FC2ブログ

リヴァーリトリート・シラーズ 2015

 こんばんは、コタローです!

中国から帰国
若い力は熱気がプンプン
兎に角、前進あるのみの力強さ
日本にはないパワーだ

20190516_175527.jpg 

リヴァーリトリート・シラーズ 2015 

オーストラリア産
シラー100%
抜栓直後は香が広がるが樽香はしない
ブラックベリーとチョコのニュアンス
オブラートに包んだ果実味と苦み
2日目は甘みが顔を出す

ラ・ヴィ・ピノ・ノワール

 こんばんは、コタローです!

なぜか静かだ・・・
何かの前触れか?
事が起きそうな時期だからこそ
いつもと空気が違う

長い長い連休ボケかもしれない。
明後日からようやく仕事。
14連休中

20190429_182514.jpg

珍しいルーマニア産
ピノ 100%
木苺の野性味のある甘い香りが広がる
結構しっかり目のボディ

ブラックリヴァー マルベック 2016

 こんばんは、コタローです!

連休後半は街に出て、食べ歩き
今日は妻のエスコートで元町散策
最近、オーダー鞄に急激に興味を
持っているが、それに拍車をかけて
くれる鞄屋さんに遭遇!
近いうちにつくってみたい

20190503_182220.jpg 

アルゼンチン産
マルベック 100%
ジャケとネームはそそられないが
中身はかなりイケている
マルベックらしくスミレ・ベースの華の香、
プラムの味わいと胡椒のニュアンスも感じられる

山の晩餐会

 こんにちは、コタローです!

肉汁たっぷりの分厚い牛の肉にかぶりつく
とある山奥の源流での晩餐会

①1340F63C-CF01-4AEF-8FD0-B9887451BEB1

メンバー:NPさん、パパ、コタロー
コース:スタート(9:30)~目的地(11:45/9:30)~ゴール(11:25)
活動距離:7+2km
コンディション:最後のトラバースは踏み跡少なくやや厳しい。
途中から稜線にあがったほうが楽。




初日は予報通り季節外れの雪が!
極寒、極寒、極寒!

ただこの寒さは夜にはおさまり安眠



長い長い10連休の幕開けとなった
某源流の沢泊

新緑に黄色いタープが映える

②DSCF5734

今日の寝床をつくって早々に漁に出る

NPさん作の毛バリを頂く
今日はこいつで釣り上げたい

③DSCF5745

一投一尾
ド素人でもゲット!
実に2年振りに引っ掛ける!

④DSCF5755

奇麗に透き通った体

調理前に覗くとまだ生きていた。
今夜は食べきれんほどの食材が
あるので川に戻してやった。
スイスイと自分の棲家に帰って行った

⑤DSCF5757

投げれば釣れる入れ食い状態の一日
今日は一人一尾だけあれば十分

⑥DSCF5750

原始的風景


⑦DSCF5752

御馳走を更に旨くするお供

ホントは瓶ワインが良いが
行きも帰りも重いので最近はこればっか。

⑧DSCF5742

素揚げの下ごしらえ


⑨DSCF5759


一品目は一湖房の鴨ロース
しっとり柔らかな赤身はとってもジューシー!

⑩DSCF5766

今日のおしながきはかなりハイレベルなので
自分の一品を出すタイミングが重要だ。
準備してきたのはエビとキノコ、トマトの
オリーブオイルのソース
これをパスタにあえる
鷹の爪を少々混ぜてピリッと引き締める

締めと二品目にするか考えたが、お腹の空いて
何食べても美味しいと感じる二番手に召し上がっていただく


⑪DSCF5771

ニンニクの素揚げ
ホクホクの激ウマ
ウシとの合わせは最高だ!

⑫DSCF5774

いつもの締めの一品をじっくり炙る

⑬DSCF5776

アマゴ天はいつ食べても極上の旨さだ
これより美味しい食べものはないと思う
険しい山に苦労して辿り着いた者(苦してないけど)
しかありつけない一品

⑭DSCF5793


どーん!


⑮DSCF5785

和牛焚火焼き!
旨そうだ!

⑯DSCF5796

こちらはじっくりと厚切りステーキ
ビーフの旨味がたまらない

⑰DSCF5803

夜出るはずだった地鶏は
翌朝、ローズマリー、塩胡椒の素焼き
皮パリ、肉はプルプルでジューシー!






⑱DSCF5805


何とも贅沢な時間でした






⑲DSCF5763

ビプントイオ・ネロダーヴォラ・カベルネソーヴィニョン 2017

 こんばんは、コタローです!

この1週間は自宅勤務
この辺も自営業のなせる業
だけど、、、、、
飛び込みの仕事も入ってきてこの週末も
合い間を縫って仕事だよ

20190418_175958.jpg 

シチリア産
ネーロ・ダーヴォラ55%、カベルネ・ソーヴィニョン45%
ビオらしくスッキリした味わい
少し甘みが気になるが酸味と
渋みもあって飲みやすい
ぼったりボトルもgood!

美食時間 某源流沢泊

 
こんばんは、コタローです!

至福のとき

①20180413

メンバー:山童子さん、NPさん、マルちゃん、ササイくん、かずぞーさん、コタローの6名
スタート(8:20)⇒宿泊地(12:10 / 7:40)⇒ゴール(10:40)
コンディション:天気は初日は超晴天。翌日は曇りのち雨だが、下山までは雨降らず
        気温は名残り寒波の影響で日が暮れるとやや寒い(夜は1℃)
        倒木、山抜け(崩落がひどい箇所が1箇所アリ)箇所は要注意
活動距離=14km+α



例年のワンショット
でもこの絵があるから沢泊を超えるものはない

②20190413

本日も大漁!
今夜、食すものだけを自然の恵みとして頂く

③DSCF5670

男も料理します!

④DSCF5675

この週末の目的は究極の贅沢
まずは前座の牛肉たっぷりのうどん!

⑤DSCF5656

夕食のお供のお酒は源流で冷やすのがオツですな~
全て自然の恵み


⑥DSCF5669

山奥でフルーツご飯の準備
一人一品のお題でアボガド、トマト、
とっておきのオイルサーディンを保険食として準備

⑦DSCF5683

まずは一品目の黄金の組み合わせ
アボガドとトマト、チーズとブルスケッタ
ただ切るだけの極上の山ご飯

⑧DSCF5684


山菜の天ぷらは季節感もあって最高の前菜だ!
ブログ書きながらヨダレがでたよ!


⑨DSCF5687

二品目はオイルサーディンのアヒージョ!
ピリ辛と赤いオイルが絶品

⑩DSCF5698

つきることのない食材の数々
これぞ贅沢


⑪DSCF5688

プチプチはじける旨味たっぷりのウィンナー


⑫DSCF5695


そして本日のメインディッシュのアマゴの天ぷら青葉包み
ホクホク感が堪らない!


⑬1555227712928


極めつけはNPさんの牛!

⑭DSCF5702

それに特性ダレをブッこむ
むっちゃ旨い!


⑮DSCF5708

しかしこの極上のレストランには簡単には辿り着けない
崖沿いの倒木を越えたり台風で崩落した登山道が更に
大きく悪化した悪路を越えなければならない。

今回の山行では、その大崩落のところで落石による
頭価値割事件も勃発してしまった。
一瞬、撤退に2文字が頭をよぎるが幸いなことに
血が飛び散るだけの軽症で済み、今回の美食時間を
ゆっくりと堪能することができたのだ




⑰1555227603459


そうそう、沢泊、至福のときでした


⑯DSCF5666

クネ アスア クリアンサ 2012

 こんばんは、コタローです!
久しぶりに重いザックを担いでの山行
頭がスッキリした2日間

20190414_204027.jpg

スペイン産
テンプラニーリョ85%、グラシアーノ、
マスエロ、ガルナッチャ15%
薄っすらだが樽香あり。甘い花の香。
心地良い甘味の下地にブラックベリー系の心地良い渋み。
甘草のニュアンスもあり、やわらかく、スムース。
かなりいける飲み心地

黄金の魚

 こんばんは、コタローです!

今年はこの週末が見頃の夙川のさくら
なぜか花びらでなく、花そのものがくるくると
回りながら手のひらにたくさん降ってきた

20190407_181828.jpg 

〇は水面に黄金色をした大きな魚をみつけた
その瞬間、直ぐに手に入れたいと思った
しかし自分の竿はせいぜい尺ものしか吊り上げられない
なぜか黄金の魚は〇のエサに食いついた
〇にはこんなの一ひねりだと分かっていた。

〇は、もう1本の竿で尺ものを釣り上げた
その尺ものに仕掛けをして、10尺の魚を狙うことにした

CH ジュクラリー キュヴェ・レ・ザマンディエ 2015

 こんばんは、コタローです!

裏山ジョグコースの北山ダム湖の枝垂れ桜は満開
夙川のさくらが7分咲き
こちらはコタローの散歩目的がないと中々行くことはない
そういえば奈良の千本桜もどうすかなぁ~

20190330_202925.jpg 

フランス産ランドック
メルロ50%・シラー30%・グルナッシュ20%
抜栓後の香は解き放たれる感じは良いが
長続きはしない
樽香も少々薄っすらとある
メルロのサクランボを口に含んだ感じ、
シラーのスパイシーさ、グルナッシュの柔らかな
甘みベースの口当たりの良さ等々、それぞれの良さが
わかる一品。おいしい。

☆ リッチランド・カベルネ・ソーヴィニョン 2017

 こんばんは、コタローです!

オート運転
マニュアルじゃあ、約束違反だ!
それは分かるが、短時間でマニュアルを成功させ
それ以上の収穫を得た。でも相手はオートを要求。
やってやろーじゃないの
奇跡の成功。いや必然の結果

20190318_222911.jpg 



オーストラリア産
カベソー100%
沼津駅前のスーパー内にあるワイン屋さんで調達
酸味ベースのバランスの良い赤
なかなか!


プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR