八池谷(鴨川水系)遡行、そこには神秘的な世界が広がっていた!!


こんばんは、コタローです!


この沢登りで新たに新カテゴリ
「沢登り」が追加となる。
追加するには当然、次もなければならない。
これから沢登りシーズン!
更なる素晴らしい空間に足を踏み入れたい!


まだ一般的には沢登りのシーズンではないが
天気予報だと9ー15時で20-24℃の予報
ウェット着用で対処可能との判断で現地入りする

DSCF1069 20150426②


ガリバー旅行村到着 9:00
駐車場受付のおじさんに遡行する旨を伝えると
「まだ水が冷たいの大丈夫か?
先週までは雪も残っていたよ。」
「・・・・・。」マジか・・・、一瞬ひるむが
まずは実際に川に入って確かめることにした。

そこからウェット2mmに着替え、
準備をして20分山道を歩く
4月末の朝9:30前後で気温は20℃
すがすがしい林道だがウェット着用のため、
汗が噴き出るほどではないがやはり暑い

沢シーズンは7~9月といわれるが、そんな時期で
ウェットは山道を歩けない。
ただ水は冷たいので、いろいろなブログを参考にすると
やはりウェットが良いとのこと。

DSCF1030 20150426

10:00 入渓
カヤックでの川下りで慣れているので、ウェットだと
水の冷たさは問題ない。
やはりイメージ通り、装備は完璧だ

DSCF1034 20150426

初めて本格的な沢ということでテンションアップ!
入渓地点で15分ほど写真撮影やらウロウロして
時間が過ぎる

C360_2015-04-27-21-37-11-361.jpg

沢登りなので巻かずに遡行する。
遡行図といろんな方のブログを参考に
滝の左右でルート取りをする。

DSCF1062 20150426
DSCF1064 20150426DSCF1061 20150426

写真は入渓部分と感動の絶景2か所のみ
あとは映像で今回の遡行を振り返りたい

多分今回のオオトリ映像
順不同だが第2弾は
大摺鉢のプール映像が余すことなく
その透き通った空間を再現?している
といっても是非、自分の身でそのプールに潜ってみてもらいたい



順不同で第3弾
沢登りにも慣れてきて後半は、巻かずに沢筋を遡行する
それにしても水が透き通っていた



第1弾は入渓から障子ノ滝まで
慣れない遡行で動きはギコチナイ
撮影もギコチナイ




まず一つ目の感動的な絶景
大摺鉢 11:00着
頭上からの太陽光で大摺鉢のプールはまさにオアシスだ!
朝も早かったのでここを今日の昼食会場とした
35分ほど、ここでゆっくりする

C360_2015-04-27-20-24-09-270.jpg 

C360_2015-04-27-20-22-45-592.jpg

ちょうど滝の上から滑床で歩いていて気持ちが良い
こちらは映像で確認できる

そして20分ほどいくと第2の感動的な絶景に出会う
視界にエメラルドの淵が見える
両サイドは高く絶壁がそびえる
ゴルジュ!
この奥に屏風滝がある 11:55着
それが表紙の写真だ
ツッチーがそのゴルジュに何かに導かれながら
吸い込まれていく経過が下の写真だ

C360_2015-04-27-20-24-52-022.jpg

なんて神秘的な風景だろう!
ツッチーの「わぉっ!」という声が聞こえてきそうだ
そしてまた一歩、また一歩と進んでいく

C360_2015-04-27-20-25-54-426.jpg

こんな風景が日本にあるなんて!って感じだ

C360_2015-04-27-20-25-22-885.jpg

まさに想像を絶する神秘な空間

最後は頭一つ分を残してゴルジュの奥に消えて行ってしまった・・・

C360_2015-04-27-20-23-21-316.jpg

貴船ノ滝 12:15着
30mの大迫力
勿論、直登すると死んでしまうので
右手の崖を巻く

C360_2015-04-27-21-33-27-696.jpg 

【備忘録】
ヤマヒルがでる!というウワサを聞いたので
対策をとったが、結果、ヤマヒルはいなかった。

その対策は
①塩水(濃度20%)をスプレー容器にセット
②全身ウェット+園芸用防虫ネットを被る(この日はネット不使用)

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

水先案内犬保護者何をしてるんですか~!

いきなりスゴイ写真、新しいカメラで撮ったんですか!?
沢登りに行ってたのか、カヌーを浮かべても良いような
ところもあるんですね続きが楽しみです。
こちらは一人寂しくと言いたいところですが、珍しく
新人女性二人を含む総勢7人でにぎやかに
作陶してきましたよ。

2015/04/27 Mon|15:38|URL|EDITtop >>

m.yamaきれいな水やなァ

ほんまに吸い込まれそうな綺麗な淵やけど 沈ならばやむえんが 入水していくのは冷たそう

2015/04/28 Tue|05:53|URL|EDITtop >>

pakiNo title

ええとこ行ってきたんやなー。馬やらしー。

2015/04/29 Wed|00:38|URL|EDITtop >>

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR