北山川(瀞峡 田子~小川口)ダウンリバー!‏‏

 こんばんは、コタローです! 

 IMG_20140504_094629-001.jpg    

ついにやってきたゴールデン後半は川下り三昧
1日1本、3日連荘で和歌山、三重、奈良の県境の川を下る。
いつものカヤックメンバーに混ぜてもらうが、初日のみ単独で下る
紀伊半島の先端付近までは遠いが大自然が楽しめる川が
密集する地なので、一泊二日だと非常にもったいない!
 
ということで1日追加して断崖絶壁の景色が拝めれる瀞峡をチョイス
あんまり張り切り過ぎてもいけないので
田子から小川口までの9km強のコースを選定
まず田子に向かう。

DSCN4755.jpg DSCN4760.jpg  DSCN4762.jpg

今回の川下りは、なんといっても新艇ビオビオ号の進水式の大イベントもある
オーストラリア産の白で今後の安全な川旅の祈願をする

DSCN4764.jpgDSCN4773.jpg

さて、記念すべき出艇だ!
なんという素晴らしい景色だ!!!

IMGP0253.jpg

本日のコンディションは晴れ!
日中の気温は23度
まだ川の水は潜れるほどの水温ではないが
事前調査から沈する可能性はかなり低いと判断し
ウェットではなく軽装にする(結果、正解)
また新しく新調した白のメットもしっかり被る
白縁のサングラスとの相性もバッチリ決まっている(自己満足)
さて、順に記録していく

5:50家を出て、瀞ホテルに9:30着
この時間だと全く渋滞には全く捕まらず
ホテルは準備中だが入り口は施錠されコンタクトは全く取れない状況
目の前にいるが電話をして昼食の予約とカヤックの預かりをお願いする
快くご承諾いただけたまでは良かったが、ランチの第1部の11:30~は
満席で第2部まで待たなければならなかった。早めの予約が良いだろう。

その後、一通りスタート地点に持っていくものと着替えを済ませ、
小川口まで車を走らせる。ちょうど30分で到着。
10:55発の田戸行を頼むがこちらも満席という・・・。
仕方なく次の11:55のチケットを購入。
ただ、これはやってみるもので10:55のジェット船乗り場に向かうと
いくつか空席が見える。船長に聞くとチケットあれば乗れるよ!というので
当初予定通り乗り込む。
ネットでは出ていないが片道料金というものがあり、
小川口~田戸で1030円と、まあ、納得できる価格だ。
およそ30分強で田戸に到着(11:30)。
昼食まで1時間ほどあるので、艇の準備をして進水式を済ませる。

IMGP0226.jpg

ちょうどパックラフト軍団がいらしたので、
使い心地やちょっと実機を持たせてもらったりする。
無茶苦茶、軽くて魅力的だ。
耐久性はやはり不安があるが使う場所と使い方次第で割り切るしかない。
あとはそれに見合った価格だろう。スカート付きで出して3.5万だろうか。

DSCN4766.jpgDSCN4770.jpg
 DSCN4769.jpg DSCN4771.jpg


最後に瀞ホテルのランチの記録
ゆったりした空間でやさしい味のお料理が頂ける。
急ぐ用事でもないので1時間ほどまったりとする。
それにしても天気は最高だ!
あとはパドルを一かきすれば、別世界に入ることができる


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コメントの投稿

SECRET

pakiまいどー

ゴールデンウィークの清流祭りおつかれっした!!
このコメントにも僕のメルアドが記入されてますので連絡よろしく!!

2014/05/08 Thu|16:47|URLEDITtop >>

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR