白髪岳・松尾山の縦走

こんばんは、コタローです!

先週に引き続き、丹波篠山の山を登る。

本日のお山は白髪岳&松尾山の縦走!

晴天なり!

スタート地点からしばらく進むと、

あのマッカンドレスが荒野の拠点にしたボックスカーの廃墟が!

荒野と思っていた場所も実は人が生活する場所からほど近いところに

こんな風にあったのだろう。

今回のコースは白髪岳(721.8m)~松尾山(687m)~卵塔群~三墓の石仏

の周回コース(6km)。

ランチも入れても通常3時間もあれば歩けるコースだ。

今回は10:35発13:05着で2.5h

急登は最初と白髪岳の頂上前後。

上の写真が前半部分の最後。

下の写真は頂上直前の岩登り。

頂上前はコタローを片手に登らなければならない。

下手をすると滑落するので、慎重に足場を確認しながら進む。

この崖の側面をコタローを抱えながら綱を片手に行くのが

一番、リスキーだった。

ただこれは先週の多紀連山に比べればまだ少しましだった。

コタローは山が大好きのようだが、高所は大嫌いなようだ。

この崖越えは2往復した。

1回目はコース確認。無理なら引き返す予定だったが、まあ行けると判断。

リュックを頂上で下ろし、リスクを軽減する。

で2回目はコタローを抱えて、無事付いて頂上で下ろすと

すると何を考えたか、コタローがせっかく辿りついた崖を半分降りて固まる。

そいつをレスキューし、余分な体力を使ってしまう。

途中まで引き換えしたのが上の鎖場だ。

コタローは下るのは得意なようだ。

頂上は360度パノラマの眺めだ。

松尾山は眺望が良くないということだし、時間もちょうどお昼時ということで

景色を眺めながらのランチだ。

コタローは食事時は高所を忘れ、

すぐ隣が崖になっているが食事に夢中だ。

白髪岳の頂上からの下りはかなり急だ。

ロープを頼りに下る。

コタローは四駆なので下りも安定感があり、スルスル下る。

急な坂を過ぎれば、あとは緩やかなあぜ道をいくだけ。

程なく松尾山の頂上に。

確かに何も無い。

この先は2箇所ほど二股に道がわかれ、道しるべがないということだ。

卵塔群に着いたら左の道へ。

石仏に着いたら右の道へ。すると橋があるという。

残念ながら石仏を見過ごし、道をロストしたようだ。

途中の千年杉(下左)と仙の岩(下右)は問題なく通過。

ただ赤テープがあったので地上には辿り着けそうだ。

ただこの道は落ち葉だらけで、かつ傾斜もまあまああるため、滑る滑る。

一度大きな尻餅をつく。

やはり写真でみても最近、人が歩いた形跡はあまりないな。

この斜面は体を横にして木の根に注意しながら

サーフィンみたいに横滑りで降りていく。

程なくするとスタート地点近くの藪の中から地上へ。

少し物足りなかったので近くの山を小一時間ほど探索する。

コタローの後姿も筋肉マンになってきた!

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR