「人生なんて無意味だ」 ヤンネ・テラー

こんばんは、コタローです!

さて、今日読んだお勧め戴いた2冊の本の紹介。

1冊目は「人生なんて無意味だ」 ヤンネ・テラー著

デンマークの女性作家。

デンマーク国内で中学校での副教材に使用されているものだそうだ。

「人生なんて無意味だ」と叫んで同級生を挑発したピエールと、

彼の言葉に人生の不確かさに恐怖した元同級生たちとの物語。

元同級生たちは「意味の山」(人生の意味を証明するための証)で対抗しようとするが・・・。

ただ内容は後半以降は少年少女の群集狂気を描いている。

あまり品は感じられないし、「蠅の王」の二番煎じ的なものだ。

自分の子供には読ませたいとは思わない。

読ませるなら「蠅の王」でしょう。

2冊目は次回。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR