本焼(赤土+粉引+金彩釉)

こんばんは、コタローです!



今日、陶芸室にいくとここ1か月間強で製作した器の本焼きが上がっていた!


今回、試みた鉄分の多い赤土と粉引がテーマだったが、出来上がりは如何に。


まだまだイメージ通りとはいかないまでも


やはり鉄分の多い赤土と粉引との相性は良いようだ。

今回は刷け塗りだったためムラがイメージとは全く違う形ででたこと。

よって課題は粉引を均等に塗るため次回はドブ付けでトライすることだ。

透明釉は薄く均等に塗れたようだ。

あとは細かい貫入が入ってくれば良し。

順に記録していく。

1.マグカップ(赤土+粉引/透明釉+金彩釉)

全体的にはイメージとは違ったものの、なかなか味の出た作品となった。

外は粉引、内面は金彩釉を掛けたツートン柄だ。

金彩釉は、名前の通り、鈍い深みのある金色がでてくれた!


ただ流れやすいので次回からは噴き付けでより薄く掛けてみる。 

2.茶碗(赤土+粉引/透明釉)


単純で定型の模様だが、線の間隔は幅広のほうが個人的にはピンとくる。

さて、いろいろと課題もあり工夫の余地が沢山あるので、時間の許す限り

作陶したい。ただ夏は遊びの季節でもあるから2の次となるかもしれないが。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR