神童子谷 沢登り&ロープワーク






こんばんは、コタローです!

泳ぐ、泳ぐ、泳ぐ!

DSCF1491 20150802 

すいこまれそうな美しい風景の中で

ただ、ただ、泳ぐ、泳ぐ、泳ぐ!

DSCF1498 20150802 

淵の底の1/4ほどがフラットな白い岩となっており
大峰山系の碧いブルーがキレイに映る
まさに絶景極上空間!
ウェットならではで泳ぎまくり、潜りまくる!
水中から見る景色は神秘、神秘、神秘!



メンバー:ここ一月半、毎週行動を共にするpakiさん、自分の二人
コンディション:晴、遡行終了の15時頃現地のみスコール15分ほど。
         下界はずっと晴。
         水量はここ数日、晴れのためやや少なめ。
コース:トガ淵から2.5kmほど下流からスタート。
    赤鍋ノ滝から折り返しトガ淵まで沢下り。
    天候が怪しくなり、そこから舗装道でスタート地点に戻る。
    遡行距離:5.5km
コースタイム:スタート(9:40)~トガ淵(11:15)~赤鍋ノ滝(12:10着/14:00出発)
        ~トガ淵(14:30着)~ゴール(15:15)


①IMGP1182 20150802 

当初は、通常ルートのトガ淵から釜滝に行く予定だったが、
集合時間(道の駅 黒滝8:30)もやや遅めに設定したので
トガ淵付近で駐車できなかった場合、面倒なので
手前の大きなスペースに駐車する。


pakiさんがフルスーツ(ウェット)だったので、
駐車スペースから即、入渓することに。
開けた沢の遡上。
晴れた日なのでかなり気持ちが良い。


本日の風景、まだ「沢登り」という用語をしか知らなかった時の
まさに沢登りのイメージ。


瀞場をゆっくり進んでいく感じがいいよね~


③IMGP1185 20150802 

4mの斜瀑は右岸から

④IMGP1189 20150802 

光が差し込んで気持ちの良い空間
何より水面のキラキラが心地良い


⑤IMGP1192 20150802


浅目の淵の向こうの滝は右岸から


⑥IMGP1196 20150802 


壁に同化したカエルと笑顔のpakiさん


⑦IMGP1197 20150802 

pakiさんから写真に収めるよう希望があったので
5カットほど撮るがあまりデキのよいカットは撮れなかった。

⑧IMGP1198 20150802 

今日も天気が良いのでどの風景も感動的だ!

気持ちのいい場所にくると、都度、水遊びと休憩を
繰り返す、ゆったりとした遡行♪


⑨IMGP1203 20150802 

最近、沢ばっか遡ってて、随分と太腿がぶっとくなった感じが。
スーツのパンツもパツパツになりつつある。

⑩IMGP1204 20150802 

美しい景色の連続!
下界の阿保みたいな暑さとは全く無縁の空間

⑪IMGP1208 20150802 


ん~、極楽ぅ~!


⑫IMGP1210 20150802 

赤鍋の滝にやっとこさ到着

ちょうどお昼時だったので
滝を見ながら昼食♪

⑬IMGP1214 20150802
 


食後は新規に購入したザイルワークの練習
まずは3か所ある残置ハーケンにザイルを固定。


ルートは前回、山童子さんに教えて頂いたルートを
忠実に足を置く。
初のザイルの固定だが、
短いスリングとカラビナを準備して
順に設置するんだけど、自分の歩んできたルートに黄色の
ザイル・ルートが出来上がる。
これがまた楽しい!


滝の上に上り詰め、ザイルを固定するためpakiさんに
持ってきてもらったナッツを岩の隙間に挟み込み支点をとる。

おお、前回、山童子さんがやってくれた事が全部できたよ!

壁にナッツを咬ませ支点を確保。
これにスリングでハーネスに連結し、ザイルを繋ぐ。
ATCで順にザイルを引き込み回収する練習をする。


⑭IMGP1215 20150802 


途中の支点を外し、スライダー遊び用の登攀ロープにする。

準備していると上流からノーヘル男女が下りてくる。
沢靴以外は通常の登山服でびしょ濡れ状態で
かなり寒がっていた。真夏なのにね~
で、この滝をどうするか、考え中だった。
どうもスライダーしたそうであったが躊躇しているようだ。

ということで、一番、安全なコースを滑る見本を見せてあげることに。
要領が呑み込めた二人は勢いよく無事に滑り降りることができた。



⑮IMGP1217 20150802 



⑯IMGP1220 20150802 




本来のスタート地点の遊歩道で沢に降り立つための
アルミの梯子があったが、どうやら直近の2度の台風の
影響で大破したようだ。

⑰IMGP1225 20150802 

締めは天の川温泉
ここの泉質はトロリとしている。
露天風呂からの景色もよく、
こじんまりとして落ち着いて入れる良い温泉だ。
ただ問題は洗い場は6人分。
それに見合った風呂の規模。
泉質も良いため土日は20分待ちとなる。
ただ人数調整してくれるのでゆっくり温泉は堪能できる。

⑱IMGP1226 20150802 

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

paki寒かったよねー

真夏のクッソ暑い日だというのに本当に震えたもんなー。
いい谷を教えてもらえて幸せな一日でした。

2015/08/08 Sat|17:56|URL|EDITtop >>

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR