遭難未遂・・・in 六甲(荒地山)

こんばんは、コタローです!part.2
記録の傍から大雨が降る
やっぱり梅雨の季節は天候が読みにくい

 C360_2015-06-21-11-20-07-084.jpg

予感は的中し、朝から青空が覗かせる。
晴れれば初のナラヨシDRの予定もどうやら早朝の時点では
現地は曇・・・。
しょうがないので作陶しようと思ったが、
やはり家の真上の空は青空が広がっている
そんな日にインドアはありえない

ということで最近鈍っている体に活を入れるためにも
六甲山登りをチョイス

C360_2015-06-21-10-48-45-570.jpg 

コースは芦屋川から荒地山~お多福~岡本を軽くジョグする予定だったが、
最初の分岐で真上の青空を眺め、地獄谷コースを選択。
今日は沢シューズなしなので、沢登りは×。
昨日の雨の影響で巻きながらの登行となる。

滑りまくる地獄谷をクリアし、A懸でおじさん二人がザイルを使用し
登攀&懸垂の練習をしている。
二人とも60代をゆうに超しているが、非常に元気だ。

ピラーロックで軽めの第1回目のランチをとる。
食後はキャッスルウォールを目指す。
そこで美しい猫に出会う

山猫なのに美しい毛並みだ
なぜかまとわり着いてくる
猫が食べそうな食べ物を持ち合わせていないので
目の前にいる猫とは別のルートを行く

C360_2015-06-21-12-16-08-333.jpg 

でもその先には先回りしてなぜか目の前に現れる
一瞬、取り留めの無い不安を感じるも先を進む。

これまで通過した岩梯子、岩潜り、プロペラとこなす。
その後、お多福山を目指すが、どうもルートを間違える。
ルート修正すればいいものを面倒なので、三叉路にて
「進入禁止」のコースを選択してGPS頼りのショートカットコースを行く。

これが全ての過ち。

yamapを起動させ、目的のショートカットコースを目指すも
いつの間にか踏み後はなくなり道なき道でなかなか辿り着けない・・・。
不安になるも不安に飲み込まれたら
冷静な判断はできないので、その先を想定しながら進む。

段々とルート回復方向に向かうが、復帰はできない。
やばい・・・・・。
目の前は大きな岩、周りは藪。
八方塞・・・・・。
ホントにこの先にルートはあるのか?

そのとき人の声がかすかに聞こえる
そして大声で(情けないが)助けを求め
声を頼りにルート修正をする。

もう少しのところで長い藪。
どうもその藪の中は岩道だ。
足をとられれば怪我をしてしまうが、声の主にその状況を伝えると
その状況をすでに知っていて、注意して前に進めと言う。

初の藪漕ぎ。

藪の中に顔を入れ、足場を確認しながら声の方向へ進む。

ルート復帰!

C360_2015-06-21-13-48-52-105.jpg 

無事生還!

声の主はちょうど遅めの昼食の料理をしているところだった。
声の主はなんとA懸で横目でみたおじさん達だった!

C360_2015-06-21-13-48-58-086.jpg 

お話しを聞くと毎日山に入る人たちで
壁も沢もやる人たちだった。
しばし山登りのアドバイス(六甲はルートを外れたら下に進め)を受け
予定通り岡本駅を目指す

C360_2015-06-21-14-26-33-356.jpg 

岡本までの道のりはトレラン向き。
気分を入れ替え、軽いjogで岡本駅に。

お目当てのパン屋は休店。

家に向かい、ギアを洗い
アルコールにまどろむ。

美しい毛並みの猫
遭難未遂
A懸の2人のおじさんたちとの再会

それにしても刺激的な1日だった。
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

totoNo title

今日は本当に変な天気でした。ご無事で何より・・・
夕方も一時的にこちらも大雨でした。

2015/06/21 Sun|22:02|URL|EDITtop >>

コタローやはり

やはり山はなめてはいけませんでした。
山に限らず川も沢も慣れてきたときが危険ですね。

2015/06/22 Mon|00:02|URL|EDITtop >>

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR