FC2ブログ

陽気な一日 砥峰高原

 こんばんは、コタローです!

①DSCF1697

この休日は、好天だが、いずれもちょこっとした用事が
あったのでうまくやりくりして少し足を伸ばして
砥峰高原までドライブ&散歩に出かけた



②DSCF1687


ここはススキの時期が有名だが、今の新緑の青と緑の
風景のほうが清々しい美しさだ

③DSCF1695

来訪する人はほとんどいない
貸し切りだ

④DSCF1699

⑥DSCF1706 - コピー

⑤DSCF1701

気持ちの良い場所だ!

⑦DSCF1684

六甲山トレ

 こんにちは、コタローです!

IMG_1060.jpg

すでに近場の山登りの快適な時期は
とうに過ぎているが、時間が有り余って
いたこととトレーニングもかねてJアマノに
声をかけてお気に入りの六甲山トレーニング
コースを登ってきた。

IMG_1066.jpg

メンバー:Jアマノ、コタロー
コース:芦屋川駅~地獄谷~ピラーロック~キャッスルウォール
    ~荒地山~お多福山~岡本駅
活動距離:13.7km





IMG_1076.jpg

IMG_1094.jpg


IMG_1057.jpg





究極の山めし、某源流沢泊

 
こんばんは、コタローです!

新緑は山の美しさが際立つ季節の一つだけど
この時期は、恒例の某源流で御馳走三昧の
沢泊が楽しみな時でもある

☆DSCF1634

メンバー:山童子さん、NPさん、カッパちゃん、Moriyoさん、かずぞうさん、コタロー
コンディション:ː超晴天、無風



パラダイスに行くには、短時間ではあるが劇登りを征しなければならない。
例年より7~10日早く石楠花が満開になっている
これを見るのも一つの楽しみだ

①DSCF1584

尾根を越えればパラダイスが待っている

②DSCF1594

まずは今日の宿作りから。
色とりどりの寝床を作って昼食をとる

こんな景色のなかでラグジュアリチェアに
ゆっくりと腰をかけフランスパンにハムと
2種類のチーズをはさみ、ゆるりとした時間を過ごす

これだけでも十分に寛げる贅沢な時間だけど、
この沢泊では、こんなの序の口でそれ以上の
極上の時間が次から次へとやってくるから堪らない

③31431213_1687684624642227_6355955139915520837_n

アマゴです

④31444703_1687684597975563_1869059597848869154_n

腹を満たしたら、今夜のメインディッシュを
捕りに漁に出る

⑤DSCF1606

新しい緑と青空、そしてまだまだ冷たいけど
沢靴を源流に浸しながら、ゆっくりと釣り上がる

⑥DSCF1607

川から今日の宿場を眺める

⑦DSCF1613

漁から帰ってきたカッパちゃん
今年も大漁です!

⑧DSCF1620

山の恵みに感謝

⑨DSCF1617

保険メシのエビのフリッテ
白ワインを合わせて。

⑩DSCF1624

NPさんの保険メシ
アスパラガスと鶏のローズマリー炒め
旨味たっぷり
ワインが進む

⑪DSCF1628

アマゴの大葉天ぷら
これ、一回食べると病みつきになるというか
食感、香り、旨さといったら、これ以上のものを
探すのが難しいくらいの一品
ワインとの相性も抜群!

ありえない極上のお料理が山の中で味わえる



⑫DSCF1630

カッパちゃんの(奥様の)保険メシ
アマゴの甘露煮
しっとりとした食感に優しい甘味が
ロゼに合う!

⑭DSCF1636

あまご骨のカリカリ揚げ
山の恵みは残さずいただきます

独活の天ぷら
独特の癖になりそうな香り
これまた極上!

⑯DSCF1637⑮DSCF1639

ピントが外れたけどフカフカ・スィーツの焼き芋
幸せを何度も感じる

⑰DSCF1642

じっくり、じっくりと薪の炎をあて
余分な水分をとって、旨味を凝縮させる

アマゴ串はロゼでゆっくりと流し込む

これ以上にない至福の時

⑱31514834_1687684841308872_7966663209422668651_n

翌朝、カッパちゃんからテンカラ指導を受ける
帰ったら練習しないと!



⑲DSCF1654

束の間の桃源郷をあとに

⑳DSCF1661


㉑DSCF1663

ミツマタの花

こんばんは、コタローです!

自然の美しさと強さにより近く近づけるように
なったのはカヌー部長のおかげで、リバーカヤック
をやり始めたことがきっかけだ。

既にカヌー部長が川を引退されてから2年が過ぎるが
今は山に入ることで、いろんな美しい風景の便りを
ブログを通じて知らせてくれている。

DSCF5162.jpg 

その中でも今の季節、そしてこの場所でしか
見ることができないミツマタの花




DSCF5194.jpg

その群生が綾部の山にある

DSCF5159.jpg

下から見上げれば、向日葵の黄色の姿を見せるが
普通の目線からは白い純和風の風景がひろがる

DSCF5151.jpg

可憐


DSCF5196.jpg

咲き乱れるミツマタの華

DSCF5164.jpg

懐かしい記憶の風景

DSCF5211.jpg

本日の昼食会場
ミツマタの花を見ながら、バーナーで湯を炊き
暖かいランチをとる

横手には小川が流れる

DSCF5178.jpg

ミツマタは、その枝が三つに分かれるために「ミツマタ」と呼ばれる

DSCF5169.jpg

実はこの花、中国中南部・ヒマラヤ地方が原産地

DSCF5189.jpg

ミツマタの皮は、和紙の原料
そのイメージがわきそうな1枚

DSCF5213.jpg


帰り際、思いがけず奇跡が起こる

多分、数分でも違えば、その奇跡には出会えなかっただろう
ミツマタの群生の中、目の前にカヌー部長がいた!
数日前までハワイに行っていたのは、ブログの便りで知っていた

2年ぶりの再会
こういう偶然は何物にも代えがたい瞬間である


DSCF5215.jpg

地のものであるトチ餅のぜんざい
とても粘りがある柔らかい食感
それ以上に栃のえぐみ、苦み、渋みをふくめた
自然の味が静かに詰まった味わいが感じられ、
するりと心地よくのどを通過する。
自然の味がいっぱいの、これまた贅沢なヒトシナだった

青空ランチ

 こんにちは、コタローです!

池の畔にラグジュアリー・チェアをおいて
青空ランチ

こんな景色がすぐそばに

DSCF1549.jpg

天気が良いので近場の六甲 横池に。
地獄谷~ピラーロック~横池

DSCF1536.jpg

早めのランチだったので貸し切り。
ランチ中に若猪のお客さんがきたが、あっちにいってくれと
いったら素直に後から来た登山客を襲いに行ってしまった。







プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR