FC2ブログ

犬の家 DIY

 こんばんは、コタローです!

犬の家選びのポイントは、掃除のしやすさ
次に移動が簡単なこと

なかなかお手入れが簡単なものがなかったが
最近はそれを売りにしている商品も。
リッチェル Richellペット用 お掃除簡単サークル

しかしこれにはキャスターがないので移動は不便

20190804_104525.jpg

ということで作ってみた。
材料は100均でキャスター2個1セットを2つ。
4cm幅の木材を1本 285円
500円以下で1時間弱で完成!
これで楽々移動OK!

無いものは作ればよい

20190804_104507.jpg

コロンビア セイバー ミッドオムニテック YM5259-439

 こんばんは、コタローです!

石の鼻から

DSCF2184.jpg

久しぶり山道具のインプレッション

山は沢の時期と雪山に限る
それ以外の季節は他の登山者も多く
新緑だったり紅葉だったりと
少々エキサイティングに欠ける風景だ

ちょうどこの時期の山道具はこれといったものはないが
持ってる靴底がチビテきたので久ぶりに買い替えとなった

軽くてグリップが効いて、15kgのザックに耐えられる靴を
探して購入したのがコロンビア ミッドオムテック

結論からいうと自分の足型に合う靴に出会えば
ピッタリサイズの靴を選ぶべし!

よく自分の足のサイズの5~10mm大き目のサイズを選ぶのが
無難と言われるが、それは下山時の対応のためだ。

下山時は靴の中で爪先が靴の先端にあたり、爪が痛くなることが
あるが、その対策で少し大きめの靴を選ぶことで爪があたっときの
負担を軽減する目的だ。

これには少し疑問を持っていて、やはり大き目の靴だと
フィット感が今一でダイレクトに100%、山と足の接地面
を感じ取ることができない不満があった。

しかしピッタリな靴だと細かな感触まで拾うことができ
レスポンスが早くなる。

またピッタリなので靴と足が同化して、
負担がなくなり疲れにくくなる。

今回は大普賢周回コースで10kmほどのアップダウンの連続
で比較的、負担が大きいコースだったが、終わってみれば
まだもう少し歩けると思えるほど快適な山行となった。


足は第2の心臓。
それをフォローする道具だからこそピッタリな靴に
巡り合うことが大事だと思う

DSCF2187.jpg

水素化マグネシウム

 こんばんは、コタローです!

水素風呂といえば、水素化マグネシウムを配合の入浴剤
しかしながら、なかなか自分にあった香りのものがない

そこで考え付いたのが、そもそも水素入浴剤の水素を
発生させる素材さえあれば、水素入浴ができる

つまり水素化マグネシウムと好きな香りを組み合わせれば良いわけだ

C360_2017-03-11-20-54-19-120.jpg

ということで精油をゲット

まずは心を和ませる効果のあるラベンダー
そしてリフレッシュしたいときの柑橘系のアロマ

入浴の時間が至福の時に


DBPOWER SJ4000 インプレ


こんばんは、コタローです!

DSCF7115 20160526

とうとう買ってしまった!GO-PRO!ではなく、その偽物のニセモノ
世でいう下の下の製品
このほどちょうど2年愛用したウェアラブル・カメラ JVC GC-XA1 (1.1諭吉)
の不具合(ボタンのON/OFFの不調、偶に画像のヨコシマ、電池蓋の歪みに
よる浸水リスク、自動電源落ち)で、そろそろかな?と思い、後継機を探した。

C360_2016-05-02-19-51-36-294.jpg

スペックの条件
①軽い(200g以下)
②画質は現状スペック以上
③電池交換可能
④防水
⑤安い(1~1.5諭吉)
⑥操作性がシンプル
⑦できれば氷点下10度で起動

いろんなウェアラブルがあるが、軽くて電池交換可能なカメラが
意外と少ない。勿論、安いが一番のネックだが。
で、探し当てたのがDBPOWERのGO-PROモドキ、SJ4000
6,680円だ!

GO-PROモドキでデキがよく有名なのがSJCAMのSJ4000
これが1.4諭吉
で、更にSJCAMのSJ4000モドキがいくつかあって、その中でも
DBPOWER製のSJ4000が今回、後継機としてチョイスしたカメラである。

ホンモノのGO-PROを触ったことがないので分からないが、
作りは電池蓋が多少、ちゃちく感じる以外はなかなかのデキ
ではないだろうか
映像の質もGO-PRO(中位モデル)で撮ったというyoutube
投稿作品と遜色ない

映像もテンカラ☆デビュー映像をご覧の通り、JVCよりもキレイで
全く問題なく仕事をしてくれている。
起動も早く、スイッチの反応も良い。
一つだけ注文をつけたいことは、スイッチ音がか細く、
アウトドアでは全く聞こえないため、撮れているか否かが
全く分からない点だ。
この辺は商品特性と慣れで克服していきたい。
残るスペック確認は、雪山の氷点下対応と寿命だけである。
ほぼ毎週、厳しい環境下で酷使しているので2年もってくれれば
OKである。



竿振りの練習


こんにちは、コタローです!

DSCF8092 20160521

青空の日曜日
今日は夏日の予想なので早朝に
裏山ロングコースの散歩に出かける
北山の太陽光パネルのあるすぐ上のスペース
人工物が写らないとステキな場所になる

DSCF8080 20160521 

せっかくの青空の休日
更に沢、川のお誘いもあったが、
グッとこらえて
思考の1日

DSCF8075 20160521 

といっても、昼過ぎには近くの公園で
テンカラ竿のキャスティングの練習をする
標的を地面にセットし、上投げ、
横投げ、弓投げを繰り返す

40分ほどで8割の確率で標的をロックオン
あとは本番を迎えるのみ

DSCF8078 20160521 

テンカラ関係で言えば、あと糸巻き 兼 毛鉤収納を作った
材料は家にあるものばかり
毛鉤がへちゃげ無い様厚みを持たせる
あと工夫と言えば、側面のグレーの部分に注目!
これ針砥ぎ
段々と針の鋭さがダメになって釣れが悪くなるらしい
その対策をしてみた

DSCF8095 20160521DSCF8093 20160521

あとはコルクを抜くだけである
 

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR