これぞ、超絶空間!立合川 遡行

 作成中~ばかり

こんにちは、コタローです!

山童子さん、見事、リベンジの図

DSCF1172.jpg

メンバー:山童子さん、totoさん、マイケル、Moriyoさん、マー君、コタロー
コース:立合川橋西(9:00)~立合川橋東(13:40)
コンディション:台風一過の1週間後のためやや水量が多い。
     この沢特有の滑りやすいぬるぬる、ツルツルの岩。
     超青天で深い谷底まで光が通る。ヒル被害1名(マイケル負傷)


橋の上から今から降り立つであろう
深い、深い谷底に視線をやるメンバーたち

DSCF1072.jpg

普通、こんなところ降りようとも思わないが
道なき激下りの悪路を考えれば、歴とした道である

DSCF1073.jpg

やはり一歩間違えれば滑落の道なき道
しかし、最近は道に見えてくるから不思議だ

DSCF1076.jpg

よーく見れば道なのだ



DSCF1077.jpg

10分もすれば沢に降り立ち遡行開始

非常に深い谷で切り立っている
何とも大迫力なゴルジュだ

DSCF1080.jpg

5mのナベ滝
ここは通常左岸を巻くが、クライマー マイケルは
正面を見事突破!

DSCF1085.jpg

凄い登攀力だ

DSCF1088.jpg

2日目から合流したマー君も挑戦するも
壁がツルツルのため取り付きからなかなか這い上がれない

DSCF1090.jpg

しょっぱなからかなり消耗したようだが、
こんな空間でクライムできる喜びで大興奮だ

実はマー君、京都からはるばる車を飛ばしてきたのだが
致命的な忘れもをして本来であれば遡行できなかったはずだが
ちょうどマイケルが予備の沢靴を持っていて、更にサイズまで
ドンピシャであったことから、この絶景の中にいる

DSCF1093.jpg

なべ底を越えると明るい渓相
立合川は非常に深く、なかなか光が谷底まで届かない
よって遡行者のブログをみても「暗くて気味悪い」とか
明るい雰囲気のカットは少ない

DSCF1097.jpg

しかし今日は立合川の上空は高気圧に覆われ
青い空と太陽しかない

DSCF1100.jpg

いっぱいの太陽の光を受け、谷底なのに非常に開放的な空間だ

DSCF1104.jpg

1週間前の台風に洗われて
綺麗に清掃されたあとのようだ

DSCF1105.jpg

思わず泳ぎだしたくなる風景の連続
それも両岸が切り立った壁に覆われた不思議な空間でだ

DSCF1107.jpg

この滝は右岸を巻く

DSCF1111.jpg

バランス感覚抜群のマイケル
ナメが木漏れ日を受けて美しい

DSCF1115.jpg

まさに楽園
美しいナメ床で寛ぐ

DSCF1117.jpg

前情報とは違い明るい渓相で
笑みはこぼれっぱなしだ

DSCF1118.jpg

とにかくスケールがでかい!
切り立つ壁の迫力がすごい!

DSCF1125.jpg

「はままつ滝」ここからが第二廊下

ここはなかなかの核心部
通常は水量が少なければ滝を直登できる

しかし今日は水量が多いのでCSの奥の穴から直登となる




DSCF1132.jpg

CSの奥から来た道を覗く
滝の前まで泳ぎ、そこからCS中に向かって飛び込む

DSCF1136.jpg

ここからヌメヌメの壁を登らなければ前に進めないが
これが異常に滑りまくる

DSCF1139.jpg

ただただ唖然としてしまう風景が目の前に!
ただこれは始まりでその奥には更に凄い壁が

DSCF1143.jpg

写真ではなかなか伝えられないが
目の前の壁の圧力が協力すぎる

DSCF1154.jpg

思わず壁に圧倒され呆然とするメンバー

DSCF1156.jpg

この切り立った壁、壁、壁!

DSCF1158_20170820152106f6e.jpg

こんな谷底なのに今日は光が眩しいぐらいに差し込む


DSCF1159.jpg

この先に異様な空間が待ち受ける雰囲気が
強く圧迫するように迫りくる
動物としての五感が呼び戻される

DSCF1165_20170820152110b3f.jpg

第2の核心部
先発隊はtotoさん
左手を登るがヌメヌメ、ツルツルのため、どうしても
足場に体重を預けることが出来ず立ち往生

それを横目に山童子さんが右手から安定感のあるのぼりを見せる

DSCF1168.jpg

左手を確保され登攀するマー君



DSCF1176.jpg

これをクリアする神秘的な釜がある

DSCF1178.jpg

威圧感と神秘性を兼ねたゴルジュ
煌く水面が神々しさを増長させる

DSCF1180.jpg

こんな風景が日本にあるのか?
といった最後の楽園の風景

DSCF1184.jpg

この先に超絶空間がある

その入り口に立つマー君

DSCF1186.jpg

洞窟状の巨大なホール

30mの大滝

なぜこんな空間が作られたのかと驚きを超える超絶景

DSCF1187.jpg

超絶空間を後にするメンバー

DSCF1197.jpg

めいっぱい光が差し込む釜を遊泳する

DSCF1201.jpg


DSCF1203.jpg

条件が全て揃っての立合川遡行は
これまで遡行したどの沢よりもインパクトが大きかった

とても抱えきれないほどの感動を受けた1日だった

DSCF1212.jpg



激流系泳ぎ渓 葛川遡行

 
作成中~!

こんにちは、コタローです!

DSCF0878.jpg

メンバー:山童子さん、totoさん、マイケル、Moriyoさん、コタロー
コース:東野トンネル西口(9:30)~二の滝の上流(15:40)
コンディション:台風一過の1週間後のためやや水量が多い。この沢特有の滑りやすいぬるぬるの岩。
     要ライフジャケット。曇ときどき晴、一時雨と雷。
     ヒルがいるらしいが見なかった。

駐車スペースのあるところから急斜面を降りる
普通ならまずこんなところを降りようとは思わない急斜面だ。
よく見ると足場が見えてくるが、やはり道ではない。
毎度のことではあるが。
5分ほど下ると美しい淵が見えてくる。

DSCF0871.jpg

入り口は非常に美しいゴルジュだが、実は
この淵はS字淵といって最初の小滝まで50~60mほどあり
激流と低体温との闘いだ。

最初の核心部で敗退もあり得る箇所だ。

DSCF0877.jpg

totoさんがトップでロープを出し
最初の中継点まで30mロープを出す。
低体温対策としてウェット、長い淵対策でライジャケは必須だ。

DSCF0881.jpg

1m小滝前の様子
左岸にtotoさん、右岸にマイケル
左岸はスタンスが分かりづらく、
壁も滑りがあり体温がどんどんと奪われていく。

一方、右岸は流れが厳しいもののマイケルは上手く取りつき
滑りも何ともせず突破

DSCF0885.jpg

ライジャケのお陰で楽々クリア

DSCF0888.jpg

DSCF0890.jpg

小滝を越えると広がる風景

DSCF0901.jpg

日が差し込む美しさが浮き上がる

DSCF0904.jpg

この沢は8割ほど水の中だ

DSCF0908.jpg

透き通ったエメラルド色のプール
日が差し込むと一段の美しさが引き立つ

仲間は視界から消えるが、せっかくの美しい景色なので
ゆっくり浮遊しながらこの空間を楽しむ

DSCF0910.jpg

滑落現場

DSCF0915.jpg

まさに泳ぎ渓
泳ぎ疲れるほどだ

DSCF0917.jpg

こんな景色がやまほど目の前に出て来る
有難さもマヒ状態に。

DSCF0918.jpg


DSCF0923.jpg

やはり日が差し込むと
思わず息を呑んで見とれてしまう

そして日が差し込む間に煌く沢面にゆっくりと泳ぎ出す

DSCF0927.jpg

しばらくゴーロ歩き

DSCF0930.jpg

トロピカルな水面
ただただ美しい

DSCF0931.jpg

家に帰って足を見るとアザだらけだ
足場がヌルヌルの岩ばかりだったので
打ち身がひどい
全9ヵ所の醜いアザ
内2ヵ所は3日ほど痕が残りそうなほど

DSCF0939.jpg

ミニ・ナイアガラ
言うほどのところでもない

DSCF0940.jpg

段々と全てが同じ風景に見えてきた・・・。
しかしながら時系列に並べた風景だ

DSCF0946.jpg

段々に整えたような斜面

DSCF0953.jpg

まもなくハーフ地点
お昼前の美しい景色

しかしこの後悪天候に

DSCF0961.jpg

まだまだ泳ぐ、泳がないと・・・

DSCF0954.jpg

中間点の橋がみえてきた

DSCF0965.jpg

橋のふもとで昼食
しばらくすると黒い雲が頭上を覆いつくし
大粒の雨が。
雷も近くでなったので、急いで橋の下に待機
20分ほどすると弱まったので遡行再開

DSCF0967.jpg

さっきの雨宿りで体が冷えたが、やはり泳がないといけない

DSCF0978.jpg

今回はtotoさんとツートップで行く予定だった
最初の核心部で個人敗退し、いつも通りシンガリで
撮影係で通す

DSCF0981.jpg

激流の中でみんなを引っ張り安全を確保した
ロープをしまうtotoさん

DSCF0987.jpg

DSCF0990.jpg

最初のS字より美しいゴルジュと他の方のブログにあったが
太陽の光が差し込むかそうでないかで見え方も印象も変わる

薄曇りのもと、流れも速く、体力も消耗した状態だと
自然の厳しさだけが脳細胞に伝達され、美しさを感知する五感は働きにくい

DSCF1001.jpg

岩壁にへばり付くtotoさん
厳しそうに見えるが、後続のマイケルは
軽々と平道を歩くがごとく写真に納まっている
すごいだろ感がないため、その写真は御蔵にした

DSCF1003.jpg

本日一番の核心部 一ノ滝

まずはマイケルのいる場所までいかなければならないが
壁がツルツルで簡単には登れない

DSCF1008.jpg

マイケルにロープを出してもらい
まずは第一関門クリア

DSCF1010.jpg

さて第二関門

ここは右岸から左岸に移り
唯一取りつくことができる窪みから這い上がるしかない

山童子さんが対岸めがけて飛び込むも激しい水流のため
取り付き箇所を過ぎて流され、ロープで回収

二番手のtotoさんが泳力を活かし左岸に取り付きクリア
あとは後続をロープで誘導した

DSCF1013.jpg

第3関門
左岸の登攀
ここは足を滑らせれば釜に吸い込まれてしまう
ここもロープで確保してもらいクリア

DSCF1018.jpg

一ノ滝の上
ここで核心部は終わり
随分と見せ場も多く体力も体温も消耗してしまった

DSCF1022.jpg

少しいくと白い岩盤のご褒美のナメ
陽も差し込み、ゆっくりと流されてみる

これがまた何とも言えず気持ちが良い

DSCF1037.jpg

totoさんと流されている間
仲間は随分と先に行ってしまったので
遡行を再開する

DSCF1038.jpg

しばらくいくと左岸に大きな滝が現れる

DSCF1045.jpg

二ノ滝

DSCF1048.jpg

通常は左側だけ一条のみだが、
今日は水量が多いため左側の苔の上も流れ
アッと驚く絶景空間となっている

DSCF1050.jpg

ここは滝のすぐ右側のルンゼ状になっているところから上り
滝ノ上ぐらいのところでトラヴァース気味にいくと
滝の上に出ることができる

DSCF1053.jpg

滝の上
マイケルが撮影を要求
とりあえずシャッターをきっておく

DSCF1057.jpg

あとはまったり20分程歩いて
デポした車に戻り遡行終了

それにしても泳ぎ倒しの1日だった

DSCF1062.jpg

さて、今回はtotoさんプロデュース二連荘沢登り企画のため
夜の部がある

DSCF1063.jpg

キャンプ場でワインと肉祭り
疲れた体にアルコールが染み渡り至福の時に浸る

DSCF1066.jpg

宴もたけなわ
明日に備え深い眠りにつく・・・

DSCF1069.jpg

クネ ルエダ ヴェルデホ 2015

 こんばんは、コタローです!

仕事まじりの毎日で長い休みなのか、
どうなのかはっきりしない盆休みだ。
自宅勤務なので楽は楽だが、
仕事時間は長く、1日の大半を占める
ただ今年も良いタイミングで沢登りの予定があり、
非常にバランスよく充実した日を送っている感じだ。

そして過去の記録映像を肴に酒を飲むのは至福の時だ

C360_2017-08-13-18-38-32-680.jpg 

スペイン産
ヴェルデホ 100%
柑橘系の香
グレープフルーツとパインの甘み
途中から苦味も交じってアフターは締まる
ややしっかり目のボディ

2日目のほうが、味に幅が出るかも

、飛び込め! 滝川本谷 遡行

 こんばんは、コタローです!

心躍る風景の連続!
20821325_490920161242164_1758093979_o.jpg

totoさん、沢でサーフィンか?!

DSCF0771.jpg

コース:笹の滝駐車場(8:30)~不動滝(11:30)~笹の滝駐車場(14:10)~笹の滝~笹の滝駐車場(15:00)
    すべてピストン  

活動距離:5.4km 
メンバー:totoさん、コタロー
コンディション:超青天、台風一過のためフリクションOK、水量多し。










totoさんの映像

https://www.youtube.com/watch?v=i63tfNBdZmc&app=desktop

ここは駐車場から入渓までのアプローチが楽チンで良い。
2,3分で大自然を感じる景色に出会える

DSCF0718.jpg

入渓数分後には中サイズのプールが。
ここは泳いで対岸に取りつき2つ滝の間を登攀

DSCF0721.jpg

同 滝の上

DSCF0724.jpg

少し歩くと目の前に大きなプールが現れる
こんな景色のプールで泳げる幸福感といったらない!
我々、川や(元水泳部)にとっては楽園だ。
遡行開始早々だが、澄んだ水面、そこに差し込む陽光を楽しむため
しばしプールで泳ぎまくる

20861244_490919961242184_1476724411_o.jpg

プライス・レスな時間と空間

DSCF0733.jpg

ここは対岸まで突破しなければならない
5日前の台風一過で水量は多く、流れも速い

DSCF0742.jpg

totoさん、溺れる?の図???
それだけ激流ということだ

DSCF0745.jpg

対岸に渡ると、これまた自然の圧倒的な迫力の風景
ここでもゆっくりと滝に見惚れる

DSCF0752.jpg

これまで遡行してきた道を振り返る
どこを切り取っても素晴らしい景色だ

DSCF0753.jpg

どーよ、この景色も!
ここでも泳ぎまくり、潜りまくりだ

DSCF0760.jpg

たまには男っぽい登攀も

DSCF0765.jpg

水量が多いので滑っぽくなっている
ここは敢えて目の前の落ち込みに飛び込み
強引に対岸を登る

DSCF0767.jpg

そしてご褒美のプール

この自然がつくってくれたプールで浮遊する喜び
こちらもプライス・レス

DSCF0774.jpg

DSCF0782.jpg

泳ぎ疲れたら、午前の柔らかな太陽のもと
眠ればよい

これが本当の自由な時間

DSCF0778.jpg

遡行再開
かっとびのtotoさん

とにかく思いのまま動く!

DSCF0787.jpg

振り返ると美しい光景が!

もう一度、飛び込んでみたくなる

DSCF0789.jpg

極楽か?!

DSCF0790.jpg

ここは途中のスタンスがない少し手ごわい壁
ここは腕で微妙な角度でテンション掛けて
体を持ち上げ、一段上の窪みに右足をかければクリアできる

DSCF0793.jpg

激しく登攀

DSCF0796.jpg

写真では伝えられないけど
この色合いの空間は非日常

ただ、ただ、自然の造形美に圧倒される

DSCF0800.jpg

ここは岩の下をくぐる

DSCF0803.jpg

8m滝
ここは右岸を小さく巻く

DSCF0811.jpg

20839942_490920051242175_1397317859_o.jpg

個人的に好きな風景

今回はゆっくりと向かい合う
この風景まで辿り着くとメインディッシュの風景
であり折り返し地点となる

DSCF0817.jpg

圧倒的な自然の風景

不動滝

20839680_490920191242161_347732314_o.jpg

想像を絶する、その迫力に
ただ、ただ、心が圧倒される

DSCF0819.jpg

滝から落ちる水飛沫と風圧を一身に受ける

DSCF0826.jpg

DSCF0828.jpg

滝の裏に回りこもうとするコタロー

DSCF0829.jpg

突入直前
中の様子は映像で
大量に降り注ぐ水飛沫が圧巻

DSCF0834.jpg

ここでも泳ぎ三昧
そして御握りとスイーツを楽しむ

DSCF0839.jpg

浮遊するコタロー

DSCF0841.jpg

20841362_490920247908822_317838135_o.jpg

帰りはダイブと流されまくりのキャニオニング
右岸からダイブするtotoさん

DSCF0843.jpg

流れに身を任せるtotoさん
幸せ時間

DSCF0844.jpg

20862152_490920004575513_193610589_o.jpg

大人のスライダー
流れが速く呑み込まれる
浮上に少々、時間を要する

DSCF0846.jpg


DSCF0848.jpg

激流に向かって急斜面を走り込みダイブするtotoさん
滝川本滝は2度美味しい

DSCF0851.jpg

ダイブ後に流されるtotoさん

DSCF0853.jpg

このプールにつくと、楽しい時間もあとわずか
浮遊を楽しむ

DSCF0858.jpg

観光客の中、重装備で遡行
注目を浴び、大満足の遡行を終了する

DSCF0865.jpg

カーヴィ テヌータ・サン・ロレンツォ 2015

 こんばんは、コタローです!

今日の空は、終日、青空が広がる
まさに沢登り日和だ
沢登り開始早々、仲間たちから実況中継の写真が
Lineで送られてくる
その場にいるはずの自分は、PCに向かって
来週月曜に必要な書類を真剣に作成している

C360_2017-08-05-19-44-29-942.jpg

本日目標としていた仕事を終え
久しぶりに我が家でコルクを開ける

イタリアはピエモンテ産
コルテーゼ 100%

注ぐと柔らかな気泡が
飲むと柔らかな微発砲も感じる
ほのかに洋梨のニュアンスもあり
アフターに苦味もあって真夏にぴったりの白

さて、明日も次の日に向けての準備
今までショートカットで楽ちんな道を選んできたツケか?
いやいや、人生で一度くらい真面目に仕事をしても良いかもしれない
そう思えばすべてが上手くいく


カスティーリョ・デ・エンゲラ・クリアンサ

こんばんは、コタローです!

波というのは、突然に押し寄せてくるものかもしれない
この波を捉え、乗りこなさなければ!

脱サラもあと1ヵ月で丸1年

C360_2017-06-14-20-18-31-383.jpg 

スペイン産
モナストレル50%、テンプラニーリョ30%、シラー10%、メルロー10%
非常にバランスの良いデイリー赤

前鬼ブル~!

 
こんばんは、コタローです!

無垢な心を取り戻す風景がそこにはあった

DSCF0521.jpg





メンバー 山童子さん、NPさん、コテっちゃん、Moriyoさん、ダイバーOさん、コタロー
コース  前鬼下部~箱状廊下
コンディション まさに沢日和の青天 前日の雨の影響か若干、水量が多く水流が強め







C360_2017-07-23-11-04-35-773.jpg

駐車場から20分程戻ったところから入渓。
昨年より少し下部になるが、その区間は
まさに美しい淵が。
そして美しいが故、簡単にはその姿をみせてくれなかった

DSCF0529.jpg

今回は前鬼なので景色の良いところで
ちゃぷちゃぷ気分でやってきたのだが
一転、厳しいワイルド遡行となった

DSCF0533.jpg

両岸は切り立ち、長い淵となっていた。

全日の雨で流れは速い
トップを任され、30mロープを持って
中継地点までロープを張る

DSCF0534.jpg

こんなところも潜りながら遊びたいのだが
いくつも淵を越えなければならないので
そんな悠長なことも言ってられない

DSCF0535.jpg

次の淵(右岸もロープが必要で厳しい)は全員が越えられそうにない。

DSCF0539.jpg


偵察するNPさん

大自然と対峙する姿は、人間の力を感じる

DSCF0543.jpg


右岸を諦め、一旦、全員を左岸に

DSCF0549.jpg

左岸を巻く。

DSCF0550.jpg

まだ前半戦だが、泳ぎ沢、悪路の巻き、渡渉ありの
盛り沢山ですでにお腹は一杯だ

そしてこの渡渉でも最悪の危機が!
一刻を争う事態となり、その記録はヘッドカメラに
収められているかもしれないが、まだその映像の
確認はできていない

DSCF0555.jpg

やっと前回のスタートラインに到着し、
ホッと一息

DSCF0564.jpg

ここから先は快適な遡行となる

DSCF0565.jpg

美しい淵の数々に飛び込む

前鬼ブル~!

DSCF0576.jpg

やはりアウトドアは晴の日に限る

全ての風景がビビッドに目の中に飛び込んで
心を浄化してくれる

DSCF0571.jpg

流れに勢いがある

DSCF0582.jpg

ライトな泳ぎ沢
キラキラ光る水面を眺めながらの泳ぎは
何とも言えない幸せ感に包まれる

DSCF0587.jpg


DSCF0590.jpg

見所満載でシャッターを切りすぎる

DSCF0593.jpg

シャッターを切れば切るほど
翌日の整理作業も膨大となる

DSCF0594.jpg

これなんかも
ビックリするほど印象的な風景
光の差し込み具合がまさにこの時間にしか出会えない風景

DSCF0603.jpg

下界はまとわりつく暑さの1日のようだったが
こちらはギンギンに体の芯まで冷え切る冷たさだ

DSCF0605.jpg

青天の遡行

DSCF0607.jpg

いろんな表情を見せてくれる沢の中の世界

DSCF0612.jpg

宝石を散りばめた川の底

DSCF0611.jpg

絵になる風景

DSCF0622.jpg

DSCF0639.jpg

大釜

DSCF0640.jpg

思わず見とれてしまう

DSCF0641.jpg


DSCF0643.jpg

大釜を後にし、残置ロープで登攀

DSCF0647.jpg

大釜の上の大ナメ

DSCF0648.jpg

いつきても心躍る風景

DSCF0652.jpg

DSCF0656.jpg

毎回、少し手こずるところ
滑りやすく足場もない

DSCF0662.jpg

今日のゴールに近づいてきた

DSCF0667.jpg

箱状廊下に到着



DSCF0675.jpg

四方八方から湧水が流れ込む独特の風景

ここは見に来なければ分からない

DSCF0680.jpg


DSCF0682.jpg

本日の昼食会場

今日も半端なく贅沢な空間だ

DSCF0692.jpg

DSCF0689.jpg

NPさん差し入れの揖保乃糸素麺
キンキンの湧水で締めた腰のある麺がたまらない!

DSCF0690.jpg

折り返し

DSCF0698.jpg


DSCF0704.jpg

心揺さぶる風景とも次回の遡行までお預けだ

DSCF0708.jpg

隊長のザックにくくり付けられた
鹿の頭蓋骨
今日の戦利品とのことだが、個人的には夜みたら怖そうだし
多分、うちの家族の理解は得られないだろう
ただこれが金になるということだ

DSCF0713.jpg

ジェイコブス・クリークス リースリング 2016

 こんばんは、コタローです!

猛烈に忙しい来週の準備と
何とか今週の仕事も順調に処理できた
さて、この週末も!

C360_2017-07-16-21-37-30-256.jpg

オーストラリア産
リースリング 100%

ライムの香
お味はレモン、ライム、洋梨
飲みやすいが、その分、
個性が感じられない印象の味付け
温度とともに甘さが少々緩んでくる
お値段の割に上出来だが。



パワー全開! 白滝谷遡行(明王谷~夫婦滝)

 
こんばんは、コタローです!

やはり自然との対峙ほどワクワクする瞬間なんかほかにない!

DSCF0501.jpg

メンバー:パキさん、totoさん、マー君、コタロー
コース:明王谷(8:45)~夫婦谷(15:00)~明王谷(16:45)の9.9km
コンディション:晴、良好。問題はヒル!

陽光が差し込む、この光景がたまらない












DSCF0378.jpg

1ノ滝

滝ではなく堰堤
これを越えるには左岸。
堰堤に沿って攀じ登るのが近道だが
中間地点で足場を探すのが難しい。
ザイルで確保してもらっていたので、
安心感があったが、ないと困ったかもしれない

DSCF0380.jpg

堰堤の上は緑のアーチで快適だ

DSCF0385.jpg

2ノ滝

DSCF0389.jpg

流石に中央突破は難しく、左岸を軽く巻く
虎ロープがあるので助かる

DSCF0391.jpg

2ノ滝の上

光が差し込む美しい淵が待っていた!
こういう空間が沢のいいところ

熱をもった筋肉を冷やすのも良し
そっと潜って魚を眺めるのも良い

DSCF0399.jpg

明王谷は今回のコースでは下流なので
水量もあり淵も豊富で楽しめる

DSCF0404.jpg

3ノ滝

明王谷はここで終点
この写真もぼやけて映っているが全体像の写真は
とてもじゃないが使えない仕上がりになっており
滝の全貌を伝えることはできない

この滝は、裏側から通り抜けることができる
写真をよく見ればtotoさんがちょうど通り抜ける瞬間だ

DSCF0415.jpg

一応、3の滝を釜からみた全体像

やはり人儲けしたらカメラを替えなければならない

DSCF0418.jpg

3ノ滝で一旦、遡行は終了
釜から少し戻った左岸に登山道にでる巻き道がある。
虎ロープもあるので楽だが、ここには間違いなく
ヒルがいる

登山道にでて20分程歩けば、次の入渓地点である牛コバにでる

少し遡行して光が降り注ぐ気持ちの良い場所があったので
そこを今日の昼食会場にする

いつも思うが何とも心地の良い贅沢な時間だ

DSCF0428.jpg

滝の中に頭突きするパキさん
この後、三半規管が壊れてしまい
意志とは無関係に左に左に倒れてしまい
遡行続行が危ぶまれた

DSCF0445.jpgDSCF0446.jpg


還暦をとうに過ぎてもこの通り!


DSCF0447.jpg

マー君も直登を試みるも水圧には勝てず


DSCF0451.jpg

沢登りはほんとに面白し、美しい風景の連続だ


DSCF0456.jpg

今日のメンバーは、自分以外はボルダリングやってるので
安定感がある


DSCF0461.jpg

パキさん、若すぎる!

DSCF0467.jpg


白滝
ここまで来ると今日の楽しい時間も
後残すところ少しだけ


DSCF0482.jpg


ここは右岸を登攀する

DSCF0490.jpg

最後のホールドは水流の中にある

DSCF0485.jpg

勿論、我々も右岸を登るが
やや離れた傾斜も若干緩く、
ホールドもしっかりとれるところを登攀した


DSCF0488.jpg

白滝の上は美しいナメが!
白い岩肌を水がキラキラと太陽の光に照らされ流れる

DSCF0492.jpg




DSCF0506.jpg


岩にへばり付くパキさん


DSCF0507.jpg

2段2条18mの滝
なかなか登り甲斐があって楽しい
真ん中の岩場を直登

DSCF0513.jpg

そしてゴールの夫婦滝

ここでしばし釜の中で遊泳
体の芯まで凍らせ、100分かけて下山


DSCF0518.jpg



レイモンド・カーヴァー / Carver's Dozen

 こんばんは、コタローです!

梅雨ももう開けるだろう
週末の太陽の元の予定が入るだけで
気分は上々だ

C360_2017-06-10-19-34-36-451.jpg

なんの変哲もない日常を淡々と描いた短編の集まり
村上春樹さんが好きなだけあって
春樹ワールドと共通項を見いだせる作家だ

ストンと抜ける感じで締めくくられる物語が
独特で新鮮だ

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR