新居

こんばんは、コタローです!

午前零時を過ぎる

本日、引越日。

とりあえず荷造りが終了し、3年半年前に漬けた梅酒の残り物をさらう。

コーヒーメーカーに入れると240mlあった。

疲れを癒すに少々足りないがよしとする。

いよいよ、新居へ!

ペシュ・クレマン 2009

こんばんは、コタローです!

順調に引越しの準備は進む。

ということで労働の後の一杯

フランス産

メルロ38%、カベルネ32%、シラー12%、カリニャン10%、サンソー8%

普通に美味しい味に仕立てたブレンドの赤。

だいたい、ここまで細かくブレンドされたものはハズレ無し。

だが、もう少し面白みが欲しいものだ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

「ローマ人の物語Ⅰ ローマは一日して成らず」/塩野七生

こんばんは、コタローです!

10月末から久しぶりに本を読み始める。

2冊を並行し読む。

その1冊を読み終える。

会社のおじさんのお勧め本。

世界史なんて、大学受験の共通一次の試験以来。

予備校の講師が物語風に歴史を教えてくれた。

ここがでるとか、ポイントはこうだとか効率的な授業の進め方をしない人だった。

そのせいか受講者は数は回数を追うごとに減っていった。

暗記中心の歴史嫌いの自分にとっては初めて世界史を好きになる

きっかけを作ってくれた授業だった。

なんか、それとダブる本だ。

「ローマ人の物語Ⅰ ローマは一日して成らず」/塩野七生

「いずれの民族も、伝承なり伝説をもっている。自分たちのルーツをはっきりさせたい

という欲求は、人間にとってごく自然な願望だろう。科学的に解明するのはほとんど不可能と

言ってもよう難事だが、人々はそのようなことは求めない。

彼らを納得させる程度の理論性と、彼らの精神を高揚させるに足るロマンがあればよい。

ローマ人にとってのそれは、トロイの落城にまつわるエピソードであった。」

全46巻。

完読いつになることやら。

この3連休は引越しの準備に捧ぐ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

シャトー・ド・コンベベル ソヴァージュ 2008

こんばんは、コタローです!

最近は引越しの準備と遠距離出張が重なり、さっぱりフィットネスに御無沙汰。

その影響は腹回りのたるみに如実にあらわれる・・・・。

悲しいかな40代は代謝が30代と比べ、ガクンと悪くなるせいか

腹回りの劣化はそれは見苦しいものだ。

ということで2週間振りにフィットネスに向かう。いつもと違う どろっとした汗がでてくる

多分、今日で悪い不純物はだすことが出来ただろう

さて今夜のワインはフランスはランドック地方の赤

シラー 60% グルナッシュ 40%
開花に少し時間がかかる。

まろやかな口当たり。しっかりしているのでゆっくり時間をかけて飲みたい。

最近が買出しもできず、とうとう、ワインのストックが切れる。

今夜は大事にチビチビ飲むしかないのか・・・。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

グランドバージ gb88 2011

こんばんは、コタローです!

いよいよ新居への引越日が近づく。

しかし未だ荷造りをしていない。

東京から甲陽園に来てから荷解きを6割ぐらいしかしていない。

それでゆっくりしているだけだが、あとの4割は何だったのか、

あれば便利とか贅沢品とか、捨てるに捨てれないものとか

思い出の品とか。

まあ、生活に幅を持たしてくれるものなので、引越先でゆっくりと

解いていきたい。

 

さて今夜のワインはオーストラリア産

カベルネ100%

抜栓後、あまり時間をおかず、開いてきて飲み頃となる。

ある程度の厚みがあって、上品なあまさもあってイケル赤だ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村

高松城(玉藻城(たまもじょう))の城跡

こんばんは、コタローです!

高松まで出張。

日曜の夜から現地入り。

なぜか毎回、四国での会食のそれはとても手厚いおもてなしである。

土地柄だろうか?お酒は美味しく、お料理も地のものの美味しいところだけ出して戴き、

ただ、ただ、ひたすらお酒を注がれるので泥酔間違いない。

よって、まだお料理の味が分かるうちにその旨さを舌に記憶させる。

ただ翌日には美味しかったという単語の記憶しかなく

ディティールはどこかに消えてしまっている。

翌朝は少し早起きし、前日の脂肪予備軍を燃焼させるべく

高松城のお堀にそって散歩に出かける。

別にお城ファンではないが・・・。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

作陶 マグカップ

こんばんは、コタローです!

昨日、今日と作陶。

リクエストがありマグカップを創る。

陶芸を10年振りに復活して11ヶ月目。

その間は茶碗、ドンブリ、小鉢と創ってきたがマグはまさに10年振りだろうか?

ただ当時のマグはやはり使い勝手がイマイチで使っていない。

まずは一つ目はなぜか細長い茶碗になってしまう。

二つ目はやや口が大きくなりどっぺりしてしまう。

これもボツで小鉢にした。

そして三つ目。

段々とマグカップらしいフォルムが出来上がる。

慎重に贅肉を落としていく。

バウムクーヘンの薄皮を一枚一枚はぐように。

下はボツを含め、3つ並べた図。

そして、マグカップ。

いかがでしょう?

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

白鷹 超特撰吟醸純米

こんばんは、コタローです!

昨日に引き続き日本酒の紹介

多分、今年のホームラン級の日本酒

おまけにこのあたりの地元の酒ということだ

山田錦100%

香りはそこまで自己主張は強くはないが

やさしく包み込むよな香り

口当たりはよく、喉に吸い込まれるように飲める

これまた白ワイン好きにも受けいれられる出来だ。

今まで好きだった長野の酒 福無量の系統の味

それに気高さをプラスしたような感じだ。

正月の酒はこれに決まりだ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

出羽桜 桜花 吟醸酒

こんばんは、コタローです!

すっかり冷え込んできた。もう冬はそこまできている感じ。

ということで、日本酒の美味しい季節がやってきた。

その第一弾は山形の酒

吟醸酒のほのかにあまい柔らかい香り。

お味もまるみがありフルーティな仕上がり。

白ワインが好きな人にはお勧め。

もう少しキリッと締れば自分好み。

でも美味しい!

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

福1088

こんばんは、コタローです!

上海の有名な典型的な上海料理を食すことができる洋館レストラン。

お客も外人さんばかりで海外にきたなーという感じを受ける。

雰囲気がとにかく良いが、お味の方も日本人受けしやすいものとなっている。

辛いものはなく、どちらかといえば食材の素材の良さを生かした甘味がある。

とても落ち着ける空間だったがなんせ、今回は会社の食事会なので

気を抜くことはできず淡々と仕事の延長線をこなすだけだった。

残念ながら仕事の為、お料理の写真はない。

次回は個人的に訪れたいものだ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

南京の街並みとフリーペーパー

こんばんは、コタローです!

レトロなデザインのフリーペーパー

なぜかパンダの頭に巻きグソがのっかっている

何か意味があるのだろうか?

それとも中国で流行っているファッションだろうか?

国によって大きな価値観の違いを感じる。

そして中身

頑張っている。

さて、上海虹橋駅から新幹線で南京南に向かう

前の生き埋め事故もあって時速300kmで走る

あまり速い気はしない。

表示は300kmとあるが200kmぐらいで走っている感じだ。

南京南から和県に向かう高速道路の風景

さっきまでの超高層ビル街から一期に戦後の風景にタイムスリップ

上海からほんの新幹線1時間+車1時間半の距離だ。

ただこんな田舎に向かう途中で部分的に高層マンションの建設工事があり

それは投資用という。

バブルが弾けそうで弾けない理由がここにあるのだろうか?

目的地に着く田舎道で道の中央に

なにやら籾殻らしきものの小山がずぅーと続く

現地駐在員に聞くとお米を乾かしているということだ。

さらに盗まれないよう、簡易テントが車道隅に設置され

中には布団が転がっていた。

上海との落差を感じずにはいられない光景だ

現地の工場食

今回の出張で初めて現地の味を食す

山椒と唐辛子の辛さで見慣れない食材を胃袋に強制的に詰め込む感じだ。

米はさっき路上でみた米だろうか・・・・?

さて最後に南京南の宿泊ホテルからの風景

上海とは全く異なる風景が広がる

団地だろうか?

同じようなデザインの建物が並ぶ

この田舎の空もやはり汚染がひどい

この日の天気は曇り時々晴れということだ。

今回の出張は限られたところからの撮影した写真しかないことが残念だ。

領土問題さえなければもう少し生の中国に触れることが出来たのに。

 

南京の夜の街はイメージする中国のネオンだった。

次回は年明け早々に再び中国に。

上海と蘇州の予定

そのころには正常化していれば良いが

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

上海の街並み

こんばんは、コタローです!

上海。北京に次ぐ中国のビッグ・シティ。

かわった形の高層のビルが所狭しと立ち並ぶ。

テーマパークのようだ。

趣味はあまりよろしくない。

次々と高さを塗り替えていくビル。

上海の空は聞いていたとおり、晴れの日も青い空をみることはない。

薄ボケた空と太陽だ。

全てが垂れ流しで汚れきっている。

深呼吸する気には全くなれない。

高層ビルの5階ぐらいまである吹き抜けすら視界が曇る始末だ。

こんな調子だと寿命が縮まりそうだ。

上海虹橋駅の近くに宿泊したミレニアムホテルからの眺め。

今回は3箇所のホテルに宿泊したが部屋、食堂、フィットネスと

使い勝手が良く、一番、落ち着けたホテルだった。

出張先の上海中心部にある事務所からの風景。

当面、中国の記録。

次回は南京。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

ルイ・マックス

こんばんは、コタローです!

5日ぶりの日本

出張で初中国、初上海&南京

中国の都会と田舎を見比べる良い機会だった。

それにしても中国の勢いはすごい。

さて、詳細をコメントすいる前にまず機内で飲んだワイン

赤と白を戴く。

ブルゴーニュ産

白:2010年はシャルドネだろうか?お料理に合わせやすい味に

仕上がったものだ。

赤:2009年はピノ・ノアール?だろうか??

こちらはベリー系でお肉料理にはOKだ。

いずれもJALの機内で出されたものだ。

カメラは会社のものでかなり古いデジカメで画像は最悪だ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

プント・イコマ 2009

こんばんは、コタローです!

11月はとても忙しい月になりそうだ。

既に全ての休日が埋まる。

明日から少しの間、所用でしばしブログはお休み。

今夜のワインはスペイン産

しっかりした味わい。

good CP!

ガツンと来るデイリー。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

内覧会

こんばんは、コタローです!

甲陽園での新たな棲家の内覧会に。

9時半に会場入り。

仮住まいからチャリで5分ほどの距離。

今まであった工事用のフェンスが取り払われ全貌をみる。

想像したより重みのあるタイルの質感。

エントランスで手続きをすませ、いざ、お部屋へ。

まずまずイメージに近い形でのリビングに満足する。

白を貴重としたセレクト。思った以上に白い。

一通りメジャーやら水平機やらでチェックしたあと、

カーテン屋さとのお打ち合わせ

事前にセレクトしたものを順につけてもらう

結構 まよう。

結果、落ち着いた生地で質感のあるものでまとめてみる

およそ4時間の内覧会。

かなり体力と集中力を要する。

ここのお気に入りは眺望。

崖の上に立っているので目の前にさえぎるものは何もない。

イメージ通りで良かった。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

ロブレ・モノ ブルゴーニュ ピノノワール 2009

こんばんは、コタローです!

ブルゴーニュ産

久しぶりのピノ100%

更にビオ

こっちにきて行きつけのワイン屋さんで購入。

お店には温度が管理された部屋が別個にあり、そこのワインを

買ってきた。

すらっと飲め、バランスも良い

良い、よい、酔い

明日は内覧会!

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

モモ ティンタ・デル・パイス 2008

こんばんは、コタローです!

本日、作陶の定例日。

珍しくマグカップの依頼があったので、練習も兼ねて作る。

しかし引越し一色の脳味噌は知らず知らずの逸る気持ちに支配され、

完成を急いでしまい、余計な削りこみのためボツ。

急いては事を仕損じる典型パターン。

さて、今夜のワインはスペイン産

ティンタ・デル・パイス(テンプラニーリョ)85%
    カベルネ・ソーヴィニヨン12%、メルロー3%
コルクを開けると香りが広がる。

ラズベリー全開。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR