ディープウッズ・ソーヴィニョンブラン 2012?

こんばんは、コタローです!

今日からいろいろとnexus7の設定開始!

まだまだ指使いがギコチない

でも初めてのものは楽しい

少しずつ少しずつ慣れていけばよい

今夜のワインはオーストラリア産

セミヨン60%、ソービニヨンブラン40%

色は見た目通り綺麗な淡いグリーン。

パッションフルーツ系の南国果実にシトラスのフレーバーが口一杯に広がり、

ハーブのような青い風味と巧く絡み合い複雑性も感じられる。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

Nexus 7 ME571-LTE get!

 こんばんは、コタローです!

スマホが当たり前の御時勢、ガラケーを時計代わり&緊急用の連絡ツールと

してきたが、とうとう世間並みに近づいてきた

老眼が入ってきた者にとってはスマホの文字は字が霞む。

おまけに維持費も使い道からするとコストが割に合わない

ということでSIMフリーのタブレット7インチを購入することで解決!

利用は通勤と週末の外出時でメールと読書と調べモノだけなので

SIMのベーシックプランで十分。

SIMはいろいろ検討した結果、OCNをピックアップ

さて、この週末ゆっくり設定して手に馴染ませていきたい!

一応、事前にタブレット入れのポケットもつけた冬用バッグも作っておいた。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

ハイパーボール東鉢のリピート??

こんばんは、コタローです!

この週末は天気が良さそうだったので今シーズン2回目のスキーに行く

先々週に引き続き、ハイパーボール東鉢に行く



ここは休日でもリフト待ちは長くても5分かからない。

今回は並ばずリフトイン!おかげで6時間強40本ほど滑る。若い・・・。

それにしても今年は雪が大量だ

おかげでアイスバーンもなく、上級コースに至ってはあまり滑る人も少ないため

部分的に深雪も残っていてゲレンデの状態は申し分ない。



さてブーツ以外は新調しての今シーズンだが、やはり中途半端はいけないので

思わずロシニョールのブーツをポチリと発注してしまった

箱替えは7年ぶりとなるが最近のブーツは軽い!

装着も比較的楽で、ホールド感も細かく設定できてバッチリだ。

更に6時間装着しても痛みを感じることなく快適そのもの!

ディナスターとの相性も抜群。上級のコブ以外は

イメージ通りのラインを描くことができ感激様様

コブにしても今までよりも腕が上がった?と錯覚するほど

道具のアシストが得られる。

(余談。あとで調べて判ったのだが、ディナスターは

ロシニョールが買収しており兄弟だ。更に更にビンディングのルックもロシ。

つまり結果的にロシ・ファミリーで身を固めていることになった)

ここのスキー場、被り物が多いのが楽しい

今回はガンダムがいた!

流行の?スキーバイクも毎回見かける。

そうそう、スキー人口は10%ほど。

それに対してボードは9割弱。

スキーを続けて良かった!



この2週間はジムでスキー用の筋肉強化に当てたので持続力も増した

何とも思い通りのスキー日和となった

【その他、交通情報】

①8時頃インターをでた後に少々、信号渋滞が発生する程度で問題なし。
(前回もここは渋滞)
 今回はスキー場まで道路面はドライでノーマルタイヤでOK。
②駐車場は9時までに入らないと厳しい。
③帰りはスキー場15時半にでる。西宮までNO渋滞

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

ドメーヌ・ド・シュヴァルブラン 2012

こんばんは、コタローです!

今日は予定通りスキーに行く。

6時間強フルにスピードを肌で感じながら滑り降りる

高ぶった神経を鎮めるにはやはりワインが良い

がぶ飲みワインは、ボルドー産

メルロー45%、フラン30%、カベソー20%、マルベック5%

となかなか変わったブレンド

抜栓直後は革の香

フルーティに感じ+スモーキーというちょっと風変わりに

酔いの世界に連れて行ってくれる。

かなりcp は高い!

ただまだ神経の高ぶりは健在そうだ

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

作陶(小鉢、中平皿の成形)

こんばんは、コタローです!

前回作ったミルクポットの釉薬 紫色釉の色合いが気にったので

当面は洋食器系の器を作ることにした。



陶器はやはりsono

陶器はやはりその素材の特徴からして和風が向いているが、そこを敢えて洋食器に仕上げてみる。

材料は、まず土は今まで通り鉄分の多い赤土。その上に粉引を掛け、素焼き。

その後、紫色釉を吹き付けで掛けて濃淡を調整するといった計画だ。

本来、紫色釉を使う場合は、白土が良いのだが、敢えて鉄分の多い赤土を使う理由は、

粉引を掛けた後、器の淵部分をこすり地肌を部分的にみせるためだ。

ただ、こいつは上手くいくかどうかはこれからの作品の出来次第。



赤土に粉引を掛けることで紫色釉が綺麗に映えることになる。

今回は小鉢(取り皿)と中くらいの平皿を成形後、粉引まで掛けた。



平皿は垂れやすいので、その対策として構造を少し工夫してみた。

さてその成果は如何に!

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

ボストンテリアの皮膚病 2nd stage?

こんばんは、コタローです!

膿皮症と診断されてから2週間経過。



その間は処方された抗生物質を朝晩2回飲む。

処方された薬はラリキシン。

この薬は人間用。で、動物にもOKの薬。

変わった処方だが、ネットで調べると、そういうのもアリのようだ。



赤くなって毛が剥げた皮膚からは産毛が生え出し、症状は回復に

向かったように思われた。

2週間分服用して終わりになる予定だった。

しかし8日目皮膚の赤い部分がやや広がり、更に飛び火した形で

数センチ離れたにも皮膚が赤くなり、ハゲが出現!

これは一体、どういうこと?!

と思い、獣医に症状を連絡。

急遽、コタローは病院送りとなる。

診察結果はもう1週間薬を継続。

初期に比べ赤い皮膚の部分は増えたが、最初に赤くなった部分からは

毛が生えだしたこと。

ぱっと見、禿げてない部分でも皮膚がただれていた部分があったが

そこの皮膚が正常化したことから様子見となった。

このとき病院を変えるという選択肢も考えたが、今回の結果を受けることとした。

さて、この1週間でどう改善されるか!?

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

シャトー・ペイショー・メゾンヌーヴ 2006

こんばんは、コタローです!

今日は終日、作陶

昼食もとらずに没頭

しかし陶芸室の閉館時間50分前で気が急いて、1つボツになる。

潔く撤収

さて今夜のワインはボルドー産

メルロ 90%、カベルネ 10%

落ち着いた香りが良い

抜栓後の味は全く安定しないが、時間と共に落ち着いてくる

落ち着いた渋み

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

さよなら、愛しいひと / レイモンド・チャンドラー

こんばんは、コタローです!

今週は有給とって3連休

新しいスキーブーツと帽子が届く

あとは候補のゲレンデの天候次第

残念ながら今のところバッド・ウエザーだ

ハードボイルドの王道

村上春樹さん訳で読む。

今時風に訳され、村上ワールド全開!

読んでいてドキドキする展開

ただ、フィリップ・マーロウが野次馬根性さえださなければ起こり得なかった事件

ある意味、馬鹿馬鹿しく笑える内容だ

 

「そのあと部屋の中では沈黙が続いた。

そんなところは一刻も早く立ち去り、できるだけ遠くに離れるべきなのだ。

ところが私はドアを開けて、静かに中に入った。

それが私という人間だ。」

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

作陶(ミルクポット完成!)

こんばんは、コタローです!
最近の作陶記録。


成形し粉引を施したミルクポットと煮込み料理やサラダ盛り合わせ


なんかの洋食用の中皿2枚に、お初の釉薬 紫色釉を掛ける。


紫色釉は焼き上がりが薄い紫色で透明釉。

よってベースの粉引と擦れて地肌が見えた鉄分の多い赤土が


薄い紫のガラスで覆われる表面になる。

イメージ通りだと少しばかり洋食器風に仕上がるはずだ。

今月中に本焼きの日があるので楽しみ。

一般に成形3割、釉薬掛け7割で作品の良し悪しが決まる。

まあ、どちらが納得できる範囲でないと我が家の食器棚には入れてもらえないが。

と、ここまでは記録だけ書いて未投稿だったが、モノも完成したのでその記録。

最近では大物のミルクポット。

とある雑誌でみかけたミルクポットを創ってみたい!と思ったのがきっかけ。

その雑誌にあったミルクポットが薄い紫色をしていた洋食器だった。

今回はいかに和の材料で洋食器に近づけるかがポイント

出来上がりはこれだ!



紫色の透明釉はイメージに近い色をだしてくれた。

あとは厚さを調整してお好みに仕上げればよい。

おじさんからも新鮮さからいろいろとコメントを頂いた。

その他、中皿も焼きあがっていた。



こちらはなかなかの焼き上がり。良い色がでたよ。

あとお料理を盛り付けたらどうなるか!

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

エト・カルタ 金うまラベル 2011

こんばんは、コタローです!

本日は作陶日

あまり作陶意欲は沸かない

創ってみたい(その程度?)モノはあるが、土をこねる気も起こらない

そんな日もあるね

さて、今夜のワインは珍しくポルトガル産

トウリガフランカ、トウリガナショナル、ティンタロリス、ティンタアマレラのこれぞブレンド

ブラックベリー系で適度に厚みもあるが、抜栓後、時間と共に甘みが前面にでてくる

数人で一気に飲みあげる赤だろうか

30分で飲みきるには美味しいと思う味だが・・・

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

モンテス ・クラシック カベルネ・ソーヴィニヨン 2012?

こんばんは、コタローです!

今日は皮膚の下にある親不知を切開して抜く日

気分はかなりダークだ

そもそも「歯を極力抜かない治療がモットー」の係り付けの歯医者さんの

プッシュで行われる。ただ抜くのは専門の別の歯医者さん。

係り付けはプロ目線で、

できるだけ口内環境の向上のためだけで勧めてくれている。

1か月ほどの情報収集と体験者の話を聞いての決断と本日の実行。

25分の軽い外科手術

無事終了するはずだった・・・。

そして当面禁酒生活が続くはずだった




さて、今夜のワインはチリ産

カベルネ100%

なぜ、この男はワインを飲んでいるのだろうか?

あまりの激痛を鎮めるため?

いや、今まで共にしてきた親知らずを喪失した悲しみに耐えられなかったためだろうか?

事の真相は治療台に座り、歯抜きのプロによる検診から始まった。

「ん~、抜く必要は全くない!」

そう、抜かなかったのである!

ということで、祝い酒!


随分前にモンテスシリーズをエノテカで購入し何度か飲んだが記録はなし。

今回は頂きもの。

奥行きと厚みもありバランスの良い赤

コノスールと並びチリのメジャーなワイン

親知らずが僕から引き離されることがなくなった喜びもあり

旨さは倍増する

と、なると係りつけのお医者さんの判断は・・・

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

英勲 純米酒

こんばんは、コタローです!

今日は晴れだが北風が冷たく、片道1時間かけての作陶は中止

日中は家でウツラウツラと日向で読書

こういう日はやはり日本酒に限る

京都は伏見の酒

斎藤酒造

伏見の蔵の酒はさらりと旨い酒が多い

米の甘味がすぅーっと感じられる

濃さもちょうどよく純日本食に良く合う

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

SKI at ハイパーボール東鉢

こんばんは、コタローです!

この休日は、今シーズン初のスキー



スキー場はハイパーボウル東鉢

家から渋滞さえなければ2時間キッカシの好立地

7時に家をでて事故渋滞等もあり、9時50分にスキー場に到着。

駐車場はどこもほぼ満車・・・

なんとか10分ほど並んで停められる

次回はもう1時間早くでなければ



今年は何といってもウエアとスキーを新調したのでワクワク感も倍増だ!

いずれもネットでの購入で店頭より偉く安く揃えることができた。

特にスキー板は新しいタイプのロッカースキーを購入。

板の長さは車のトランクに収まるよう短めの149cmをチョイス。

購入前の調査の結果、ロッカースキーは平均身長であれば

150-160cmがベストということだった。1cm足りないが。

カービングよりも更にターンしやすく、更に深雪にも強いときている。

まずデザインが好みだ。先端部分のブルーもキレイな色合い

流石はおフランス!



カービングからの転向のため慣れるのに5本ほどかかる

最初のインプレッションはジャジャ馬

結構エッジをきかせるスタイルのためその調子でグイッと踏み込むと

板のフロントが上に反り上がる!

グーンと方向転換。状態を建て直し、徐々に踏み込みを浅めに調整。

感覚を掴む。

慣れるとフレコミ通りカービングよりターンはしやすい!

あとロッカースキーの売りとおり深雪も楽々クリアだ。

今日のハイパーボウルは金、土曜と雪が降ったおかげでまっさらな表面。

ロッカーはノーマルポジションで先端が浮き上がるため、雪につかまることはない

あと、こぶ対応は賛否両論だが、結論から言えば腕次第ということだ。

個人的には小回り良くなかなかイメージ通りのラインを描いてくれる。

スピードも出て最先端のスキーの進化はすごい!

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

シャトー・ラ・ピエリエール 2011 カスティヨン?

こんばんは、コタローです!

やっとこさ、辿り着いた三連休

ちょっと季節モノの予定を入れてみる。

今夜のワインはボルドー産
 
メルロー60% カベルネソーヴィニヨン20% カベルネフラン20%
 
何ともうまく出来たデイリー。
 
渋みというか苦みというか、そういうのが飲みやすく(決してライトではない)
 
しかし重みというか、しっかり感もあり、絶妙なバランス感覚のブレンドだ。
 
ベースは主にラズベリー系だが、いろいろな味のアシストが幅を広げてくれる。
 
抜栓後、1時間を過ぎたあたりで、さりげない上品な甘みも加わってくる。
 
ちょっと得した気分になれる赤だ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

ラ・グランハ ガルナッチャ シラー 2012?

こんばんは、コタローです!

今年お初の作陶

しかし珍しく終業間際に仕事が飛び込み、50分のロス

最低限のお仕事、釉薬掛けだけで終える



今夜のワインはスペイン産

先日は同じ蔵の豚マークを飲んだ。


ガルナッチャ50%、シラー50%

甘い果実とタンニンがさらりと上品に合わさった赤

上手い具合にそれぞれの種の良さがでた感じ

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

犬の膿皮症?

こんばんは、コタローです!



年末からコタローの皮膚の調子がよくなく

お医者さんに診てもらうことに。

病院といえば病気知らずのコタローにとって、病院は年1回の狂犬病

の注射を打ちこまれる とんでもないところという印象しかない。

よって病院は大嫌いだ

今日は初めての病院にも関わらず、駐車場について車から下そうとしたが

病院の匂いを察知したのか、車から出たがらない。

やっとのことで車から下し、診察を受ける。


まずは【症状】がこれだ



胸板あたりの皮膚が赤くなり毛が剥げてきている。

最初は薄らと皮膚が赤くなったところの毛が薄くなった感じだったが

1週間ほどではっきりと禿になり、その面積は徐々に拡大していった。

もともとボストンテリアは皮膚が弱い犬種だからしょうがないが、

コタローは丈夫なほうなのでお陰様で治療費はほとんどかからない立派な犬だ。

【診断結果】

事前にネットで調べたとおり、膿皮症ということだった。

犬の膿皮症とは、「体の免疫力が低下した時に皮膚に常在している

細菌(ブドウ球菌など)が異常に増殖し、それによって皮膚に湿疹や炎症を

引き起こす皮膚病」だ。

【治療法】

抗生物質の投与。症状にもよるが、およそ2-3週間で回復。

いずれにしてもメジャーな病気なので対処も確立されており

適切な対応さえすれば、あまり心配になる病気ではない。

膿皮症になったからといってコタローは元気がなくなるわけではなく

食欲も旺盛だ!

1週間後、2週間後の症状も随時アップしていきたい。

あと気になる治療費だが、ご参考までに内訳だ。

①初診・診察券(写真撮影)料金  1000円
②診断費                 700円
③薬代(1週間分)            700円
                                         合計 2400円

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

フェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラ 2012

こんばんは、コタローです!

皆さんと同じく初出は疲れる

しょうがないので今週は金曜は休みにするとしよう

やはりこういう日はガブ飲みに限る

イタリアはシチリア産

ネロ・ダヴォラ 100%

CPの高い蔵という印象だったが、チープなイチゴジャム

長い休み明けのせいだろうか、2012年製だろうか、それとも舌が肥えたせいだろうか

いずれにしても気乗りしないがライト過ぎてすぐになくなってしまった

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

グレート・ギャッツビー / スコット・フィッツジェラルド

こんばんは、コタローです!

正月休み最終日の9日目

この休みは遠出はせず、ゆっくり過ごす

午前中はコタローと目神山の高級住宅街を散歩し、いつの間にか北山ダムまで来てしまう。

登山道らしき道があり、そのまま進む

整備された道で空がずっとみえる明るい道だ

村上春樹さんの訳で名著を読む。

古典が古典で無くなる素晴らしい本訳。

週末に開かれるパーティに是非、参加したい

 

『「過去を再現できないって!」、いったい何を言うんだという風に彼は叫んだ。

「できないわけないじゃないか!」

彼は周囲をさっと見回した。 まるで彼の屋敷の影の中に、もう少し手を伸ばせば

届きそうなところに、過去がこっそり潜んでいるのではないかというように。』

 

過去もお金でかえないものの一つ。

お金持ちになると過去まで修正したくなるのだろうか。

 

「友情とは相手が生きているあいだに発揮するものであって、

死んでからじゃ遅いんだということを、お互い学びましょうや。」

 

「陶酔に満ちた未来を。

それはあのとき我々の手からすり抜けていった。

でもまだ大丈夫。

明日はもっと早く走ろう。両腕をもっと先まで差し出そう。

・・・そうすればある晴れた朝に―」

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

セニョーリオ・デ・ウヌエラ クリアンサ 2010

こんばんは、コタローです!

正月休み8日目

残すところ あと1日。

それを過ぎるといつもの1日がやってくる。

今夜はワインと本の組み合わせが良い

スペインはリオハ

テンプラニーリョ100%

優雅で甘美さを さり気無く感じさせてくれる

とてもよいワインだ

 

西洋かぶれのアメリカの古典を読む

 

明日の夜には10日間伸ばした髭をそらなければならない

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

シャトー・ティルペ・ディエム 2009

こんばんは、コタローです!

たまに眠れない夜がある

昨晩も目が爛々と冴え、眠る気に全くなれない

いつまでも眠気がこないので

本読んだり、家族がとり溜めしていた映画をみたり、睡魔を誘い出すが

眠りなんか知らないみたいに300頁の本は読み終えるは、

映画はフィナーレを迎えるはで朝がきた。

昼寝をしては繰り返しになるので、ちょこちょこ一日動き回る。

さて、まだ夜にはなっていないが、飲んでるワインは

ボルドー産

メルロ80%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、カベルネ・フラン10%

フルーツ盛り合わせの香りと味が味わえる。

まさに夕空を見ながらの食前酒にちょうど良い。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR