年相応

こんばんは、コタローです!

15年振りに復活したオリスくん。

ベルトを交換した。

幅19mmを探すが18,20mmしかない。スタッフに聞くと偶数がほとんどで

その間はメーカーオリジナル規格の時計のため入手はかなり限定されるということ。

何件かハシゴしてようやく19mmに出会う。

2択で無難なブラウンをチョイス。

生き返ったみたいだ。

腕にも偉く馴染む感じだ。しっくりと。

この感覚はこの時計を初めて腕にした18年前には全く感じなかった。

当時の若造には少しお高いモノだった。

精力が有り余り、ベルトはあっという間に溶けていった。

今なら手にゆっくりと馴染んでいくような気がする。

年相応にモノはあるのかもしれない。

ゆっくり時を刻んでいってほしい

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

オリス レクタンギュラー ムーンフェイズ B7460

こんばんは、コタローです!

随分と腕時計をはめずに生活している。

そもそも、あまり時計が必要と思ったこともなかったので

進んで買うことも、つけることも、なかった。

時間を気にしないことは社会人としてはあるまじき事だが、入社2年目までは

デスクワークだったので社内の壁掛けの時計が自分の時間だった。

3年目の営業部門のときは、その後、少し経って携帯が出だしたので

それを時計代わりにして、今に至る。

が、実はその営業時代に時計を持っていた。

オリス レクタンギュラー ムーンフェイズ B7460

この時計、今は絶版らしい。

ただ購入したときは復刻版だったと記憶する。

引越しの準備をしていて偶然、目に留まる。

こういうときはいろいろと思い出の品がみつかる。

自動巻きなので振ると秒針は動き出す。

時刻を合わせ、身につけることにした。

しかし問題が・・・。

12,3年ぶりに動いた時計の秒針は動きが早く、

60秒を53秒ぐらいで

回ってしまう。

困ったのでネットで修理の相場を調べる。

およそ4,5万諭吉だ。高い・・・。

とりあえず近場に修理屋さんがあったので相談に行く。

部品交換なければ2.5万諭吉だ。ただ入院10日ぐらいということだった。

原因は開けてみないと分からないが多分、中の潤滑油が固まって

悪さしているかもしれないとのことだった。

以上が昨日までのはなし。動かしてから2日目だ。

そして今日の夜。

ラッキーなことに

普通の1秒を刻むようになった。

潤滑油が温まるようずっとポケットにいれておいた

生き返った潤滑油が全てのギアに行き渡ったのだろう。

明日、新しいベルトでも買いに行こうと思う。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

シャトー・ベルリヴ・デュボワ 2009

こんばんは、コタローです!

今年は日中は暖かく、天気も良くてお出かけ日和の日が多いにも

関わらず、1ヶ月に控えたお引越しと再来週の中国出張とかの

準備も相俟って遠出ができず。

まあ、一大イベントなのでしょうがないが。

さて今夜のワインはボルドー産

メルロ70%、カベルネ30%

メルロの良さが引き立つ。口当たりが優しく滑らか。

繊細な甘さも良い。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

歯のケア

こんばんは、コタローです!

いついなってもお医者さんにいくのは億劫である。

あまり賢くないせいか、風邪とかもひかず病気知らずでお医者には

ご縁がない。いくとしたら歯医者だけである。

しかしその歯でさえも虫歯はここ7年間ご無沙汰だ。

1年ぶりに歯医者に行く。

まずは虫歯がないかどうかの確認。

で、真の目的はやはりどうしても磨くのが苦手な場所がありその歯石を

取ってもらうことだ。

そして虫歯なし記録は更新される。

毎度、クリーニングが終わったあとは半年後にチェックにこようと

堅く決心するもののやはりノビノビになってしまう。

しかし前回からの歯医者は過去最高だ。

初めて磨く気にさせてくれる歯医者で、

初めて御指導通り磨いている。

歯間ブラシの威力はすごい!

歯肉の健康への貢献度はすばらしいものがある。

今、歯のメンテに使っている道具は、

前出の歯間ブラシ。

そして音波ハブラシで最も信頼できるソニッケアー フレックスケアープラス。

小型ヘッドの歯ブラシ。

こいつは次にリスペクトした歯医者さんの教え。

更に虫歯にもっともならないことに貢献している液体歯磨き。

これからも歯の健康のために。健康のために。 

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

シャトー・レ・ミオドー ベルジュラック 2011

こんばんは、コタローです!

さて、引越しもあと1ヶ月となると、せわしなくなってくる。

今日も午前中は引渡しの説明会がある。

何かと手続き事項が多く、面倒である。

新築は楽かと思いきや中古のほうが手続き事項が少なかった。

逆のような感じがする。

まあ、いずれにしても新居は楽しみだ。

さて、今夜のワインはフランス南西部にあるベルジュラック産の白

しっかりした味わいでミネラル感もタップリあり

デイリーとしてはお勧めとなる。

いつの間にか1本空いてしまう白

かなりOK

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

作陶 大皿(整形)

こんばんは、コタローです!

先週は久しぶりに陶芸作りに励んだ1週間だった。

3日間で大皿3枚創る。

作陶も気分が乗れば毎日でも没頭できてしまうところが良い。

まさにそれが先週。

最近はもう一段階、腕が上がった感じだ(自画自賛)

ちょうど高台の付け根あたりは分厚めとなるが、逆に

他の部位よりやや薄めに仕上げることが出来るようになった。

重量も絞れ持ちやすく実用的にもなってきた。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

ブリス カベルネソーヴィニョン 2010

こんばんは、コタローです!

仕事をいつも通り早々に切り上げ、昨日に引き続き作陶。

どんぶり2つ整形完成。

あともう一つつくればおわり。

最短コースで家に帰る気がせず、2つ先の心斎橋まで

人ごみ多い道を選んで、道頓堀経由で帰る。

いつもは避けて通る人ごみが気にならない。

むしろ金曜の夜の歩行者に溶け込みたいぐらいだ。

しかし1時間ほどの寄り道で家に帰る。

今夜のワインは珍しくカリフォルニア産

カベルネ100%

ブラックベリーがストレートに伝わってくる

しっかりボディのある赤

ぽっかりあいた空間を埋めてくれる赤だった。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

シャトー・ラ・クロワ・サン・ピエール 2007

こんばんは、コタローです!

久しぶりの雨。少し待てば雨が上がりそうだったので作陶する。

4人前ぐらいの煮物が入るような大皿を作る。

なかなか良いラインができた。

小1時間もすると雨は弱まり家路に着く。

さて、夜空も晴れたことだしワインを開ける。

フランス産

メルロ、カベルネ、マルベックのブレンディッド

まさにブラックチェリーの味

結構、いけた。

明日は定例の作陶日。

今日の仕上げ。

の予定。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

六甲全山縦走の練習 Part2

こん晩は、コタローです!

 

 

六甲縦走の練習(後半)。

鬼はいずこに?鬼ごっこ続行。

 

妙法寺からは急な山道が続き、足に負担がかかり始める。

 

 

その後市街地に一旦出て鵯越駅(16.2km地点)に到着する。

ここでメンバーの一人Aさんが脹脛に違和感を覚え、鬼に捕まることを断念しペースを落とす。

残念ながらAさんはその後4km先の菊水山頂付近で鬼に捕まる。

 

 

このとき鬼は、何と我々が2時間かけてきた行程を半分の1時間で追いかけてきたことが判明!

Aさんは更に足が悪化し、その時点でリタイア。そのまま第2会場となる朝日温泉に向かった。

我々はスタートから4時間後の11時少し過ぎた頃に菊水山頂にて早めのランチをする。

 

 

まだ鬼はきていないようだ。ただ近くまで来ている不穏な空気だけは伝わってきていた。

ランチは早々に切り上げ、菊水山を下る。

 

 

少し戻るが菊水山頂付近のプラスチックの階段は菊水だけあって足に効くということだった。

噂通りかなり足にきたため、先程までの軽やかな足取りからは考えられないほど、それは老人化していた。

 

 

菊水山を後にし、アップダウンを繰り返しながら鍋蓋山、再度山を越える。

 

 

六甲縦走で何が辛いかというと、いくつもの小さい山を上り下りするのだが、

一つの山だけでも45回のアップダウンを繰り返さなければならない山があり、

体力が奪われるうえ、メンタルもやられてしまう。

自分も未知の領域にさしかかった25kmを越えた時点で

何度か気持ち的に折れそうになった瞬間があった。

ここは生きるためのメンタルを鍛えるためには良い山かもしれない

 

BBQのメッカの市ヶ原に到着する。みなカレーをつくって楽しそうに談笑していた。

時刻は13時。

かなりペースが落ちてきた。

 再度アップダウンを繰り返しゴールの麻耶山頂に到着する。

 

 

このとき14時15分。7時間強もかけて約30kmを歩く。

最後はかなりのペースダウンとなったが、何とか鬼の追撃からは逃れられたようだった・・・・・。

ある意味、とてもスリリングなトレッキングだった。

 

 

と喜びを分かち合ったのもつかの間、メンバーの一人が携帯にメールが届いていたのを読み絶叫する。

鬼からだ。

「1時過ぎに麻耶山頂到着。今から風呂に向かう。」

いつの間にか鬼にぬかされていたようだ!

でも、どこで?

逆算すると、どうやら菊水でのランチ時に抜かれたようだ。

恐るべし、赤鬼!

 

その後、本日の締めくくりの第三会場である餃子の王将で落ち合い、全貌が明らかとなる。

最後に鬼の素晴らしい太ももの写真だ。

 

 

最近、山を走り抜けるのが流行っているらしいが、凡人から見ると超人的な脚力だ。

鬼は週250kmほど走りこんでいるらしい。

 

次回は2時間のアドバンテージは死守できるよう鍛え上げたいものだ。

麻耶山から弱小組はロープウェイ&ゴンドラに甘え、地上まで降り立った・・・・・。

 

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

六甲全山縦走の練習

こん晩は、コタローです!


この週末は久しぶりの山サークルの号令で六甲縦走の予行練習会
本番は11月で56kmに対して途中経過地点の麻耶山の頂上までの30km弱のコース
これまでの23kmの経験からすると未体験ゾーンとなる。
結果からいうと朝7時に須磨浦公園に集合、スタート。
そしてどうにか麻耶山頂に14時15分に辿り着く。

その行程を写真を交えながら記録する。

今回は8人パーティで7時スタート組4名と2時間遅れの9時スタート組に分かれる。
問題は後半組に赤鬼と青鬼がいる。
この二人はトップレベルのランナーで縦走大会でも赤鬼は5本の指に入る
ツワモノだ。
前半組もみな普通よりは体力と経験があるメンバーで当然、2時間のアドバンテージ
を守りきるつもりである。

個人的な記録になるが、まだ暗いうちから家をでて甲陽園の駅に向かう。


 
須磨浦公園につくころには、晴天の空を見上げることができる。
コンディションは上々だ。


 
登山口

 

出発から2kmの旗振山から明石大橋、淡路島が見渡せる。


 
さて、最初の難関?といわれる400階段。これを登ると標高274mの栂尾山頂。
全く大した事はなかった。


 

更に進み、横尾山を過ぎると有名な「馬の背」に着く。
六甲縦走で一番の名所と思う。
岩の峰をつたっていくのだが、横は絶壁となっており、足を踏み外せばそのまま転げ落ちて
死ぬしかない。
といってもそんな危険な場所ではないが。
 
 
絶壁の写真はこちら↓
 
 
東山を抜けると妙法寺。出発地点から10km。
全く足取りは軽い。ペースもまずまずで鬼もついてこれまい。
 

さて、後半に続く。
 
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

シャトー・ロンフォール 2009

こんばんは、コタローです!

最近は当たり障りのない日が続く。

刺激もなければ、記憶にも残らない日々となっていることだろう。

3週間ぶりに作陶する。

丼に挑戦。明日には整形完成予定。

今のところイメージ通りに進む。

さて今夜のワインはボルドー産

メルロ70%、カベルネ30%

抜栓後、しばらくすると味は落ち着いてきて自然と飲みやすくなる。

熟成感アリ。程よいタンニン。普通においしいデイリー。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

シャトー・レ・グラヴェット・キュヴェ ロームレ 2010

こんばんは、コタローです!

こんな季節の良いときにワインネタばかり。

引越しの準備を筆頭に今年特有の用事があり、自然の中に寝そべりにいくことは

できない。

用事がひとつひとつ片付いていく頃には真冬だ。

関西での初スキーぐらいはできるだろうか・・・。

さて、先の話はその先にとっておき、今夜のワインは

ボルドー産

メルロー70%、カベルネ20%、フラン10%

最近、ここのトレーダーのワインには失望ばかりだが

今回も例外に漏れずハズレだった。

金賞受賞というが何の金賞だろうか・・・・・?

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

アンジュ ラ・セニユリー 2009

こんばんは、コタローです!

一旦、髪を切りたくなるとどうしてもその日中に切らないと

ダメな性分。

この前の土曜に思い立ち、その日は突然の用事が入りキャンセル。

日曜は台風。月、火曜はお店の月に一回の二連休。

そして待ちに待った本日。もちろん、行く気満々。今日行かないことは許されない。

そして会社の終業チャイムがなる。

さて今夜の飲みなおしワインはロワール地方産

カベルネ・フラン種100% 低農薬有機農法

個人的にジャケとビンが好み。

しかし今まで飲んだフラン同様。

個人的にはシロップ系と思う。

そして、本日、

どうしても付き合わなければならない飲みの誘いが入る・・・・・。

明日は陶芸。金曜はどんな予定が入るだろうか・・・・・?

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

ヴュー・シャトー・グルネ 2009

こんばんは、コタローです!

とても過ごしやすい季節になる。

ワインも美味しくついつい夜更かししてしまう。

ボルドー産

メルロ60%、カベルネ30%、マルベック10%

黄金比率かつ2009年のデイリーときたらあまり外れる気がしないが

見事に裏切られる・・。

酸が強く、まとまりがない。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR