コタロー in ハワイ島 にいない!

こんばんは、コタローです!

やっと奴らが御帰還です。

飛行機に乗れない僕は日本で5日間、留守番です。

ザ フェアモント オーキッド

ただただ海を眺める。





にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

「魔法のチョーク」、「事業」 / 安部公房

こんにちは、コタローです!
さて、来週はちょっと遅れての夏休み。

さて、安部公房さんの「壁」から2つの短編の紹介。

「魔法のチョーク」 / 安部公房 『壁』

主人公の画家 アルゴンは、世間に見放され、稼ぎもないため画材の
一切を売り払い無気力な生活をしている。
その彼の手に不意に一本の赤いチョークが現れる。
そのチョークは部屋の壁に描いたものが実体化できる不思議な
チョークであった。

『最初の一週間、彼はこの無限性をはらんだ世界の設計を想って、
もんもんの日を過ごした。
部屋には再びキャンバスが立ち並び、テレピンの匂いが立ち込めた。
何十枚もの下図が積み上げられた。しかし考えれば考えるほど、
問題はどこまでもおしひろがって、ついには彼の手には負えそうにも
なくなるのだった。
思い切って、偶然にまかせようと思ったが、まあ待て、それでは折角
新しい世界を手に入れた意味がなくなる。部分的事実の必然を正確
に捉えるだけでは、それら事実相互の矛盾は、結局彼を再び過去の
世界に引き戻し、飢えにおとしいれぬとも限らぬのだ。それにチョーク
にも寿命がある。世界を捉えなければならない。』

「事業」 / 安部公房 『壁』
 
『私は最近のアメリカにおける豚の屠殺工場を参考にして、生きたままの人間を
全く人手をかけず、すべて機械の自動的操作により、機械から出てきたときには
ソーセージになっているという方法を発見した。
これは非常に意義ある発見ではないか。(中略)私はこの機械をユートピアと名づけた。
なぜなら、私はこの機械の入口にユートピアという看板をかかげ、美しく飾り付けをし、
大々的に宣伝をして、ユートピアを願う人間、すなわち、食用として以外には何の値打ち
もないような人間共を自発的に、自動的におびきよせようというつもりだからである。』

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

「壁」 / 安部公房

こんにちは、コタローです!

まだまだ日中は残暑が厳しいが、日が暮れるのも徐々に

早くなり、夜はうっすらとだが、空気も熱がさめてきたようだ。

さて、最近、はまっている安部公房さんの「壁」。
既に何度か読み返している。

これは3部作からなり次の構造をとる。
第1部 『S・カルマ氏の犯罪』
第2部 『バベルの塔の狸』
第3部 「赤い繭」(①「赤い繭」②「洪水」③「魔法のチョーク」④「事業」)
その中から 『バベルの塔の狸』、『事業』の2作品をピッ・ケラ!
① 『バベルの塔の狸』
謎の動物「とらぬ狸」によって、影を食べられてしまった詩人。
彼は「目」しか可視化できない透明人間となった。彼は、とらぬ狸にバベルの塔に連れて行かれる。
あとは唯一、可視化されている「目」を与えれば、彼はバベルの塔で生きていくことができる。
しかし・・・・。
②『事業』
とてもショッキングな逝かれた内容だ。
事業とは、この主人公が世の食糧不足に対して巨大化させた鼠を開発し、
その鼠肉でソーセージを製造販売し好評を得る。
その巨大ネズミがアクシデントで脱走し、工場の従業員と妻、家族を食い殺す。
男は、その人肉を使って、タブーの人肉ソーセージに行きつく。
最初は死体の肉を使っていたのが、材料不足から生身の人間を材料に
作るようになる。人肉の対象は生きていてもしょうがない人の肉を使うことで正当化
しているが、理不尽極まりない。

その他、本書には芥川賞を受賞した「S・カルマ氏の犯罪」もあり、かなりお勧めの短編だ。
当分の間は安部公房さんの作品を読み漁っていくのだろうか。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

ディオニスス・リゼルヴァ・ブリュット・ナチュレ カナルス&ムネ

こんばんは、コタローです!
 
 
 
さて、先日、コメントしたカナルス&ムンネ Cava インスパラブリュットと同じ蔵の。
お店の人のコメントは極辛口。
多分、その店員さんのコメント間違いだったのだろう。
 
本日のCavaは瓶熟20ヶ月以上、発砲はやや強めだが、果実味もしっかり感じられ
きちっと温度管理すれば泡に柔らかさも感じられる。
チャレロ60%シャルドネ30%マカベオ10%
購入額2000円ぐらいだと、まだまだ、これは!というCavaには出会えないかも。
それならいつも夏になったら手軽に買えるフレシネはとっても飲み口が良い!

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

淡路島の某海水浴場

こんにちは、コタローです!

        

8/18(土)淡路市にある某海水浴場に浮かびに行ったときの記録。
西宮の日中の気温35度
一方、淡路市は2度低い33度。
この海水浴場はネット検索でプライベートビーチ感覚
で使える穴場のビーチということでいってみた。
ナビ設定はビーチの真ん前にある民宿で難なくたどり着ける。
ただ、最後の曲り口はかなり狭いので一旦、Uターンして右折で
入るほうが無難だ。
ビーチの前には10台ほどの無料駐車スペースがあるが、
その日はお昼前で8台程度の駐車で余裕があった。
但し仮に満車でもそのお隣に空き地(約10台)があり500円で駐車が可能。
その他、シャワー、トイレ(いずれも無料)、自販機があり最低限のものは
揃っている。更衣室はない。ただ民宿で温水シャワー+更衣で400円だ。
あと食料は事前購入必須。高速降りてすぐのファミマで調達すべき。

さて、ビーチだが、プライベートビーチというほど洒落たものではないが
比較的、透明感のある海で眺めもよくゆっくり過ごすならば、
かなり最適な場所といえる。
また防波堤のおかげで波はなく、地平線を眺めながら安心して
プカプカ浮かんでいられる。
とにかく無心状態になれる良い空間だ。

魚はカラフルな奴はほとんどいないばかりか見つけるのが難しい。

唯一、撮ってみたのがこれ↑
因みにお盆明けはクラゲが気になるが全くみなかった。

 
 
家から距離的にも70kmと時間さえ間違えなければ手軽にこれる所
なので、また是非、浮かびにいきたい場所だ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

「S・カルマ氏の犯罪」 / 安部公房 『壁』

こんにちは、コタローです!

この季節の空は雲が綺麗だ。

 主人公カルマ氏はある朝、自分の名前をどこかに落としてしまい、
もはや誰でもなくなってしまったことに気付く。
その代わりに、カルマ氏は、目に見えたものを胸の中に吸い取る能力
を身に着けた。
カルマ氏が世界のなにもかもを胸に吸い込むことで、そこで成長する壁は
カルマ氏の体を突き破って成長し続けてしまう。

『世界の果てに旅立つものは、単にこの世界から脱出するもののみならず、
同時に、この二つのポール(両極という概念。例:北極と南極、自分の部屋
とそれに対立する極)を結びつけるという重大な使命を帯びた使者である・・・・・
あるいは、自己のメッセージとして自己に贈り届ける使者である!』

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

Mgh2の効用(中間結果)

こんばんは、コタローです!
 
 
Mgh2(水素とマグネシウム)を飲み続けて、1年半が経つ。
当初の目的は、被爆対策、老化を遅らせること、そして二日酔い対策だ。
Mgh2の効用(マグネシウム→筋肉の動きを調整、神経の興奮を鎮める、
骨の形成を助ける働、動脈硬化を予防・治療)については過去のブログを参照。

http://pub.ne.jp/yuritomo/?entry_id=3804622

二日酔い対策はその効果が明らかで、Mgh2を摂取してからは
二日酔いとは無縁である。
そして老化を遅らせること、こちらはそもそも○▲歳まで生きるのが
◎◎歳まで寿命が延びたことを示さない限り、比較しようがないが、
ひとつの評価として、より体が健康になればより長く体を維持できると
考えれば、健康診断の推移をみることも重要な判断材料となる。
そちらがこれ。

①2007~2009年

 
②2012年
問題の明らかに悪化傾向にあったHDLコレステロールは大幅に改善
されているのが分かる。
来年度もこれが継続されれば信頼度はかなりUPするのでは。
 
 
現在40代前半だが、2年前と今年の健康診断の結果だ。
35歳までは全ての数値が良かったが、それ以降は老化の一環だろう、
一部の項目について正常値を外れるようなり2年前の結果の状態が
続いていた。しかしそれから2年間の間、Mgh2を毎日摂取することで
全ての項目が正常値に改善された。これは素晴らしいことだ!
またフィットネスの後は必ずMgh2を摂取するようにしているが、
こちらも飲んだ30分後には体が軽くなり、疲れが急激に緩和されることを感じる。
いずれにしても全くの病気知らず、健康体そのものだ。

残念なことにまだ日本ではMgh2は食材として認定されていない。
一部の人の間でしか使われていないのが現状だ。
ただ、最近は水素に関する研究が進められ、いくつか実験結果もでてきたことから近い将来は
Mgh2を摂取することは一般的になっているかもしれない。

ご参考までに水素関連の資料を。
(最近の記事)→こちらのリンクは切れるかも


http://sankei.jp.msn.com/life/news/120810/trd12081016320012-n1.htm


(水素の効果が詳しく書かれているサイト。被爆対策に水素が良いことも触れられている)


http://shigeo-ohta.com/%e6%b0%b4%e7%b4%a0%e7%99%ba%e7%94%9f%e6%96%b0%e7%b4%a0%e6%9d%90/

 

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

コルテレンツィオ ルモ 2011

こんばんは、コタローです!

今日は暑さから逃れるためにライフジャケットを持って海に浮かびに行った。

プカプカ浮かんで空を眺めると透明になる。

詳細はまた明日。

今日は疲れを癒すべくさっぱりした白を飲んで寝る。

イタリア産

ピノ・ビアンコ 50%、シャルドネ35%、ソーヴィニヨン・ブラン 15%

ライトで飲み易い。

 

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

作陶(本焼) / 小鉢(乳白・志野)

こんにちは、コタローです!

相変わらず日中は35度前後の猛暑日。しかし夜の気温は25,6度に落着き

何とか眠れる状態となる。

 

      

 

さて、最近は10年のブランクが埋まってきたのか、イメージに近い作品が

出来上がってきた。部分的に肉厚の箇所もあるが、トータル重量も日常使い

に耐えられる重さのものができるようになった。やはりコツをつかんでくると

作陶は更に面白い。

今回は5つ本焼きが完了し、内、まあまあのできの2作品をピックアップ。

 

1つ目は「乳白」の釉薬をかけたもの。

信楽の荒めの肌と柔らかい白色が上手く絡み合っている。

当面はこの「乳白」をかけていこうと思う。

 

 

2つ目は「志野」の釉薬。

今回は白系のお皿を作ろうと思いこの2つの釉薬を選んでみた。

「志野」のほうは透明のため土の色や肌が良くわかる。

貫入も目視で良くわかるので、使い込んでいくとより味がでてくる。

土は信楽の土で白:赤を73の割合で混ぜたため、釉薬掛けの仕上がり

は少しイメージと異なってしまった。

次回は白土100%で再挑戦してみることにする。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

「ウエー 新にんげん狩り」 / 安部公房?

こんにちは、コタローです!
最近、よく読書をする場所はここ。


フィットネスクラブのプールサイド。
ちょうどビルの最上階がプールとなっていて解放感がある。
但し夙川駅前のためそこまで眺望は良くはないが、
リゾート気分?でいける。これでCavaとか飲みながらだと最高だが
一応、フィットネスということで×。 

 
さてその第1弾。本の紹介。
安部公房さんの作品は、過去に「砂の女」を読んでいる。
感想はいずれ再読したときに取っておくが、彼の作品は
非現実的な世界を描いているように見えるが
全て現実の世界と置き換えることができるネタで構成されており、
その現実の実態をするどく浮き彫りにしてしまう恐ろしさを秘めている。
 
今回の作品「ウエー 新にんげん狩り」(表題はかなりイカレている)もとても恐ろしく
素晴らしい作品(演劇の台本の形式をとっている)だ。
その舞台は、動物から発せられる「気」=アニマル・スピリッツによって
精神病を治す診療所。所長はお金持ちのお医者さん。
ある日、その診療所に巨大な荷物が届く。送り主は覚えのない者。
荷物の中は、人間そっくりの動物「ウェー」(男女のツガイ)である。
見た目は人間そっくりだが、人間のような文明を持ち合わせていないという。
ウェーの特徴は繁殖能力に優れ、発育が早く半年で成人になることだ。
そのウェーは2日間無料お試し期間。
もし興味を持てば、ウェーを高額(8625万円?)で買い取ることができる。
 
しかしウェーは人間であった。
お金持ちのお医者さんから金をだましとろうとした息子の妻の姉夫婦が、
ウェーになりすましだ。
しかしお医者さんはウェーの魅力にとりつかれてしまった。
ウェーを精神病の治療に利用するばかりではなく、その強力な繁殖能力を活かし、
労働力や兵士として売り出す事業を思いついてしまう。
最初はウェーの魅力に惹かれたが、いつの間にか金の魅力に変わってしまったわけだ。
 
ウェーが「自分たちは人間だ」と告白しても、お医者さんはそれを認めようとしない。
ウェーが人間であると認めれば、莫大なお金のなる木が全て水の泡になってしまうからだ。
その他の登場人物はウェーが人間であること知っているにも関わらず(物語の経緯上)、
その真実を強制的に否定され、檻に入れられることになる。
更にウェーを演じた男女も、ウェーにとりつかれてお金に目がくらみ頭が逝ってしまった
お医者さんまでも檻に入ってしまう。
つまり登場人物全員が檻に閉じこめられてしまうのだ。
 
しかし、ただひとり檻に入れられなかった人物がいる。
精神病の患者である。
その患者は人間そのものに対して嫌気が差しており、ウェーのアニマル・スピリッツ
による治療を受けていた。
治療中、ウェーを演じる「人間」の言葉をきくが、それを本物の
ウェーの言葉と勘違いし、完全に精神が崩壊しウェーになってしまう。
その患者は全員が閉じこめられた檻を尻目に、「みなさんもウェーになりましょう」と
つぶやきながら去ってゆく。
 
粗筋だけ書くと単に逝かれた話だ。
この物語が示しているのは、権力によって真実は簡単に歪められる、ということだ。
診療所の中では、金による買収や、お医者さん(=権力者)によって、人格は労働力や兵士
とされ(「モノ」扱い)、人格は人格として扱われない。
つまり人間が人間であることを決めるのは権力次第であるということ。
人間社会における「権力」と「人間存在」の構図をえぐり出した素晴らしい作品だ。
人間の欲望は、「金」、「権力」、そして「永遠の命」とくるのだろうか。
まだ永遠の命までの技術がないから、若さをできる限り保ち、より長く生きることが
人間の最大の欲望かもしれない。
「金」、「権力」は、他の人間を従える欲望なのではっきり言って他の人間にとっては迷惑なモノ。
それに比べ第三の願望は自分自身への投資(他人の生血や臓器をもって達成する場合も
あるか・・・。)なので真っ当なモノと思えるがどうだろう。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

シャブリ 2010 ジェラール・トレンブレー

こんばんは、コタローです!

ブルゴーニュ産
シャルドネ100%


ミネラル感たっぷりで優しい蜜の味わいもあってGood!
キレもよく、バランスも良い。

かなり良い!

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

天橋立~伊根~丹後半島ドライブ

こんにちは、コタローです!

地平線が見える風景は気持ち的にとても開放される感覚を与えてくれる。

細かいことは全て忘れて。

    

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

カナルス&ムンネ Cava インスパラブリュット 2006

こんばんは、コタローです!

最近、夙川にできたワイン屋さん ミルコートにちょくちょく買いに行く。

そちらで仕入れたCava 

スペイン産 

マカベオ 40%、チャレーロ 30%、パレリャータ 30%
更に瓶熟成25ヶ月以上。

これと同じ蔵のCavaも仕入れ、まずは優しいきめ細やかな泡のほうから

戴くことに。アーモンドのニュアンスも感じられると勧められた。

因みにもう一方は超辛口のコメント。

が・・・。

こちらは超辛口。

かなりキツメの発泡。

若干、温度調整するもやはり辛口。

おいしかったけど。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

ルナ・パルパドス

こんにちは、コタローです!

 

お盆休み最終日の今日は朝方までの雨のお陰で気温は30度を

下回り、過ごしやすい。

さて、今回、御紹介のお店は苦楽園にあるスペイン料理の

ルナ・パルパドス( http://lunaparpados.com/ )のランチ

地下にある落ち着いた感じの大人のお店。

素材のこだわりと独創性のある、そのお料理ははじめての味わい。

特にソースは色使いといい、深い味わいで真っ白なお皿に

盛り付けられた芸術作品だ。

とても価値あるランチで季節毎に訪れたくなるお店だ。

カウンターもありバルとしても使ってみたい。

上記のスープはアーモンドとニンニクのスープに葡萄が入っている。

これが絶妙に美味しい!

デザートはロールケーキ、プリン、茄子のコンポート。全て芸術の1品ばかり。

これだけのおもてなしで2625円はありえない美味しさだ。

 にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

女性アスリート達の活躍

こんばんは、コタローです!

短いお盆休みも残すところあと1日。

長かった4年に1度のオリンピックも終わり、寝不足を解消しなければならない。

 

今年のオリンピックは女性アスリートの活躍が印象的だった。

柔道の松本、レスリングの吉田。

あの鬼気迫る眼光がもし目の前に迫ってきたならば、背を向けて

逃げ出すしかない。

 

噛まれると痛い。

伊根の舟屋

こんばんは、コタローです!

今日もまとわり着く暑さの西宮。

夜の今は風が部屋の中を良い具合に通り過ぎており、何とか

その風を頼りに過ごしている状態だが、この心細い風が

ピタッとやんだ時が最悪だ。

ちょうど1週間前の西宮は35度超え。夏のピークだ。

そのときはここよりも2度ほど低い伊根の舟屋にいた。

舟屋のドックで釉薬掛けをしている人に出会う。

趣味が転じて陶芸家をされている伊根工房・ギャラリー舟屋にお邪魔する。

喫茶ルームのすぐ向こうは船着場。

水面からすぐ上に2段階のコンクリートの基礎がある。

その上に柱が横たわっているが、その基礎の上にちょこっとのっているだけとのこと。

この状態が明治からずっとこのままだというこから驚きだ。

台風や嵐による大しけの海でも被害を受けず、舟屋は今の時代も生き延びている。

その舟屋を支えているのが、その基本構造が合掌作りによるという。

ちょうど喫茶ルームの2Fから撮った構図だが横の太い梁で緩やかな傾斜のある

壁を支えている。

2F手前の椅子の横に斜めに置かれているのは鯨漁用のモリだそうだ。

しばらくお茶を御馳走になりながら、舟屋の歴史を聞かせていただいたり

陶芸の作業場を見学させて頂いたりと、ゆっくりとした時間を過ごさせて頂いた。

次回は暑さが落ち着いている秋か春に訪れたい。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

 

カヤック in 伊根町 舟屋

こんばんは、コタローです!

ここは日本のヴェニス?

天橋立から20分強の距離にある。

朝8時過ぎにはエントリー。

場所は郵便局近くの船着場より。

穏やかな海に滑り出す。

青島のお陰で湖とほぼ変わらないコンディションだ。

無人島 青島に上陸。

上陸した場所には神社しかない。ちょうど日陰となっていてゆっくり体温を

下げるために休息をとる。

下はエントリー場所の風景。

舟屋。とても落ち着く空間だ。昔ながらの風景のせいだろうか。

このあと1軒の舟屋にお邪魔することになる。        

 

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

 

里のやど 川尻

こんばんは、コタローです!

さて、天橋立でお世話になったお宿 川尻

今回はコタローとオヤジの二人ということで民宿だ。

立地と温泉優先、そしてプライス重視でチョイス。

民宿だがHPはなかなか期待をもたせてくれる。

温泉は写真どおり。いやそれ以上に良い。

あとも、うん、そうかという感じで、期待を膨らませなければ十分に受け入れられる宿だ。

金曜というのにすごい宿泊客だった。部屋数も異常に多く、

民宿レベルではない。旧館新館とあり20部屋はあるだろうか?

14,15部屋は埋まっていたのではないか?

とにかく立地と風呂は期待通りだった。

お世話になりました!

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

作陶(本焼) / 小丼ぶり

こんにちは、コタローです!

天野橋立の双龍の松の片方の中から。

さて、陶芸室に行くと本焼上がっていた。

抹茶茶碗っぽい子供用丼ぶり。

信楽の荒い土の素材感が良い雰囲気♪

最近の作品は信楽の白:赤=70:30のブレンディッド

白系の釉薬だとベースの色具合がでてくるんだろうけど。

 にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

カヤック in 天橋立

こんにちは、コタローです!

天橋立までは甲陽園からクルマで2時間ちょいの気軽に行ける距離にある。

朝9時に出発し11時過ぎには天橋立を端から端まで凡そ3km弱を歩き始める。

                 

出発地点は伊根町方面から。今夜の宿がそちら側の橋のふもと位置する。

ゆっくり1時間ほどかけて向こう岸に到着。逆サイドのほうが繁華街となっていて賑やかだ。

喉が渇いていたので、ビーチサイドのCafeに入り、喉を潤し、軽いランチ、宮津バーガー

なるものを戴く。サーモン入りのハンバーガーだが、ちょっと酸っぱめ。今二つだった。

再び小1時間ほどかけて宿に引き返し、夕方に向けてカヤックの準備を始める。

昼間に比べ暑さは若干緩むがまだまだ暑い。

カヤックは、内海で楽しむことにした。エントリーは伊根町側に橋のふもとに

海の家?があり、その前の駐車場 目の前からするっといける。

内海なので比較的、海は穏やかで夕方に向けて空をボーっと眺めていた。

 下は翌朝の内海。全く波もなく湖面のようだ。

  にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ にほんブログ村 

   

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR