赤土に粉引(成形)

こんばんは、コタローです!
今日は嵐の中、作陶して帰宅する。
1371678840.jpg

これから当面、作り続けることになる

鉄分を多く含んだ赤土+粉引の器
に取り掛かる。
 
まずは練習作品となる小鉢を2つ成形し、粉引を掛けてみる。
 
どんな表情になるか素焼きの出来上がりが楽しみだ。

さて、嬉しいことに陶芸室に行くと

早くも粉引を掛けたマグカップの本焼きが上がっていた!
 
それがこれ
 
 
まず粉引だが素地の見え方なんかは

どれくらい掛ければこうなるというイメージはつかめた。
 
ただ細かい貫入を期待していたが、そこまで入らず。
 
透明釉の厚みが原因だろうか?
 
はたまたこれが赤土なら良い感じの表情になるのだろうか?
 
この辺は試行錯誤を重ねるしかない。
 
気になったのは取っ手。まず角度、大きさがよろしくない。使い勝手に難あり。
 
また全体的なフォルムも×。もう少し丁寧に作らなければと反省。
 
3つ中、一つはたわみでボツ、2つは一応、練習作品のデキといったところか。
 
1つは家に持ち帰り、次の作品が出来上がるまで使い続け、良いところと
 
悪いところをきっちり把握して次に繋げていきたい。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR