FC2ブログ

雪の華 舞う 明神平

こんばんは、コタローです!

今年の春は早い
何度も絶好の雪山日和はあったが
仕事に追われ、何とか今年最後の
雪山にありつけた。

DSCF5610.jpg 

久しぶりのソロ
大又駐車場(8:36)~明神平(9:25)~前山~水無山~国見山(11:45)
~馬駆け場(12:06)~駐車場(13:45)



9:30の時点で北斜面のみ霧氷がついていた。
その霧氷も30分ほどで全て散ってしまった
今シーズン最後の霧氷はギリ・セーフだった!

DSCF5608.jpg

青い空をバックに煌めく霧氷は何度見ても美しい

DSCF5626.jpg


DSCF5618.jpg





DSCF5629.jpg

少し早めだが雪の華も散ったので気持ちの良い場所で
昼食をとることにした。
この日は風もなく暖かい日だったので
ゆっくりと湯を沸かし静かな青い空と
雪景色を見ながらあたたかい昼食をとった。

DSCF5634.jpg

天気も良く雪もしっかりついていたので
ピストンで帰るのももったいないと思い
周回コースをいくことににした。

DSCF5646.jpg

水無山から国見山に向かうがトレースはない。
昨晩、雪が降ったせいだろう。
ただこんなに天気が良いのに誰もこのルートを
今日は歩いていないことになる。

このコースは年始に童子会で歩いている。
その記憶をたどりながら、順にポイントを目指す。

DSCF5650.jpg

ところどころ行き過ぎたところがあったが
問題なくポイント通貨する。

途中、気持ちが良い開けた空間があったので
バーナーを取り出して暖かいカフェラテを入れた

人気のない、緩い風をほほに感じながら
これまで歩いてきた尾根を眺める

DSCF5653.jpg


赤ゾレ池
薄い氷が張っている
これで霧氷が着いていたら言うことなしの
タイミングだが、次回にお預けのようだ

ここを過ぎるとゴールの大又駐車場までは樹林帯&激下り
が待っている。こんなに激下りだったか?!と疑うほど
だったが、無事予定通り到着。

今シーズン最後の雪山を楽しんだ

DSCF5654.jpg

ほのぼのと暖かい雪山 山上ヶ岳

 
こんばんは、コタローです!

週末に近畿の山が高気圧に覆われる日は中々遭遇しない
これで前日が大荒れであれば雪山行にとってはベストコンディション
だが、すべての条件がそろうことはない。
今日は80点以上は確実なので雪山に繰り出した!

DSCF5599.jpg

メンバー:NPさん、コタロー
コース:大峰大橋(7:30)~鐘掛岩(10:00)~西の覗岩(10:25)~
山頂(10:40)~レンゲ辻~大峰大橋の周回(13:45) 12km
コンディション:良好。超快晴。無風。





時間限定の雪の華
前日の天候、そして当日の青い空の絶対条件が
揃って拝める風景

これが雪山の醍醐味

DSCF5559.jpg

今日の華はやや小さめだが
青と白のコントラストが
目にビビッドな感覚を与えてくれる

DSCF5560.jpg

西の覗岩

DSCF5566.jpg

手前の鐘掛岩からはノートレースの新雪を歩く


DSCF5573.jpg

覗岩からの風景

眼下には雲海が広がる
我々のいる山上ヶ岳あけが青空に覆われている


DSCF5575.jpg

大峯山寺
もうすぐ山頂だ


DSCF5576.jpg

いつもより早い到着だった
やや固まった雪肌に程よく新雪が積もった道は
アイゼンが良く効き歩きやすかった

山頂で湯を沸かし暖かい鍋うどんを
ゆっくり景色を眺めながら過ごす
この日は無風だったので、春山の陽気で
えらくゆっくりとすることができた


DSCF5587.jpg


食後はお花畑で360度のパノラマの風景を楽しむ


DSCF5593.jpg


山頂からレンゲ辻に抜けるやや急勾配の
尾根の風景が好きだ


DSCF5595.jpg


氷の華

この華が見れる時間は非常に短い


白い霧氷が冷たい空気の中、太陽に光で溶かされ
透明になる

太陽の光が氷の中を通過すると
宝石の光を放つ
ほんの短い時間だけ咲く華である



DSCF5596.jpg


女人結界門からは谷筋の樹林帯をスタート地点まで
ひたすら進む

その途中にあった氷瀑
今シーズンの初物である

まだ雪山の季節は始まったばかりだ



DSCF5606.jpg



2019 初雪山 明神平

 
こんにちは、コタローです!

童子会恒例の新春初登りに参加
ただでさえ雲に覆われる可能性の高い明神平で
青空の拝めそうにない天気図だったが、皆で
ガヤガヤお喋りしながら登るのも楽しいひと時だ。

20190103 初登り 明神平_190104_0021

メンバー:山童子さん、まるちゃん、ササイくん、?さん、かずぞうさん、Jアマノ、
     Nくん、moriyoさん、テカポさん、ゆっちさん、コタローの11名
コース:大又駐車場(8:30)~赤ゾレ池~国見山(11:00)~前山(12:45)~明神平~大又駐車場(14:30)
コンディション:曇、雪は深いところで30cmほど





モノクロの風景
静寂さと相まってシンプルな感覚に包まれる

DSCF5476.jpg

赤ゾレ池
水面は5㎝ほどの氷に。
人が乗っても大丈夫な厚さに仕上がっていた。

DSCF5481.jpg

霧氷散策
1年ぶりの新雪
軽く柔らかい歩き心地

DSCF5506.jpg

針の霧氷


DSCF5510.jpg

これでバックが青空なら言うことなしだが

DSCF5514.jpg

風裏の昼食会場

最近は手抜きでコンビニ・ランチ
次回は、鍋でも持って来て暖かい昼食をとろうか




DSCF5515.jpg

新たらしいふかふかの雪で
足取りも軽い



DSCF5530.jpg

静寂に包まれた樹林帯

DSCF5533.jpg

目の前に広がる雪をかぶった前山

DSCF5544.jpg

ここから旧スキー場跡までソリをしに行く

20190103 初登り 明神平_190104_0025




DSCF5546.jpg

いくつになっても楽しいものは楽しい!



20190103 初登り 明神平_190104_0051

真っ白な風景もなかなか

DSCF5548.jpg

20190103 初登り 明神平_190104_0038

ぐわぁーーーーー!
止まらねぇ!



DSCF5554.jpg

本日にメンバー

今度は青と白で!






20190103 初登り 明神平_190104_0035

待望の冬将軍到来 三峰山の霧氷

こんばんは、コタローです!

この冬、お初の霧氷
この週末は間違いなく霧氷はつくが
青空とセットの山はなかなかない。

チョイスしたのは、運が良ければ、
青と白のマリアージュがみられるかもしれない三峰山

DSCF5418.jpg

今回はソロ
活動時間は8:30~12:10
家からスタート地点のみつえ青年村まで車でちょうど2時間と手軽だ。



12月としては異常な寒さと強い風であったが
霧氷はうっすらとしかついていなかった。

DSCF5407.jpg

何とか山頂につくまで霧氷はついていてくれた。
時刻は9:45
ちょうど頭上には青空が通り過ぎていくところだった

DSCF5442.jpg

八丁平
すごい勢いで雲と青い空がながれていく

シンボルツリーは横たわったままだった

DSCF5433.jpg


DSCF5438.jpg

これを見に来た!

DSCF5444.jpg

絵画のような風景

DSCF5458.jpg

凍てつく世界

DSCF5454.jpg

しばらく青い空が続いた
霧氷は太陽の光を受けると
瞬く間に茶色の木に戻っていった

青と白のマリアージュは一瞬の出来事だった

DSCF5449.jpg

11時にはほとんど霧氷は消えてしまったので下山することにした。
短いコースのため帰りも体に負荷をかけるためトレランでかっ飛ばした。

途中、三つに道が分かれるが下山道でいくことにした。
しかし見慣れない風景だったので、GPSで確認したところ
かなり遠回りの新道ルートだった。
体に負荷をかけるためそのまま行こうと思ったが、景色もなく
寒いだけなので下山ルートまで戻ることにした。

ここで誤った選択
下山ルートに復帰するには現地点からショートカットで
1.5kmほど。下って少し急な斜面を200mほど
登れば復帰できる見通し。
ちょうどそこに赤テープが見えたので進んでみる。
登山ルートではないが、地元の林業関係?のルートのようだ。
結構な激くだりだが、先には赤テープが見える
何度も引き返すべきと頭に過るが、前に進む。

地図通り源流に出る。
ここからは激登りだが赤テープは消える。
ただ登山道らしき尾根が200m上方にみえる。
ルートを選定し歩を進めると、踏み跡らしき道が
薄っすらと見える。
それを慎重に進むと無事に登山道に復帰。

随分と神経を擦り切らしたが、体力は存分に残っていたので
一気に駐車場まで駆け下りた。

次回は引き返す英断を!

DSCF5464.jpg


DSCF5435.jpg

氷の芸術 六甲氷瀑

 こんにちは、コタローです!

久しぶりの山ネタ

DSCF5125.jpg

ちょうど3年振りの六甲 氷瀑
コースは七曲滝、百聞滝、がま滝の周回(5.8km)
その入口となる極楽茶屋の気温は氷点下5度
活動時間は10:00~13:00の3時間
青天で予報にあった風はなく、寒さは感じない
午後からは予報通り雲が出てくるが青空と交互に
入れ替わる空模様だった。時折、雪が舞い幻想的だった。



がま滝
2日前の雨で半分ほど
溶けているようだ

DSCF5102.jpg

がま滝の氷の芸術

DSCF5104.jpg

滝周辺の道はあまりよくない
ここは道なの?とワイフは疑いというよりは
こんなとこ歩かせるなよ!と怒り気味で言う
こちらにはハッキリと道に見えるのだが、
見慣れない人には、そうではないのだろう

DSCF5109.jpg

七曲滝
ここはメインの滝とあって大変な人混みだ
3年前は情報も少なく自分を入れて3人ほどだった。
今は山経験もない人たちがスニーカーで来ている。
近辺の登山道も人、人、人の渋滞

DSCF5111.jpg

完全にその流れを失った滝

DSCF5116.jpg

近づくと大迫力である

DSCF5134.jpg

DSCF5131.jpg

裏六甲だから陽は入りづらい
だから滝が凍るのだけれど

DSCF5120.jpg

別の角度からの七曲滝

DSCF5121.jpg



DSCF5133.jpg

百聞滝
アイスクライムしている叔父さんが頑張っていた。

DSCF5136.jpg

アイスバイルでガンガン氷壁の滝を叩きつけ、
「落っー!」と何度も叫んでいた。

DSCF5142.jpg

氷の芸術

DSCF5141.jpg

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR