疾走、バンコク田園風景

 こんばんは、コタローです!

タイの田舎町まで長距離移動。
同じ国とは思えないギャップ
いろんな生活と人生がある

20151029000441236.jpg

宿はバンコクの中心街の1つトンロー駅の近く
ホテルの目の前の路上では朝6時前から屋台がはじまる

カラフルな野菜と果実
新鮮そうに見える肉
ただ日本の感覚で衛生面で?と思える光景だが
なかなかプリミティブで新鮮だ。

IMG_1291 20151028IMG_1292 20151028IMG_1290 20151028
IMG_1297 20151028IMG_1300 20151028


街自体は安普請で造られているため劣化が激しい
ただ色合いはビビッドでアジアの雰囲気が充満している


C360_2015-10-29-08-49-07-114.jpgIMG_1298 20151028


バンコクと言えば僧侶さん
みんな自分のためにお祈りする
お祈りすれば、救われると強く信じているらしい。
多少、他力本願な感じがするが、みな拠り所としている。

中には余りに神様に頼り過ぎ、ノーヘルで深夜の悪路を
バイクで疾走し、やや大きめの道路の裂け目で前輪を
取られ無軌道に空中に放り投げられる。
次の瞬間、後続のダンプカーが体の上を通過し
意識は神の世界に飛んでいくと言うことだ。


IMG_1294 20151028IMG_1296 20151028 

何の特徴もない画像だが、
車がビュンビュン通る横断歩道のない道路を
一人の女性がごく普通に横切っている

これがなかなかマネできない
日本のように信号が発達していない国では
こうやって渡る以外に方法はない。
勿論、轢かれる可能性は高いが、ドライバーと
歩行者の信頼関係で危うい安全が成り立っている

歩行者は歩く速度を変えたり、急に走ったりしてはいけない
それはドライバーにとって予測不可能な動きで
次の瞬間には歩行者を跳ね飛ばしているかもしれない

歩行者は当然に悠然と臆することなく
向こう岸まで歩かなければならない

IMG_1351 20151028


4年前と比べ随分と少なくなった乗り合い難民バス
さて、次に訪れるときはどう変化しているだろう

 
   
C360_2015-10-30-13-47-29-887.jpg



 

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR