イワン・イリイチの死

こんにちは、コタローです
カラマーゾフ以来ロシア文学にはまっていきそうです



トルストイ作 「イワン・イリイチの死」

粗筋は、主人公のイワン・イリッチは、人生の成功者。学業優秀で官僚になり順調に出世して快適な暮らしをしている。しかし、彼が正体不明の病気(多分、癌)にかかってから、人生は崩壊していく。その過程で、彼は痛みにもがき苦しみ、人間関係も壊れていく(と彼は思い込む)。しかしそれと同時に、これまでの人生を問い直す。

読んでの感想は、死をつきつけられた人間のリアルな感情を感じることができる。
それとは別にどう生とむきあうべきかを考えさせてくれる本です。
今のところ問題なさそうですが・・・・・
多分・・・・

今日も元気に
ボタン・スイッチ・ok
       ↓"
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村 



"前のブログのアドレスです
良かったら見て下さい!"
  ↓
http://yuritomo.exblog.jp/



コメントの投稿

SECRET

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR