梅干し入れの器(鉄分多い荒赤土+金彩釉)


こんばんは、コタローです!

滅多に書かない作陶ネタ

1454672778323.jpg

最近、平日も含めチョコチョコと作陶している。
気分がやや乗っているからだろう。
この週末も丼ぶりを成形したが、ポイントはその大きさ。

大き過ぎず中過ぎずの微妙な大きさを狙って
量産している。
フォルムは口がやや狭まっていて
腹の部分がほんのりふくらみがあるものだ

C360_2016-02-22-18-38-08-157.jpg

和洋使い勝手の良い白い器をイメージしている。
風合いを出すため信楽の荒土を使って成形。
それに白化粧を施し、石灰白萩を掛ける予定だ

C360_2016-02-22-18-38-30-837.jpg 

裏面の段差には理由が
デザインもあるが

C360_2016-02-22-18-38-56-833.jpg

と全く、梅干し入れと違った内容を書いてしまったが
本論に。

山、川に遊びに行った折に
道の駅に寄って12粒ほどの
小分けになった梅干しをよく買って帰る

売られたままのプラスチック容器に
入ったままで食卓にのぼるのも
少々味気ないので、ちょうど良い器を
作ってみることにした

C360_2016-02-22-21-05-09-724.jpg

化学調味料なしの梅干しなら
常温保存が可能なので食卓に常時置いていても
邪魔にならず置いてあるのが自然で見栄えの良い
フォルムをイメージした

色は梅干しの赤が映えるよう
金彩釉とした

C360_2016-02-22-21-06-50-558.jpg

12,13粒程度のなので平日の朝に2日に1度
食べると1月程度で空になる。
家族のウケが良ければ半月で無くなってしまう

コメントの投稿

SECRET

水先案内犬保護者ますますやる気が湧いてきた!

負けずにな梅干し入れ作りますヨ~!
フォルムのイメージは出来上がってます。
山ばかり行っていないで作陶要領だけ
早く伝授願います。

2016/02/29 Mon|18:37|URL|EDITtop >>

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR