「ハーモニー」 / 伊藤計劃


こんばんは、コタローです!

最近、雪山計画&実践ばかりで
読書時間が犠牲になっている。
本も探しに行く時間も削っているので、手軽に
伊藤計劃さんの本をポチル。
著者は若くして亡くなったので著書は2冊しかない。
よって今回で伊藤計劃さんの本は終了。

DSCF2425 20160117 1

早逝のため、2冊+αの内容は
全部、生死をテーマにしたもの。

「ハーモニー」はディストピア系になるんだろうね。

人間の多種多様な「意識」を切り口に
人間の一生の理想像、社会(人間関係)の究極の形
について、現在の先端技術から派生した世界を
描きながら話は展開される。

相変わらず、SFチックで湿っぽく独特の雰囲気を
醸し出した内容だが、もう少し伊藤計劃さんが歳を
重ねてからの作品を読んでみたいものだと思った。

「調和を描く脳は、一切の迷いを排した、いや、廃した人間だ。」

「天使の羽が人々の脳をひと触れすると、
もうそこに意識や意志はなかった。
新しい世界では、すべてが自明であり、
選択することなど何一つ無かった。
いま、わたしたちは生きている。
すべてのものが、そう在るべき世界に。
迷いも、選択も、決断もしない、
限りなく天国にちかいものに。」

「完璧な人間には、魂そのものが不要なのだ。」

「天国なるものがこの世のどこかにあるとしたら。
完全な何かに人類が触れることができるとしたら。
おそらく、「進化」というその場しのぎの集積から
出発した継ぎ接ぎの脊椎動物としては、
これこそが望みうる最高に天国に近い状態なのだろう。
社会と自己が完全に一致した存在への階段を昇ることが。」

「正しいことっていうのはいつだって凡庸で、
曖昧で、繰り返し検証に耐えうる、
つまらないことなんだから。」

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR