「還るべき場所」 / 笹本稜平

こんばんは、コタローです!
久しぶりに頁を早捲りしたくなる本を読んだ
季節的にもドンピシャの内容
最近、やっと冬山?登山にデビューをしたわけだが
その山とは較べものにはならない
命を懸けた本格的な冬山登山のお話し

IMG_20150111_233210~2

本書を知るキッカケとなったのは、定期的に読みに行ってる
とある方のアウトドア系のブログで紹介されていたお勧め本

古典好きの自分としては少々、文章は軽めだが、
涙腺を緩ませる内容と構成はなかなかのもので
臨場感のある書き口は、没頭し過ぎで駅を乗り過ごしそう
になるほど。
こういう本に巡り合うと最後の1頁を読み終えるのが
非常に寂しく、勿体なく、残念に思ってしまう。
まあ、笹本さんの場合、この書よりも更に評判が良いものも
あるみたいだから、次は笹本さんの山系の一番の書を
読んでみたい

「夢を見る力を失った人生は地獄だ。
夢はこの世界の不条理を忘れさせてくれる。
夢はこの世界が生きるに値するものだと信じさせてくれる。
そうやって自分を騙しおおせて死んでいけたら、
それが本望だとわたしは思っている。」

「わたしが求めている魂の糧とは、きみがいう
『生きることによってしか表現できないなにか』そのものだ。
それは無償の生という土壌からしか生まれない、
この世でもっとも美しい花かもしれない」

「どんな目標への挑戦でも、
いや人生そのものに対しても、
絶望というピリオドを打つのは簡単なことだ。
しかしそれは闘い抜いての敗北とは意味が違う。
絶望は闘いからの逃避だよ。
あるいは魂の自殺行為だ」

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR