作陶(コーヒーポットの成形と化粧土塗り~本焼)‏‏

こんばんは、コタローです!


DSCN5134.jpg

4月末からアウトドア一辺倒でインドアの作陶からは遠のいている。
ただ自然の中で、何かインスピレーションを感じ、
それを形にできればちょっと興味深いものが
できるのではないかと思ったりもしている。

さて、今回の記録はまたしてもコーヒーポットの作陶ペーパードリップで
3杯取りができるぐらいの大きさのコーヒーポットの作陶記録。
DSCN4741.jpg DSCN4742.jpg
作陶日は1月半前のゴールデンの合間の天気が悪かった日
イメージは細めのフォルムの流線型イメージ
当初、蓋はなかったが、やはり温度を保つためには
蓋は機能的に必要だ。
ということで、簡易な蓋も作る。

あまりマッチはしていない
今回は鉄分を多く含む赤土に情熱っぽくカラフルな色を施す
焼き上がりはベースは焦げ茶、上からトルコブルー、卵色2ライン
でデザインしてみた。

DSCN4744.jpg

5/15 久しぶりの作陶、素焼きが上がる。
今のところイメージ通り
焼き上がって気付いたが、素焼き前に化粧と思って塗ったトルコブルーは
釉薬だったため、素焼きで剥がれる。
再度、トルコブルーを掛け、内面も適当にかけてみる。

DSCN5018.jpg DSCN5023.jpg

6/8 本焼きがあがり完成!
トルコブルーは厚めに塗らなければ、土の焦げ茶とのマッチングは良い
黄色の化粧はイメージと違った
ということでもう一つ同じものを作り、地の焦げ茶とトルコブルーで
再デザインしてみようと思う。

DSCN5106.jpg DSCN5105.jpg

かなり理想的な均等な厚みに仕上がったので使い勝手もサイズも
ちょうど良いので、会社で使うことにする

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR