FC2ブログ

ソウルの裏路地

 こんばんは、コタローです!

この1週間は韓国ウィーク
日夜関係ない仕事の合間を縫って
ソウルの宿泊ホテルの裏路地を散策

20180207_081251.jpg20180207_080911.jpg 
20180207_081038.jpg

朝の裏路地
既に8時をまわっているが、人影は少ない
日本だとこの時間なら路上は人混みで埋め尽くされている

20180207_080802.jpg 20180207_072454.jpg
20180207_115126(0).jpg


グレー色の餃子
見た目は良くないが、味は非常に旨い
あまりの旨さに韓国の友人の分もたいらげる

20180207_114334.jpg20180207_081451.jpg 20180207_081309.jpg 
20171207_130333.jpg

20180207_081340.jpg 20180207_081547.jpg   

桃源郷なる風景 西湖(杭州の旅)

 こんにちは!コタローです!
ちょうど7日前の風景
仕事で初めて杭州を訪問する。
宿泊したシャングリラホテルの目の前は西湖
中国の中にある古き良き澄んだイメージが形になった風景

いままで訪れた中国の都市の中では、一番、和みを感じる
場所だった。

BCGでの初海外仕事

 こんばんは、コタローです!

11月末から12月2日まで韓国のパートナー企業と仕事


C360_2016-12-01-13-37-51-532.jpg
金浦空港から公州に向かう途中でドライブインのようなところに

飲食が密集している場所に立ち寄り、そばを頂く

ローカルで庶民的な店だ。地元では有名店らしく、とうに昼食時刻を

過ぎているが、ひっきりなしに人が入ってくる

C360_2016-12-03-21-28-12-133.jpgC360_2016-12-03-21-28-41-101.jpgC360_2016-12-03-21-29-15-090.jpgC360_2016-12-03-21-29-45-877.jpg
パートナー企業との有意義な交渉を終え、翌日の水素フォーラム会場付近の

これまたローカルなホテルに泊まる。

翌朝、近辺を散策し数枚、写真におさめる。

下のビラビラのといた一見、いかがわしそうなホテルは宿泊ホテルではないが

似たようなホテルだった。

韓国のローカルホテルはどれもこんな感じが普通だという。

ホテルのある一角はキャバレー?や板金屋さんやらが入り混じった

統一感のない街並みが違和感のある興味をそそった。

C360_2016-12-01-08-20-11-573.jpg C360_2016-12-01-08-14-32-950.jpg C360_2016-12-01-08-12-47-585.jpg C360_2016-12-01-08-12-20-530.jpg C360_2016-12-01-08-20-46-985.jpg

前後するが、宿泊前に立ち寄ったプルコギやさん

こちらも有名店とのことで賑わっていた。

ここでは栗のマッコリを頂いた。

栗のほんのりした甘みとシュワっとした発酵感でスルスルと飲みやすく

プルコギとのマリアージュもばっちりであった
C360_2016-11-30-19-50-27-501.jpg C360_2016-12-03-21-27-33-247.jpg C360_2016-12-03-21-23-40-575.jpg C360_2016-12-03-21-26-21-859.jpg 

今回の2つ目の目的である日中韓共同の水素フォーラム会場

公州市  チュンチョンナムドにある。

自分の席は中央の前から3列目と良い席を準備していただいた。

聴講者の日本の水素技術への関心は非常に高かった。
C360_2016-12-01-13-40-51-242.jpg C360_2016-12-01-09-17-42-434.jpgC360_2016-12-03-21-25-35-914.jpg C360_2016-12-01-13-39-23-192.jpg
C360_2016-12-01-13-40-23-190.jpgC360_2016-12-01-13-38-53-307.jpg
夜はチュンチョンナムドの知事にご接待頂く。

隠れ家のような料亭で、当たり前だが上品なお料理の数々であった。

酒は高麗人参を漬けた醸造酒(度数12.5%)。

これが非常に旨く、飲み飽きない味だ

勢いあまって2本近く飲んだが、寝るころにはいい感じで

酔いも抜け、ぐっすりと眠ることができた。


ずっと通訳がついていたが、彼女たちは箸もつけづ、ひたすら

空腹の中、仕事に没頭していた。

暗号のようなメモを取りながら正確に訳していたと

仕事仲間のまっちゃんが言っていた。

密度の濃い韓国での時間であったが、日本で毎日放映されている

デモの混乱の様子は、この公州では微塵も見ることはなかった。


C360_2016-12-03-21-12-00-043.jpg C360_2016-12-03-21-17-19-409.jpg C360_2016-12-03-21-22-36-385.jpg C360_2016-12-03-21-11-34-064.jpg C360_2016-12-03-21-10-07-818.jpg C360_2016-12-03-19-02-39-738.jpg C360_2016-12-03-21-10-39-690.jpgC360_2016-12-03-21-14-53-044.jpg

ゆったりとした休日 われもこう

 作成中~!

こんばんは、コタローです!

手入れの行き届いた芝のうえでゆっくりと
原村の「われもこう」さんにお邪魔した

DSCF3736.jpg



DSCF3749.jpgDSCF3651.jpgDSCF3664.jpgDSCF3747.jpgDSCF3679.jpg

意外と大容量のペンション
清掃は行き届いていて気持がよい

DSCF3666.jpgDSCF3662.jpgDSCF3674.jpgDSCF3697.jpgDSCF3698.jpgDSCF3722.jpgDSCF3712.jpg 



DSCF3692.jpg


エントランスのアーチをくぐると、素晴らしい庭が

ペンション村には気軽に散歩できる小径もある



DSCF3709.jpgDSCF3707.jpgDSCF3711_201608151740362bb.jpg

庭側のエントランスからすぐ右手にダイニング・スペースがある
しっとり馴染む空間

天井の半分が庭に咲いた花のドライフラワで覆いつくされる


DSCF3701.jpg

DSCF3725.jpgDSCF3726.jpgDSCF3738.jpgDSCF3733.jpgDSCF3731.jpgDSCF3743.jpgDSCF3739_2016081518081685c.jpgDSCF3753.jpg

DSCF3727.jpg

良い庭だ

DSCF3686.jpg

ビワドッグ&ラ・コリーナ

 
こんにちは、コタローです!

③01430032

もう一月半も無職だと曜日の感覚は全くなくなる

小旅行記録

琵琶湖畔は思いのほか夏を忘れさせてくれるぐらい
涼しかった
ただ海のような湖を歩いたり眺めたりして過ごす

帰り道に近江八幡にできた「たねや」のラ・コリーナに立ち寄る
屋根の芝もすっかり生え揃いイメージが形になったようだ

①DSCF3637①00270015DSCF3552.jpg⑤DSCF3647
③DSCF3641④DSCF3644②DSCF3638⑥DSCF3642②01110024

乗り出すコタロー

ビワドッグは完全に犬のためのホテル

一人前に席も用意され、人間と同じように食事を楽しむことができる

コタローは自分が犬だなんて一度も思ったことはないのだ

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR