ウェーバー クラリネット協奏曲第1番


こんばんは、コタローです!

C360_2015-06-20-18-12-39-174.jpg

今年3回目のクラシックコンサート
急ピッチのため予習が疎かに。

指揮者:ユベール・スターン

C360_2015-06-20-15-49-37-813.jpg 

1曲目:ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲

指揮者の性格だろうか、優等生っぽい、きちっとした仕上がり。
指揮も独特。
序盤はハンドパワーみたいな手つきでこじんまりとした動き。
中盤から徐々に盛り上がる部分では、操り人形士?の動きで
奏者を自在に操る。
奏者の動きも自立的な動きでないようにも見える。

ただ練習しまくりだったのだろうか?統制が取れ
スムーズに耳に入ってくる


2曲目:ウェーバー:クラリネット協奏曲第1番

この曲のみクラリネット奏者のマイケル・コリンズが参加。
ちょっと早弾きな曲なので温まるのに時間を要したのだろう、
バックとのマリアージュに違和感があった。

ただ1楽章の後半から徐々に溶け込んでいった。
2楽章はスローなテンポから入り、どうやらそちらのほうが
お得意のようで一体感がでてくる。
3楽章はまた早弾きとなるが、すでに回転数は上がって
一体感は保たれたままだ。

アンコール曲もあり満足。

3曲目:シューマン:交響曲第2番(マーラー番)

ドイツっぽい交響曲だが、コンサバでないので
どうも趣味からは外れる。
予習不足もあり・・・・・だ。


《余談》
今回も前数列目のど真ん中と良い席をゲットできた。
すぐ前の席には見慣れた人が。
そう、前回2つ横にいた汗まみれのおにーさん。
今日も例外なく汗まみれであった。


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR