「カヌー犬 ガク」 / 野田友佑?

こんにちは、コタローです!
チョコレートを食べすぎて少し気持ち悪い。
許容量を超えたようだ。
チョコ(あとチョコアイスも)は必需品で毎日、
板チョコならきっちり1枚は食べるほど中毒気味だ。
いつもは仕事中にしか食べないが、家に帰ると美味そうなチョコが
あったのでつい、がっつきすぎた結果だ。
過去にもこういうことは何度もあり、コリもせず明日もいつも通り
潤沢にストックしたチョコを食べることになる。



さて話は変わって最近は野田さんの本を片っ端から読んでいる。
「旅へ」は初期のころの作品で野田さんの若かりし頃の脱皮していく
自分が各国の旅のエピソードを交えて描かれた作品だ。
ガクがでてきて野人と化した野田さんの後期の著書と比べ、読みやすい表現で
内容的にも纏まっていて(私がいうのもおこがましいが)なかなか良い感じだ。
それに比べ後期の著書は野人そのもののタッチで内容もより原始的で荒い
頑固オヤジ的な印象だ。ある意味シンプルだが。

「カヌー犬 ガク」より

「ユーコンを下るとき、ぼくは自分の持ってる力、能力を100%使って生きる。

全力を上げて生活する。

それに比べると都市の中ではその10分の1も力を出していない。
(中略)
完全燃焼、全力投球、の生活をすると、その代償として独立心、

自己への信頼を手にする。

『俺は今、全く自分を信頼している。』」

時間を空けて「旅へ」
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR