、体感温度は急激に下がる。
一通り景色を楽しみ頂上避難小屋にて行動食を食べる

⑳頂上からの眺め20160313②

9:50 下山開始
たくさんの登山者が登ってくる

21 DSCF3102

同じ道を降りるのも芸がないので途中から
川筋に通じる登山道に折れる
2人ほどのトレースを追うが、大山が綺麗に見える
スポットに辿り着けない。
焦りのためか穴にはまって大転倒する山童子さん

22 DSCF3103

やっと渡渉ポイントがあり、正規のルートに復帰

23 DSCF3107

表紙 頂上20160313


【活動記録】
①メンバー:山童子さん、マルちゃん、カッパちゃん、コタロー
       コテッちゃんは昨日やられた膝痛で6合目で別コース
②コース:南光河原駐車場(6:50発)~山頂(9:20着/9:50発)
     ~南光河原駐車場(11:35着)
③活動距離:7.33km
④コンディション:曇り時々晴れ。山頂以外は無風。
       1400m付近の霧氷は午前10時過ぎから落ち始める。

コメントの投稿

SECRET

totoNo title

無事にご帰還何よりです・・・
映像の青空は魅力的ですが、
壁とナイフはやばすぎです・・・
安全に楽しんでくださいネ・・・

2016/03/20 Sun|11:20|URL|EDITtop >>

コタロー  (ボストンテリア)DRと沢の季節

totoさん、御無沙汰~
気が付いたら雪壁をよじ登り
ナイフの上を歩いてました
もうすぐDRと沢の季節になりますね~

2016/03/20 Sun|18:25|URL|EDITtop >>

丸△楽しい冬山シーズンでしたね

結婚する前、丁度30年の昔の事でした 雪の大山つれててもらったわけですが 天候が悪くて山の下の避難小屋雪掘り返して一泊次の日も峰まで行くと雪と風が強く視界も悪くなり7~8合目で引きかえったことを思い出しました。 天候も良くて楽しい冬山でよかったですね。

2016/03/24 Thu|15:37|URL|EDITtop >>

コタロー  (ボストンテリア)Re: 楽しい冬山シーズンでしたね

ということは、30年前の丸△さんの登った道をなぞってきたわけですね~。本格雪山デビュー初年度としては大満足の山行でした。これからは川の季節ですね!

2016/03/25 Fri|21:38|URL|EDITtop >>

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR