涼を求めて六甲で沢

こんばんは、コタローです!

山仲間は同じころ、本格的な沢登り

こちらはと言えば・・・

ヘルメットを被り登山のカッコの者たちの中に
普段着にトートバッグ、そして靴底がツルツルの
ランニングシューズで登る友人

DSCF0312.jpg

このスタイルで地獄谷の前に立つ

DSCF0307.jpg




その後、ピラーロックと行き、いつも通りキャッスルウォール、
荒地山、お多福、岡本に抜けるコースを予定していたが、
ピラーロックで足が痛いというので、整備された通常コースで
岡本まで歩く 

DSCF0325.jpg

横池でくつろぐ俺
今日の目的である新調したラグジュアリー・チェア
800gで破格の2400円


DSCF0326.jpg




少し重いがなかなか寛げた

DSCF0329.jpg

覚醒、クライマー!

 
こんばんは、コタローです!

なぜ彼はこんな壁に張り付いているのか?

危険な遊びはしない約束だった・・・
しかし彼は部分的には垂直を超えた壁を通過し、
その上を攀じ登っている
それもビレイなしで・・・。

よく見るとクライムシューズではなく、トレランシューズだ
更にすり切れ、よれた100均のゴム手袋に命を委ねている
青空の元、無謀なクライム

DSCF0240.jpg




下界の気温は30度弱ともなれば、もう沢の季節だ

太陽の光は、鬱蒼と茂るこぼれ日となって心地良く
沢の水をキラキラとさせる

20170527六甲地獄谷~甲陽園_170528_0022


シャワークライムとまではいかないが
谷間を緩やかなヒンヤリとした風が抜けていく

20170527六甲地獄谷~甲陽園_170528_0023

メンバー:J.アマノ、コタロー
コース:(7:10)芦屋川⇒地獄谷⇒ピラーロック⇒キャッスルウォール⇒
     梯子岩⇒荒地山⇒お多福山⇒六甲山頂⇒奥池⇒ゴロゴロ岳⇒
    (14:25)甲陽園(ツマガリ) 7時間15分 19.7km


DSCF0223.jpg



DSCF0225.jpg


DSCF0232.jpg

そして問題のシーン

DSCF0243.jpg

本日のコースで見所といえば、前半の梯子岩までとお多福山山頂のみ
あとは本日も目的であるトレーニングのためだけのコースだ

20170527六甲地獄谷~甲陽園_170528_0017

良く晴れた日のピラーロックは異国感があって良い

ピラーロックの岩はもろく、最近のライト登山の流行りで
随分と風化が早まっているようだ。

DSCF0249.jpg

間違ってもこんな壁はやりたいとは思わない
落ちたら痛そうだ

DSCF0268.jpg

岩梯子を登ったJ.アマノ

DSCF0273.jpg

六甲はいろんなスポットがあって
名所めぐり感覚で楽しめる

DSCF0281.jpg

本日の昼食会場 お多福山
そよ風が気持ちよく、開放的な風景だ

DSCF0285.jpg

六甲山頂から苦楽園方面に抜ける道は
利用者が限られるせいか、荒れている
下の写真は藪漕ぎだが、単にルートロスしただけだ

DSCF0287.jpg

さすがに20km弱歩いたのは疲れたが良い運動になった


DSCF0290.jpg



奈良吉野山 千本桜

こんばんは、コタローです!

今年の桜の見頃に出会うのはなかなか難しい



可憐な風景の一コマ

DSCF4395.jpg

桜の名所 吉野の千本桜

家を出たのが6時過ぎだったため現地入りが8:20
予定していた吉野山観光駐車場は満車で
如意輪寺近くの民間駐車場に誘導される

DSCF4408.jpg

今年は中千本が満開日でかつ青い空の日を狙っていった

DSCF4452.jpg

メンバー:ワイフ、リアルコタロー、コタロー
活動距離:8km(如意輪寺下~吉野水分神社)8:18-13:15

DSCF4399.jpg

吉野水分神社の枝垂桜はほとんど花をつけていなかった
やはり今年は気温が低いらしい

DSCF4425.jpg

青い空の下の桜は花びらの多さが際立つ

DSCF4444.jpg

紅葉狩り 明神平-薊岳

こんばんは、コタローです!

久しぶりの山歩き

メンバーは山童子さんとコタロー

大又駐車場(7:30)→明神平→薊岳→大又駐車場(12:55)の周回

活動距離:10.2km

コンディションは良好

①DSCF4001





朝方は青い空に薄っすらと雲が滲む

②DSCF3971

明神平のシンボル風景 あしび山荘
ここまできっかし90分
駐車場が異常に賑わっていたのは、ここ明神平の色とりどりの
テントの数を数えれば納得。
目視しただけで11ハリ。


③DSCF3973

感じのいい場所
こんな場所でテンパクしたい

④DSCF3975

秋の風景

⑤DSCF3976


遠くにあしび山荘を望む
今年の紅葉は少し枯れ色だ

⑥DSCF3994

オレンジと水色のコントラスト

キレイな風景の瞬間

⑦DSCF3998

尾根伝いに景色を眺めながら

⑧DSCF4004

写真の中央にみえるトンガリがこれから目指す薊岳

遠くに見えるが明神平から小1時間と
意外とあっさりいける

⑨DSCF4006


薊岳山頂
1406m


⑩DSCF4011


普段は薊岳にはほとんど人はこないが

この日は代わる代わるピークを踏みに来る

早々に昼食をとらされピークを後にする

⑪DSCF4013

帰りはショートカットで
急坂を駆け降りる
踏みあとはほとんどない。
最初と最後は赤テープがあるが、途中は伐採林跡を
目印に荒れた道を開く

⑫DSCF4016

ススキ真っ盛り 砥峰高原

 こんばんは、コタローです!

DSCF3939.jpg

ススキの季節

ススキの名所

砥峰高原を歩く


DSCF3944.jpg


DSCF3953.jpg


DSCF3942.jpg


DSCF3945.jpg

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR