生駒縦走チャレンジ練習会?

こんばんは、コタローです!


山の季節がやってきました!

ひんやりした山の空気の中で壮快に走るはずだったが

地上の気温は32度以上!

山はそれでもやっと30度を切る程度で日差し直撃区間は

相当に体力と水分を奪われた。

最近、季節がズレて行っているのだろうか?

さて順に振り返っていきたい。

9時に私市駅に集合。

メンバー4人集まる。

年齢構成は70、60、50と40代(私)と良い年齢差に揃う。

駅前でドリンクを買って出発だ。

スタートは川に沿って走る。

うん、なかなか綺麗な川だ。水量があれば下れる?と横見を

しながら走る。リーダーは前回、青シャツの青鬼だ。

今回は黄色だから黄鬼だ。


黄鬼を先頭に続く。黄鬼は今大会のコース32km+αを3時間切るタイムで

走る実力者だ。黄鬼は「では、軽くウォーミングアップしましょ!」

と走り出すが、当然ながらいつもの自分のペースより早い。

1kmあたりから60が脱落。いつのまにか見えなくなる。



2km地点で65歳のおじさんがコースが分からないのでご一緒したいというので

5人のパーティとなる。この時点で60が追いつく。

ただここからの登りが一番きつい。

徐々にペースが落ちるが、黄鬼が要所要所で待っていてくれる。

65も何気にペースは一緒だ。

聞くと60まではマラソン専門で60から山に切り替えたツワモノだ。

全く齢を感じさせない足取りだ。確かに脹脛も太く力強そうだ。

しばらく綺麗な湖の景色が続く



急登後、やはり60が見えなくなる。

結局60は2次会のお風呂で合流することになる。

10km過ぎたあたりから65と40代がついていけなくなる。

黄鬼と70には先にいってもらうことになる。

その後は、2人で山話をしながら先を目指す。

山に来たら山男に出会い、川を下れば川男に会う。

自然と戯れたい人間たちとの出会いはやはり気持ちが良いものだ。

やはり最初のペースが速すぎた。甲山で10kmをコンスタントに練習しているが

今日のほうがコース的には楽なのにも関わらず体力消耗は激しい。

やはり自分の力量にあったペースでなければダメだ。

下は生駒山の入り口


スタートから約20km地点の生駒山山頂で70に追いつく。

「最近、疲れを知るようになった。」ということだ。

知るの遅すぎないか?それにしても素晴らしい体力だ。



生駒山に入ると舗装された道で

トレラン人口密度は高い。

みんなかなり良いペースで走っている。

今回は大会ゴールの高安まではいかず、石切駅で終了。

あとは下るだけなのでゆっくりとしたペースで2次会場である

鶴橋の「延羽の湯」に向かう。

黄鬼は速度を上げて大会ゴール経由で落ち合うことになっている。



「延羽の湯」はなかなか広くて清掃がこまめに行き届いている。

また源泉かけ流しの湯もあり、ゆっくりできる。

鶴橋にこんなところがあるなんて驚きだ。

ここで60、黄鬼とそれぞれ15分遅れで合流する。



3次会会場は鶴橋の餃子の王将で


キンキンに冷えたビールで乾ききった喉を潤す。


最高の一杯だ!


疲労の溜まった足の筋肉の筋1本1本にアルコールが

染み渡っていくのがこの上なく心地よい。

さて2週間後には本番だ。


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

AUTHOR: あさこ EMAIL: URL: IP: 106.175.207.117 DATE: 10/18/2013 22:20:35 自然は綺麗ですね。 温泉も王将も羨ましい限りです!

コメントの投稿

SECRET

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR