「夢の逃亡」 / 安部公房


こんばんは、コタローです!
読書には波があって、やはり良書に出会うと
毎日の通勤が楽しくなる(仕事は好きではないが)。
基本、片道30分の通勤電車は読書空間にしているが
やはり引き込まれる内容だと1日の始まりとしては
乗ってくる

IMG_20141206_121350~2

まあ、今回も好きな作家さんだからハズレは無いだろうが
初期の作品ということでどんな感じだろう?と思っていた。
やはり頭の良い人はちがう

「夜が明けて、夢は目的をはたさずに覚めてしまったのだ。
夢はいつまでたっても、完全になじみきれない。」
(「夢の逃亡」より)

「現代の都市は、(中略)ヒューマニズムの上に、
完全な個人の理論で設計され、金塊の代りに紙幣が
通用しうる町・・・
必然性と可能性を信用貸で両替えできる町・・・
湧いてくる矛盾を公理主義的な循環論法によって
生理学的に排泄する下水装置・・・
観念と行動の分裂を非難しながら
その合致を嘲笑する選良達・・・
僕だって背中が物を担うために在ることを否定しない。」
(「異端者の告発」より)

「空腹の中でパンを求めることも、
暗がりの中で手を差し伸べることも、
苦しみの中で光を選ぶことも、
死に対して腕を上げることも、
愛の中で歌と言葉を作ることも、
そうしたあらゆる身振りが、
すべて未だ現れない想い出になる。
胸に日時計を抱いている者には、
未来さえも想い出になるだろう。」

(「名もなき夜のために」より)


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR