ペンション クッキーサーカスのお部屋

こんばんは、コタローです!

今日はスキー後のメンテと後片付けのため休日とする。

今までスキー板のメンテなんぞ一切しなかったせいでスキー初日前半は

スピードがでず変に減速するものだから、いらない負担がかかり筋肉にダメージを受ける。

かなりのストレスだった。

スキー場のインストラクターに相談したら、

今は便利なスプレーワックスがあり、誰でもすぐ塗れてすぐ滑れるようになるということでやってみる。

なるほど5分もかからず塗れて滑りはストレスなく劇的に滑走できるようになる。

これは便利だ。

さて本題の今回の大山でのお世話になったペンション クッキーサーカスさん

名前は好みによるが、オーナーの奥様のほっとさせてくれる笑顔とお料理が美味しいという口コミで決める。

お部屋は本館とコテージで、コテージに泊まる。

ログハウスでコネクトルームの形態をとっており、家族4人であれば十分な広さだ。

部屋も明るく清潔で良い。

離れということで、音の問題も全くなく、過ごしやすい。

さて次回は評判のお料理の記録。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

大山ホワイトリゾートで初スキー

こんばんは、コタローです!

1年振りのスキー。そして関西での初スキー!

近場であまりコースがよさそうなところがなく、

コタロー同伴できる宿も少ないためセレクトに苦労する。

今回は大山ホワイトリゾートに行くことに。

この土日の天候は晴れ間は少なく、文字通りホワイトの世界に。

そしてほんの少しの晴れ間と。

ただ風は吹かず体感温度は比較的耐えられないほどの寒さではない。

リフト待ちも上手くタイミングを計ればスムーズにいける。

雪質は気温の割りに解けにくく、片栗粉系の雪で問題ない。

レトロな一人の利用のリフトをみつける。

ゲレンデの中央部の林間コースにあり人気はなくひっそりと稼動していた。

他のリフトと違い、年代もののせいかスピードがかなりゆるかった。

この空間だけが時間が止まっていた。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

トゥーレーヌ・ルージュ 2011

こんばんは、コタローです!

たまに上手くいかない日がある。

そういう日は早く寝るに限る。

そして早く忘れてしまおう。

進歩することはなかなか難しい。

今夜のワインはフランス産

カベルネ・フラン100%

香り、味とともにこれといったものが感じられない。

料理にはあわせやすいだろうが、引き立たせることができるだろうか?

ひょっとして舌が麻痺しているのかもしれない。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

アーニストン・ベイ・ザ・ショア・レッド

こんばんは、コタローです!

14ヶ月振りに歯のクリーニングに行く。

やはりどうしても磨きがあまいところに歯石は溜まる。

まあ、それを取り除いてもらうために行くわけだが、

今回はクリーニングによる副作用が。

やはり歳のせいだろうか、クリーニングした部分の一部で知覚過敏となり

妙にずっしりとした痛みを感じる。

やむを得ず薬局でシュミテクトを購入する。ネットで調べる限りは一番効くらしい。

一時的でも効いてくれることを祈る。

さて、念には念を痛め止めとしてワインをあける。

南アフリカ産

シラーズ、カベルネ、メルロのブレンディッド

値段なりにジュースっぽい味だ。

せめてアルコールだけでも効いて欲しい。

歳だね~

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

夢の扉 デカンショ節

こんばんは、コタローです!

意外と連休のあとの営業日は日数は短いが長く感じてしまう。

やっと週末にたどり着く感じだ。

今日は作陶後、前から気になっていたワイン屋さんに繰り出す予定だ。

ということで前の連休に丹波篠山に行ったときに仕入れた日本酒。

丹波篠山の民謡「デカンショ節」を聞かせながら樽で寝かせ熟成させた酒が

売りというもの。

その他、モーツァルト、ベートーヴェン・モノもある。

軽やかでフルーティで飲み口が良い。

丹波篠山の日本酒は日本酒くささのない、非常に飲み口の良いものが多い。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

シャトー・ガロー2010

こんばんは、コタローです!

今日は作陶を早めに切り上げ、早々に家に帰りワインを開ける

勢い余って2本目に突入。

覚えている間に1本目の記録。

ボルドー産

メルローが主体

上品に包み込むような香り

その香りが喉を通過するまではっきり味わえる

味も優しい。少しライトだがミディアム・ボディだそうだ。

今週の労働は残すところ明日のみ。

明日は飲み!

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

青い目の犬 / ガルシア・マルケス

こんばんは、コタローです!

3連休最終日はスーツのブラッシングに靴磨きとメンテの日にあてる。

昼からは天気も良かったので窓際に腰掛け読書する。

ガルシア・マルケスの「青い目の犬」

表題がいい感じなので読んでみる事にしたが、副題に

「死をめぐる11の短編」とある。

日向で読む内容ではないが、

暗いところで読むにはあまりに気分がダークになりそうなので

とりあえず読み始める。

最初の3篇を読んで、やはり読むのはやめることにした。

内、「三度目の諦め」より

「しかし、すでに死を観念して受け入れてしまった彼は、

おそらくその諦め故に死んでいくのかもしれない。」

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

タンデム ルージュ 2011

 こんばんは、コタローです!

ワイン・ネタが溜まってきたので、2度目の投稿

まずは近いところから。

飲みながらのコメントだ。

フランスはランドック産

メルロ 50%、シラー 50%

素晴らしいブレンドだ!

シラーのスパイシーさと上質なメルローの味わい。

とてもキレイなメルロだ。

空想の世界に浸れるニュアンスが良い

ふとしたときに飲みたいワインだ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

関西の大気汚染

こんばんは、コタローです!

中国の大気汚染の日本の空への影響が気になるところだ。

そのせいか「そらまめ君」へのアクセスはなかなか繋がらない。

ベランダから撮った今朝10時の西宮の海側(=南)の空の様子。

天気は晴れ。雲の姿はないが、遠くの風景がもやって見える。

これをグレーにした感じが上海の日常の空の色になる。

そして同じ時刻に山側(=北)の空が下の写真。

天気予報通り青い澄み切った空だ。

つまり日本の空は汚染され始めている。

中国の空は、ここまで来る間にその濃度は薄められたが

明らかに中国のあの空は

ここまで迫ってきている。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

トレランのための体力作り

こんにちは、コタローです!

今年は寒い冬になるといわれていたが、結構、冬とは思えないほど

あったかい日もあり、このまま乗り越えられそうだ。

3連休の初日は2月中には是非やってみたかった

トレランのための体力づくり

前回の麻耶山トレッキングでトレランシューズを履いてみたものの3時間

ぶっ続けで山を走りぬく体力がないことは明らかで、そもそもやり抜く

経験も自信もなかったため、それを試すためにも近場の甲山のランニングコースを走る。

1周2.235kmで適度なアップダウンもあり、導入編としてはちょうど良いコースだ。

フィットネスのモルモットマシーンとの違いは、やはり眺めの良い景色と新鮮な空気だ。

そして風や鳥の自然の音。

一応ランニングするためのカッコをしてジムのときと同じように

最近お気に入りのLinkin Parkを聞きながら走る。

ああいう殺風景な場所では、入り込むための音楽は必要だが、

ここ山のなかでは不要な音でしかない。

早々にイヤホンを外す。

モルモットマシーンとの大きな違いはやはり地面に着地するときの足の裏に感じる衝撃だろう。

ゴムのクッションのローラーの上をぴょんぴょん走るのではなく、

地面を蹴り上げ体を前に進め、

着地の衝撃を膝への負担を最小限に抑えながら、

また地面を蹴り上げる。

最初の1周はやはり着地時の衝撃になれず、モルモットマシーンとの疲れの差を感じる。

1周目は約14分かかる。

2周目終わった頃にはアドレナリンが噴出し、疲れは消え、ランモードに入る。

初日なので張り切りすぎて膝への負担も考え、今日のところは5周半で終了する。

意外と走れる自信がつく。

さしあたっての目標は10周だ。

それをクリアしたらコース内にある軽登山コースをトレランシューズで試してみたい。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

ラ・メリディアーナ ル・クワトロ・テッレ・バルベーラ 2009

こんばんは、コタローです!

昨日に引き続き春の陽気だったので篠山までドライブに行く。

ライトな山の散策をしたあと、フィットネスクラブで軽く調整し、

ワインを飲むに至る。

イタリアはピエモンテ産

バルベーラ100%

葡萄の香り。葡萄の濃い味がする。

昨日の疲れも相俟ってすぐ眠りにつけそうだ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

麻耶山 トレッキング新年会

こんばんは、コタローです!

本日は気になっていた雨は降らず、晴れ時々曇りで

麻耶山トレッキング&新年会に参加

最近、レベルが上がりっぱなしのパーティーの足手まといにならないため

トレランシューズを前日に購入。

今日の大事な相方になる

相方はサロモン XR EMITION

履き心地はスキーブーツ。

ジャストサイズが良い。足指のあたりの自由度は高い。

唯一の難点を挙げるとしたらグリップ力だろう。

決して弱くはないが中程度だろう。

それ以外は脱着もしやすく、やや重めだが問題なく走れる。

本日のパーティーは7名

もちろん赤鬼が幹事。

なんと、前回の六甲縦走大会で1位獲得!

そういった意味ではレベルの高いパーティーに参加でき光栄だ。

本日は新年会がメインのため超ライトコースで690mの麻耶山を

新神戸の登山口から登る。

コースは布引の滝 → 市ケ原 → 麻耶山 → 灘温泉 → 六甲道の餃子の王将

全工程16km強だ。

午前中は地上の山も曇り

どちらかというと山は段々とガスが強くなる。

あまり写真写りも良くないのでシャッターを押す機会も少なくなる。

麻耶山山頂は全くの霧状態。

そく下山する。

下るにつれ青空が広がる。

どうやら地上は良い天気のようだ。

コケが綺麗だった

15:30から王将で新年会

最近、ビールを飲まなくなったが、運動の後のビールはやはり最高だ。

少しライトなコースだったため、みな不完全燃焼気味だが

趣味共通の仲間とのお酒は、やはり至福の時間を過ごすことが出来る。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

予告された殺人の記録 / ガルシア・マルケス 

 こんばんは、コタローです!

明日は久しぶりに山トモから新年会を兼ねたトレッキングのお誘い

があり、参加予定だ。

真冬の季節のはずが最低12度、最高16度の予想。

山だからこれより2,3度低くなるだろうがそれでも暑いぐらいだろう。

さて、ガルシア・マルケスの「予告された殺人の記録」

タイトルが読む気をそそる。

おまけにジャケも好みだ。

街のひとが皆、御近所である街を舞台にサンティアゴ・ナサールが殺される日のことが

様々な角度、人々の視点から描かれている。

その殺人の背景には集団に渦巻く差別、悪意、妬み、怒りが静かに日常に見え隠れしながら

その殺人は現実のものとなる。ナサールの殺人シーンは壮絶な風景だ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR