デ・アンジェリ メルロー (Wine Cup)

 こんばんは、コタローです!

何となく梅雨っぽくなったが、今年は空梅雨だろうな。
川の水位は異常に低く、この春はカヤックを出すことはなかった。
今週は自宅勤務がメイン。
週末は久しぶりに山仲間と
合流しようと思ったが、
雨予報で叶わないだろう。
といってもいつでも出動できるよう山ジョグに。
例年よりも涼しいので、
まだこの時期でも辛うじてジョグもできる。

C360_2017-06-18-17-41-03-312.jpg 

イタリアはヴェネト産
メルロ 100%
冷やして売っていたので、そのまま頂く
あっさりとした渋みをベースに
軽やかな果実味で快適に飲める
香りは薄いが軽やかに楽しめる程度はある
Wine Cupの赤もこれまた中々のデキではないだろうか。

ナターレ・ヴェルガ オーガニック ネロ・ダヴォラ 2015

 こんばんは、コタローです!

クラウドファンディングなるものにトライ
公開は少し先だけど面白い試みになるかも

C360_2017-04-01-21-25-30-330.jpg 

イタリアはシチリア産
ネロ・ダヴォラ 100%
しっかりめのギュッと感の果実味ベースに
初日はどちらかというと苦味が上に来る渋み
二日目は渋みが苦味よりも前面に出て、丸みを帯びて
飲みやすくなる。
しかし3日目は、面白いことに初日に戻る。
香りは初日から薄っすらと漂う感じ
厚みもあるので飲みごたえもある。

C360_2017-06-10-19-40-25-799.jpg

デ・アンジェリ ロゼ(ワイン・カップ)

 こんばんは、コタローです!

午後から晴予報だったので
甲山まで散歩に行き、週末の水素風呂にコタローを入れる

C360_2017-06-11-17-54-50-425.jpg 

そして、早めの一杯

最近、ワインのワンカップ版がいろんなところで
売られている。
東京出張の帰りは駅ナカでそれらを買って新幹線に
乗り込む。
味はさておき(ひと昔前に比べればまし)手頃なのが良い

そんな中、近所のイカリにWine Cupなるものがあり
試しに買ってみた。
美味ければ山に持ち込める。

ヴェネト産
メルロー、カベルネ・ソー、カベ・フのブレンディッド
赤、白、ロゼとありまずはロゼから

これはいける!
梅酒の香り
色も初夏に合う透き通ったロゼ
果実感がギュッと詰まった感じに心地良い渋みもあって
春から秋にかけて外飲みにもってこいだ

これで随分とリュックが軽くなる


カザーレ・デル・ジリオ   プティ・ヴェルド2014

 こんばんは、コタローです!

来週のプレゼンのための資料作り
イメージ通りの仕上がり
あとは興味を掻き立てるプレゼンの準備をするだけ

少し肌寒い夕暮れ時に
トレランコースをコタローと散歩し
1週間の〆のコルクを開ける至福の時間


C360_2017-05-26-18-14-53-579.jpg

イタリアはラティオ産
プティ・ヴェルド 100%

ダークチェリー、杉林の中でかいだ香、甘い植物の香、
イマジネーションを掻き立てる香
細やかなタンニンと完熟感のある果実味
後味に白胡椒の余韻
美味い

この種は深みがあって良い

デ・ボルテリ セイクリッド・ヒル カベルネ・メルロ 2014

 こんばんは、コタローです!

DSCF0205.jpg

なぞなぞは嫌いだ

問いかけをした人間の思惑を見抜かなければいけないが
それがまどろっこしくてイライラしてしまう
同じことが仕事の場でも繰り広げられている
通常のなぞなぞよりも更に多くの思惑が入り乱れ
その発端すら謎に包まれてしまっているから手に負えない

C360_2017-05-18-18-01-49-507.jpg 

オーストラリア産
カベソーとメルロのブレンディッド

やや甘みを感じる吞み口
渋みとコクもあり葡萄の旨みも感じられ
バランスも良いデイリー

この蔵はなかなか作りが上手い
その蔵のエントリーワイン
よく出来ている

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR