『オーパ、オーパ!!』モンゴル・中国編 スリランカ編 / 開高健

こんばんは、コタローです!

DSCN5277.jpg

まだまだ読書習慣は良い感じで継続中
そんな中、楽天Koboからの宣伝メールで電子本購入券1000円
の知らせがあった。但し使用期間5日間の期限付
片っ端から好きな作家さんの本を検索
いくつか候補を絞る
チョイスしたのは開高健さんの「オーパ、オーパ!!」のアマゾン編
決め手は、ただただ字面だけだと電子本の特性をフルに生かせない
ので写真満載の本書に魅力を感じた次第
ただ本書はせっかくタブレットに保存してあるので海外出張時のお供に
とっておくことにした。
パラパラと頁を捲ると写真が満載!
待受画面としても使え、なかなかのチョイス!

ただ問題はそれ以降、楽天Koboから毎日、宣伝メールがくることに・・・
勿論、そこには無料券はないので中身を見ることなくサヨナラだ

さて、これを機に『オーパ、オーパ!!』にはいろいろ編があるということで
今回は、モンゴル・中国編 スリランカ編を読むことに。
内容はいずれも開高さんのルポルタージュで
晩年の魚釣りや宝石収集の趣味の世界の記録


「・・・人間というヤツは一度、

贅沢をおぼえると後戻りがきかない。

贅沢を便利とか美味とか安全とかにおきかえても

かまわないけれど、とにかくそういうことになる。

そしてそのために精神がたるむ。

つぎの新しい贅沢を求めて昂揚するということはあるけれど、

その結果は同じだ。

あらゆる帝国や王朝はこれで衰退して亡んだ。」



「言葉は事物のひとつだけれど同時にその影でもある。

気迫とか、精神のリズムとか、心の渇きとか、歩行でありつつ

跳躍でもあるものとか、呼び名はいろいろ変わっても

正体はつねにひとつであるサムシングが底を入れたとき、

裏うちしたとき、はじめて事物と影が一致する。

それはしばしば作者が言葉に犯されて蝕まれて自我が霧散

しかかったきわどい瞬間に決意が生じて一歩を踏み出す。

たいていそこへいくまでに言葉の質と量が、味と香りが、

解体してしまうのである。」

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

趣味の棚卸‏

こんばんは、コタローです!

ちょっとここらで自分の趣味の棚卸をしてみた。

とりあえず、現時点で好きなもの順だ。

DSCN5270.jpg 

①カヤック(4-10月/12本) IC:15万円 RC:年9万円?
②山登り(10-4月)     IC:2万円   RC:5千円 
③陶芸(通年/週2)       年6千円(これはあり得ない金額)
④ワインの記録(通年)    年20万円
⑤スキー(12-3月/5本)    IC:5万円   RC:年5万円
⑥読書(通年)            ゼロ円
⑦クラシック(年3回)      年1.5万円

その他、趣味とまではいかないが、季節モノとか機会があれば

トライする趣味予備軍

⑧旅行(年数回)
⑨海での素潜り(7-8月)
⑩美術館巡り
⑪年1回のアマチュアロックバンド・ライブ(年1回)


趣味ではないが、アウトドアを可能にするための基礎体力作りで
⑫フィットネス(週2.5回)  RC:年12万円(修行)

こうやって整理すると、もう少し趣味を増やせる余地はある。

なるべくお金は掛けない!がモットー

これだけ遊び倒しても月で均せばRC(ランニングコスト)は約3万円


50過からやってみたいことは、世界百景(内、気に入ったところを

50景。年2景)を周ること。

これは出来合のツアー参加ではなく、手作旅行で現地の自然と肌で

戯れるスタイルをとりたいと思っている。

それをスタートすれば⑧旅行が格上となる

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

『弾正の鷹』  /  山本兼一

こんばんは、コタローです!

ボルヘスの次の本を探していたところ、ちょうど趣味仲間が

今、嵌っている本を紹介頂く。

DSCN5276.jpg

山本兼一さんの作品を順に読まれているということだが、

お勧めは著者の代表作のひとつ「利休にたずねよ」

そのお勧め本と著者の初期作品で読みやすいかも

と思った短編集『弾正の鷹』を読んでみる


表題の「弾正の鷹」を含め5編の短編時代小説集。

信長暗殺を狙うヒットマンが共通テーマ。

残念ながら5つとも同じ構成、展開。

読みやすいが、それだけ内容も軽いということだろうか・・・

さて、本丸は完読なるか?

もともと時代小説はすすんで読まないが、

同じ山本でも周五郎さんの小説は唯一、

記憶に残っている場面があるな
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

ヴィーニャ サルダソル ロゼ 2010 

こんばんは、コタローです!

今日は見事に天気予報はハズレ

雨だと思ってコタローとの山登りはやめて

コタローは風呂に入ることに

旦那は珍しくフィットで泳ぐ

暑さのせいでランニングを怠ったせいか、腹回りの異変に気付く

次回からちょっと頑張らんとあかんな

DSCN5272.jpg

それとは無関係にまだ日が明るいうちから飲む

スペイン産

ガルナッチャ100%

かなり単一的な苦味

失敗したかと思いきや抜栓後15分ぐらいしたら

ほのかにやや青みが残るストロベリーベースの甘みが

発酵系の和食に合う
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

『檸檬』 / 梶井 基次郎


こんにちは、コタローです!

この猛暑続きで川の水は干し上がりDRできず、
外出できず、引き続き読書で引き籠る

DSCN5250.jpg

梶井基次郎さんの作品はいづれも短編で2冊目

今回は開高健さんが愛読していたということで「檸檬」を読む。

梶井さんの文章は独特で、読んだ2冊は半分以上は空想の世界


あまり恵まれない生活を強いられている、明日の希望も持てないような

若者が丸善(本屋さん)に檸檬を爆弾にみたてて置いてでてくる。

そして丸善が爆発する様を妄想するお話。

妄想することで正常世界?に踏み止まるわけだが、今も昔も

そういう悩みを抱えながら生きている人が多くいるのだろう。

ただ昔より簡単にその一線を越えてしまうように

なってきているのかもしれない


それは単に創造性の欠如によるものだろうか
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

ビッグ・イージー 2013 シュナンブラン

こんばんは、コタローです!

DSCN5244.jpg 

空梅雨が明けたら(なんだか変な表現だが)いきなり夏本番

大阪は最高気温37度の予想

南側の窓から外を眺めるが猛暑のせいか、歩いている人はいない

やはり35度超えは人も虫も生きてはいけない気温

こんなときは、少しでも地熱がましになるまで

クーラーのきいた陶芸室で作陶して帰る


暑いので、暑い国のワイン
南アフリカ産
シュナンブラン 100%

パイナップル系のフルーティな香

お味もひつこくはないがややふくよかな甘みをベースに

フルーティーさとまろやかさ、ミネラル感がある南国チックな仕上がり。

不思議と甘みは心地よい余韻として目立たずゆっくり消えていく
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

「珠玉」 / 開高健

こんばんは、コタローです!

DSCN5249.jpg

梅雨が明けた今現在も梅雨前に始まった読書熱は続いている。
スタートは梶井基次郎の「Kの昇天」からだった。
そして今、開高健の遺作となる「珠玉」を読み終える。
開高健が愛読した作家に、なんと梶井基次郎がいた
という偶然に驚く。
手元にある本を読み終えたら「檸檬」を読んでみたい


「経験という果実はつぶして、砕いて、形を失わせてから

酒にしなければならないが、いつ頃まで寝かせればいいか。

それがわかるようでいてわからないことである。

何年たってもうまくつかめないのでくたびれる。

(「玩物喪志」より)

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

関西の「青の洞門」を漕ぐ!

こんばんは、コタローです!

すっかり夏の空になった3連休の中日は、カヤック仲間と海カヤック

関西(竹野海岸)の「青の洞門」を漕ぐ

PT会場1

コースは浜須井海水浴場(スタート)⇒清龍洞門⇒はさかり岩⇒
淀の洞門⇒竹野スノーケルセンター(ゴール)の3km超
9:15ゴール地点に集合、10時過に出艇、14:10にゴール

青の洞門1

いつものコア・メンバーに新人さん2名参加の総勢10名 7艇でゴー!!
今回は相棒T(カメラマン)と珍しくタンデム
カメラ・ショットの腕前はなかなかのもの!!
艇はカヤックを始めたころに買ったVK-11の二人艇
biobioⅡでも良かったが44のセルフベイラーの
穴だらけ船体で始終浸水となるため
ベイラーを完全密封したVK-11を選択
久しぶりに使用するので2週間前に空気を充填し
問題ないことをチェックしておいた
しておいたはずだったが・・・・・・・




ウミウシ1

清龍洞門
洞門の先には・・・・・
頭のてっぺんが突き抜ける感じで
目の前の光景に一瞬、無音の感覚につつまれ、次の瞬間に
その会場に居合わせた人たちの歓喜の声が耳に中に押し寄せる
洞門内はパーティ会場と化していた

洞門集合1

彼らはカヤックツアーの団体さん達で20分ほどその辺を動き回ったら
引率者に引かれて次の目的地に向かっていった。
もったいない。
残された我々はこのパーティが終わった会場を貸切することに

洞門①1 洞門③1 洞門④1 洞門②1 

おもちゃカメラでの映像ではなかなかその神秘は再現できない
そこに行った者にしか味わえない感動の空間だ
ホントに碧い海肌だ



海岸線も美しい景色が続く
海はエメラルドグリーン
透明度も高い
風もゆるく、波高も50cm以下と穏やか
海の上は青空が広がりベストなコンディション

海岸線1

はさかり岩
ここをくぐったのは好奇心旺盛のpakiさんのみ

IMGP0624.jpg 

T飛び込み1 

U飛び込み1

出艇してから間もなく船体左側がしぼみだす??
2週間前のチェックではそんなはずではなかったが、
現実は空気が漏れている。
空気注入口はしっかり閉まっているし、その周辺からの漏れもなさそうだ。
となるとインナーチューブのどこかに穴が開いているのだろう
止むを得ず、ポンプを注入口に差したまま、定期的に注入し乗り切る
今日はタンデムにしておいて良かった!




T1.jpg

【事後記録】
翌日、連休最終日の早朝5時からマンション駐車場で
カヤック他の水洗い&メンテをする
カヤックも一通り水洗いが完了し、穴を探すために空気注入
しかし、問題なかった船底にも小さな穴を発見
その後、再度、空気注入するとバースト!補修がかなり厳しい状況に・・・
予備機でもあったことから、お釈迦決定
VK-11にとっては最後の船旅だったが、最高の海旅だった


青の洞門1


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

シャトー・サランソ・デュプレ 2004 白

こんばんは、コタローです!

この3連休の中日はカヤック仲間とシーカヤック

竹野海岸の洞門巡り

快晴、洞窟の先には素晴らしい世界が待っていた!

只今、編集中!

DSCN5243.jpg

その編集のお供のワインは

ボルドー産

熟成感バッチリのデイリー!

酸も十分、アフターもしっかりバニラ香で樽の記憶もアリ

やさしいフィノ

本当に香りが素晴らしい!


頑張って明日の夜に洞門UP予定!


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

シャトー ボネ 2009 白

こんばんは、コタローです!

待ちに待った三連休!

その前に会社帰りに3ヶ月に1度の歯のクリーニングに

芦屋川の歯医者にいく

毎日、チョコ&ワインなのでどうしても歯の裏は白さを失う

DSCN5241.jpg 

懲りずに本日のワイン

ボルドー産

ソーヴィニヨン ブラン50%、セミヨン40%、ミュスカデル10%

個人的に好きな仕上がり

やわらかな洋梨の香りが広がる

梅雨明けの亜熱帯の夜にやさしい南国チックな空気を味わえる

口に含むと青リンゴベースで程よい厚みがあり、

これまた程よい苦味もあってさっぱり喉を通過すると

思いきや、余韻にほんのり甘い蜜を感じ、奥行きを感じる

これは素晴らしい!


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

今年の目標 何かにトライ1つ‏

こんばんは、コタローです!

2014年も半分以上が過ぎた

いつも漫然と日々を過ごしているが、昨年あたりから

趣味でもライフワークでもいいから、

これから先も続けていけるようなものを

毎年1つずつ増やしていこうと決めた

DSCN5202.jpg

昨年はカヤックで川下り

これは思いのほか大当たり!

すっかりのめり込んでいる

こういう危険が伴うアウトドアって、嵌るとどんどんエスカレート

してレベルを上げていってしまう傾向にある

装備は当然、基礎体力も負荷をかけて鍛え直し、

経験を積むことで技術を向上させる

良い意味でのスパイラルな上昇状態を作り出すことができる

あとは無茶をして怪我をしないよう心掛けなければならない


さて、前段が長くなったが今年もいくつかトライしているが

そのうち芽が出そうなものがでてきた

それは

クラシック・コンサートに年3回以上行こう!だ

ただ行くだけでは、労もないし得るものも限定的だ

まずは行く予定のコンサートの演奏曲を耳に沁み込ませる

これはカヤックの行き帰りの車で大音量で聞く

またこれがなかなか気分を高揚させてくれて良い

次に演奏曲の背景やどの指揮者が良いとかの

基礎情報を調べ、整理する

そういった事前準備をして、コンサート会場に赴きたい

1年に3本。1コンサートで少なくとも2曲は演奏されるので

リーマン卒業の頃には120曲ぐらいは詳しくなっているかもしれない


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

「砂の本」、「汚辱の世界史」 / ホルヘ・ルイス・ボルヘス‏


こんばんは、コタローです!

DSCN5232.jpg

良い具合に読書熱は続いているそれも良書?に

恵まれているお蔭だろう

さて、久しぶりに難解な作家に挑戦する。

アルゼンチンの作家 ボルヘスの中では比較的

読みやすいものかもしれない。

「百年の孤独」のマルケスもそうだが南米の作家は

どうしてこんなに独特でぶっ飛んだ世界観と表現力

をもっているのだろう、と驚く


このボルヘスも他の作家さんに比べたら、

やはり理解する努力が必要な本。

だから読むのに時間は掛かるし、きちっと状況を

想像しながら読み進めないと前の頁に書かれていたことが

上の空となってしまう。

短編でもこんな有様だから長編だとかなり根がいることになる


「読むことは、さしあたり、書くことの後に来る行為である。

それは、より慎み深く、より洗練された、

より知的な行為なのである。」


(「砂の本」より) 


『汚辱の世界史』

ボルヘスがチョイスした世界の悪党列伝集一話一話は短いが

それぞれの悪党の陰鬱で無軌道な凄味が伝わってくる。

こちらは比較的読みやすい


どうやらまた夏がやってきたようだ

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

健康診断の結果‏

こんばんは、コタローです!

DSCN5230.jpg

5月中旬に健康診断をして、やっとその結果が返ってきた

予想通りの3年連続のオールA!

やはり水素(mgh2)を飲み始めてから効果テキメンだ

水素の効果で「疲れにくくなる」というが、確かにその通りで

フィットネスや山登り、カヤックするときには前(中)後に必ず飲む。

ただ飲み忘れると、いつもは感じない疲労感を覚えることになる

そんなときが一番最悪・・・。

だから至る所(会社、車、全てのバッグ)に水素カプセルを常備している


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

チャペル・ヒル ピノ・ノワール 2011‏


こんばんは、コタローです!

梅雨の季節だからしょうがないが、梅雨らしい日々が続く

今週の予定は、月、水曜と作陶

火、木曜はフィットネス

金曜は歯のクリーニングの後、飲み会

週末は関西の青い洞門 シーカヤック・ツアーだ

何とか前倒しで梅雨が明けてくれればと願う

DSCN5205.jpg

珍しく ハンガリー産
ピノ 100%

昔、飲んだメルシャンワイン?が第一印象

ジュース系ワイン

といってもそこまでヒドクはないが

やや雑だが渋みと苦味もあって

冷やして飲めば、この蒸し暑い夜には何とか使える

ただ、ホントにピノ?だろうかと思わせる代物

次は無し


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

ライマット カベルネ・ソーヴィニヨン 2008

こんばんは、コタローです!

早朝の洗車や靴磨きに予約したコンサートチケットの受け取りや

その他、いろいろと細かい用事をすませた一日

雨予報だったが、雨降らず

早い時間から飲みはじめる

DSCN5236.jpg 

スペイン産

カベルネ・ソーヴィニヨン メルロー

香りは抜栓後10分ぐらいしてから開いてくる

ブラックベリー系で心地良いスパイシーさが第一印象

果実味とチョコレートのコラボ、ベースにある渋みの口当たりが良く、

アフターの甘みが厚みのある飲み口に

個人的には好きなタイプ

少し値が張るデイリーだが熟成感も感じられ、満足できちゃう


コタローの首の下の贅肉の垂れ具合がヒドイ・・・


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

コタロー in 仁川


こんばんは、コタローです!

今週は土曜の今日が晴れなのでコタローと川遊びに行く

DSCN521.jpg 

近場の甲山森林公園内にある仁川

山頂付近とあって水が透き通っている!

小さな魚も沢山泳いでいる

残念ながらカヤックで下るだけの水量はない

夏場とあってブルドッグ系のコタローはここ数週間、山散歩には行きたがらない

しょうがないのでクルマで山頂まで上がりそこから木陰を通って山歩き





にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村













にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

ライブ!

こんばんは、コタローです!

DSCN5176.jpg

ちょうど1週間前の金曜の夜(7/4)の記録となる。
年に1度程度、プロではないがロック・ライブに行く
10年ほど前に難波のアメ村の外れにあるビル地下のライブハウス
で歌う松阪氏に出会う
その彼が私の東京転勤後に住処である三鷹市の駅から少し離れた
同じくビル地下にあるライブハウスで歌うことを彼のブログで知り
松阪氏の歌声を聴きに行く
それ以降、彼から私の住処の近くでライブがあるときは、必ず連絡が
入るようになり聞きに行った。

今回は彼が最も感銘をを受けているであろうソロ・シンガーの長野さん
もライブに参加されるということで、自分も是非、生の長野さんの歌声
を聴きたいと思っていたので予定を変更しライブハウスに向かった。



長野さんはyoutube映像でしか歌う姿をみていなかったが、
実物の彼女は目に力がある少しエキゾチックな感じのある女性だった。
彼女の代表曲でもあり、絶対聞いてみたかった
「春への落下」も歌ってくれた
彼女同様、とても歌に強烈な力を感じた

多少、映像が最後の方で乱れるが、それはその力に圧倒され?
(お酒も2杯程度だったし、安酒が効いたか?)
貧血を起こし、しゃがみこんだせいだ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

北海道ケルナー 2011‏

こんばんは、コタローです!

やはり ジメっとした暑い夏はやって来た

いつもの年より1ヶ月ほど蒸し暑さから

開放されたかと思えば良いか?!

DSCN5185.jpg  

久しぶりにmade in Japan

ケルナ―100%

日本のワインも急激に腕を上げてきている

というのが第一印象

これで銅賞というのだから金、銀はもっと凄いのだろう

柑橘系、特に檸檬の清涼感のある香

梅雨のジメっとした空気をカラっとさせてくれる

お味の方は柑橘系をベースに程よい苦味でさっぱり!

喉を通過する前にほのかな甘みが添えられ、味に幅がでてくる

とても美味しい!


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

「ポーカー・フェース」、「旅する力」 / 沢木耕太郎‏

こんばんは、コタローです!

DSCN5172.jpg

沢木さんの「深夜特急」シリーズがあまりに面白かったので

エッセイを2冊ほど読んでみた。

まずは「旅する力」から。

これは副題にもある通り「深夜特急」の解説本。

カラクリを知るみたいで個人的にはあまり読まなくっても良かった感じ。

2冊目は短編集「ポーカー・フェース」

あまり興味深いエピソードもなく、「深夜特急」の強烈なインパクトと

ついつい比べてしまう

引き続き読みたい作家にはならなく残念。


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

シャトー・サランソ・デュプレ 2001 赤

こんばんは、コタローです!

DSCN5200.jpg

行きつけのワイン屋さんのお勧め白の同じ蔵の赤
(ちょっとややこしい)

やはり常連となって味の好みを分かって頂くと

お手頃価格の美味しいワインを紹介してくれる


ボルドー産

メルロー55%、カベソー28%、カベフラ 5%、

プティヴ10% カルメネール2%

2001年のヴィンテージ

13-15年で飲み頃という。

ということは今でしょう。

上品なプラム系+お花畑の香

色も香りも寝かせた感がある


お味の方は

熟した渋み感でまったりできる

抜栓後30分ぐらいから

ほのかな甘みがアシストしてくれて

豊かな感じとなる

ゆっくりと楽しめる赤だ


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR