和田川~赤木川 ダウンリバー!‏

こんばんは、コタローです!

カヤック仲間との今年第2弾のツアーは和歌山の清流2リバーを下る

写真はスタート地点上流にある橋からの裃の風景

DSCN4781.jpg DSCN4782.jpg

初日は昨日と打って変わって朝から雨

気温は20度以下とやや寒い

沈でもしたら大変なので5mmのウエットを着込む

和田①

まずゴール地点の赤木橋に車をデポ

1台でギュウギュウ詰めでスタート地点に下見も兼ねながら向かう

スタート地点である和田川の古所の谷口のすぐ先はかなり深い渓谷となっている

 和田③ 

こんな素晴らしい自然を今日は下るのか!と高揚感は高まるばかりだ

雨のせいか、靄がかかり、またこれが秘境の様相を醸し出す

この奥深い渓谷には我々メンバー5人のみ

独り占めとはいかないが、この言葉にできないほどの(する必要は全くないが)

景色の中で我々だけが関われるというのは何と贅沢なことか

和田⑤

こんなにも先に進みたくない川は初めてだ

昨日のダイナミックな峡谷 瀞峡も感動したが、この川はやばすぎる

全く人工物とは無縁の世界

来た道すらみることができない

和田⑥

渓谷は予想したよりも、その幅は広く、車での細い道からは

その大空間は全くそこにあるとはわからないもの

その川を下ったものだけが知りえる世界だ

和田⑦

写真を振り返りながら記録しているが、

この小さなレンズではその素晴らしい世界はとても伝えきれない

記憶にはその世界は残るが、

本当にそんな空間があったとは信じられないほどのスケール感があった

和田② 和田⑧

洞穴発見!

人口的のように見えてそうでないようにも見える不思議な洞穴

和田⑨ 

和田⑩

艇の交換をする

20年以上の年季の入った艇

ダッキーの王様リンクス!

王様だけあってロールスロイスな乗り心地!

色も川に映える


赤木④ 

いつまでも若さを保ち続けるカヌー部長

赤木①

素晴らしい景色はどこまでも続く

赤木② 和田④

馬のオブジェ発見!

上手くできているが、よく見ると流木

偶然のオブジェ

赤木③

そしてそれに跨るお茶目な人

赤木③

今回のコースは7.3kmと距離的にはやや短めだが、

ただただ、その自然の圧倒的な存在を感じながら川を下ると

ゴールについたときは16時になっていた。

 赤木⑤

あまり人が近づかないせいだろうか?

独特の雰囲気が感じられる神聖な川であった

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

pakiいいね!!い~ね!!!

かぬー部長のブログ見て、動画見て、そしてU杉さんのブログ見たら・・・すぐまた行きたいがな!!

2014/05/10 Sat|02:05|URLEDITtop >>

水先案内犬保護者

今回も手付かずの大自然に感動し続けでしたネ。
それにしても1番にコメント入れてるpakiさん張り切っているなァ
血管切れるの違うやろか?

2014/05/10 Sat|12:59|URL|EDITtop >>

pakiそのためには!

血管切れないように早く川の水で冷やさねば!(*´∀`)

2014/05/10 Sat|14:58|URL|EDITtop >>

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR