「ジャン」 / プラトーノフ

 こんばんは、コタローです!

ここ1ヵ月は体育会系女子の青春にお供させていただく。
爆発的な笑顔アリ、悔し涙アリ、何でもアリの
粗っぽく、青臭く、熱くなれる時間に触れた

「ジャン」 / プラトーノフ
20171123_182827.jpg

久しぶりにすごい作家
ロシアの作家はアツイ

「奴隷の労働や、極度の疲労や、搾取などは、決して単に体力や腕だけを
消耗させるものではなく、理性や心のすべてをもやはり消耗させるのである。
そして、心がまず最初に滅び、ついで肉体も衰弱する。
そうなれば人間は、自分が、人生の関心事をいつしか忘れさせられ、疎外
されたまま、信じたり夢を見たり、非現実的なものを想像したりすることだけ
慣れた頭で生きてきたことも悟らずに、死の世界に隠れ、要塞であり避難所である
大地の中に消え去ってゆくのだ。」

「人間に対するあらゆる搾取は、支配を目的としてその人間の魂を歪め、
死に順応させることからはじめるのである。(中略)奴隷の内に存する
<精霊>の征服から、階級闘争がはじめられるのである。」

「彼は他人の生命をじかに感じとるのが好きだった。そこには何か、自分自身の
内にあるものより、もっと神秘的な、すばらしい、意味深いものが存在している
ように思えるからだ。だれかの手を握りしめていることができるという、ただ
それだけのことで、彼の健康と意識はずっとよくなることが多かった。」


「知るわけがないさ。お前にとっちゃ、生きることと食うことは同じだからな。
お前の中に入ったものも、やがてまた出て行っちまうんだ。
ところが、わしの頭の中には何もかもが溜まるのさ。」

ラス・コリナス・デル・エブロ ガルナッチャ・ティント

こんばんは、コタローです!

今週は早めに自宅に戻って仕事
日が暮れるのが早いので、16時から山jog
走り始めは、まだ青色の空が残っているが、
家に向かう景色は、夜景に向かう街並みが見える時間となる
快適なジョギングの季節である

20171116_203539.jpg  

スペイン産
シラー 50%, ガルナッチャ 25%, カリニャン 25%
葡萄のストレートな香
抜栓直後はジューシーな葡萄ジュースにアルコール
その後、味に幅がでてきて、しっぽりと柔らかい渋みが
でてくる。ランチ時に飲みたい感じかも。

グレンリベット ファーストフィルシェリーバット 1990-2006  10年

 こんばんは、コタローです!

この週末は、日中の細かな用事があったので
せっかくの晴天だが、家に軸足を置いた2日間となった。
その時間を利用して、携帯の2年縛りが解けた乗り換えを実行した。
非常に悩んだが、今更ながらガラケーからスマホへチェンジした。
後押しとなったのは、やはり電波の範囲が広いドコモが永久割の
ドコモWITHをだしてくれたことだ。


20171112_203310.jpg



さて、本題の酒ネタ記録
まだビールを飲んでいた頃、ウイスキーを少しかじっていたが
久しぶりにワイン漬けから一歩でてシングルモルトに手を出した

その背景には、最近、きちっと休肝日をとることにしたことと
東京での仕事が多くなったせいで、家でゆっくりコルクを開ける
ことが出来なくなったため、日持ちのするウイスキーを
レパートリに加えた。

香りは、まさにシェリーの薫り
蜜と樹液、白い花のニュアンスで深く奥行きがある。
クリアで分かりやすい上品な甘さを感じる香りだ。
口に含むと非常に飲みやすい、口の中に馴染みやすい吞み口で
蜂蜜のやさしい甘みと麦の旨みが混じりっけなしに楽しめる。
結構はまるかもしれない。

ラファージュ・キュヴェ・オーセンティック 2015

 こんばんは、コタローです!

C360_2017-03-11-20-58-38-429.jpg 



久しぶりのブログ・アップだが、ネタはワイン
数少ないアクセス者のためにもアウトドア・ネタが
そろそろ欲しいところだが、そちらはもうすぐ
雪山季節がやってくるので、もう少々お待たせだ。

ここ1か月は、異常に仕事が忙しく、またこの忙しさは
当面は続くだろうから上手いこと時間を使わないことには
精神を開放する時間にはあり付けないだろう

とはいうものの何時でも飛び出せるようUPの状態は作っている

C360_2017-11-09-16-09-21-833.jpg 

フランス産
カリニャン 50%、シラー 40%、グルナッシュ 10%
初日は、えらく角々しくデキャンティングが必要
2日目以降は、角も取れて落ち着き、
旨みも感じられるようになる。
やや骨太の作りなので、ヘタレはない。

体力維持

 こんばんは、コタローです!

C360_2017-10-26-16-26-16-705.jpg

脱サラ後、特に気を使っているのは、体調管理と
体力維持である。
どんなに仕事が押し寄せてきてもそれを裁くだけの
体は不可欠だ。

C360_2017-10-26-12-35-54-525.jpg

ここ2週間は、ビッグ・プロジェクトの対応で時間管理に
限界があったことと週末の台風と相まって裏山ジョグが
できなかった。
今日は2週間のブランク後の裏山ジョグとなった。
いつもの9kmのコースをいつものコースタイムで走ったが
やはり走り始めの15分後に肺にいつも以上の負担を感じるのと
喉に呼吸による違和感を感じた。

C360_2017-10-26-16-24-53-619.jpg



今週末も季節外れの台風だが、雨の降らない時間帯に
裏山を走り抜けねばならない。

間に挿入されている写真は、昨日まで滞在した
ソウル中心部から1時間ほど車を走らせたところにある
協力会社のある街の裏路地の風景

下は言わずと知れたぐーたらコタローである

C360_2017-10-02-19-46-38-168.jpg

「不発弾」 / 相場英雄

 こんばんは、コタローです!

ここ1週間は雨予報だったので本を数冊用意しておいた。
飽き性なので、本⇒筋トレ⇒仕事を反復した。
筋トレは、胸筋と腹筋をメインにやってるが、道具を
使わない腹筋は地味で億劫になり、なかなかスターティング
ポジションをとることができない。
そんな中、ネットで調べると素晴らしい道具にmeet!
その名も「腹筋ローラー」
スタートポジションをとれば、勝手に前にコロコロ転がり
そこから自力で復帰しなければならず、必然的に腹筋が
鍛え上げられる仕組みとなっている。

C360_2017-10-22-20-24-19-641.jpg



さて本題の本
テンポよく漫画本のように読めてしまう。
自宅待機にはもってこい

「だが、両目の焦点はあっていない。
すでに当事者能力を失っているのは明らかだ。
泥酔した人間が酔っていないと強弁している。
いや、ギャンブル依存症になった男が、人生を賭けるから
最後の勝負をさせてくれと言っているのだ。
悪い冗談以外の何物でもない。」




「象の消えた動物園」 / 鶴見俊介

 こんばんは、コタローです!

自分は右でも左でもないが、特に今の政治屋には
ポリシーの欠片もなく、全くもって嫌気がさす
チョイスした作家は、相変わらず読む本に困っていて
「不良作家」のキーワードで検索して引っかかったものだ
内容的には「左」だけど良いこともたくさん言っている。
ただ偏ってるけど、それが人の考えだろう。
そこにはポリシーが感じられた。

C360_2017-10-20-16-58-47-967.jpg


「別に、戦時の自分の体験からはじめなくても、戦争は、
見知らぬ人に命令され、見知らぬ人を殺すことである」

どうも今の政治屋は戦争をしたがる輩が多すぎる。
またそれに洗脳される人たちの何と多いことかと驚愕する

「私たちは、二千年の長さで現在をとらえる必要がある。
人類を、その誕生から滅亡に向かう長さでとらえる必要がある。」


☆ シャトー プラネール シャンタル 2014

 こんばんは、コタローです!

今抱えているプロジェクトがほぼ全て大詰め
寝ても醒めても脳味噌は仕事一色
そのせいか酒量も増え、体調にも影響が出始める。
思い切って1週間ほど断酒することにする。

C360_2017-10-15-17-02-19-599.jpg 

フランス産
シラー50%、カリニャン30%、グルナッシュ20%
上品でほのかな甘さが広がる
まろやかでバランス良い

ルイス・パト バガ&トウリガ・ナショナル レッド 2012

 こんばんは、コタローです!

今週は自宅勤務&関西営業
意図的にそのようなスケジュールを組んだが
結果もその通りとなり、想定外の仕事が飛び込む
ことなく、効率的なウィーク・デイとなった。
これをツキが持続していると捉えたい。

C360_2017-10-12-20-54-16-799.jpg 

ポルトガル産
バガ60%、トウリガ・ナショナル40%

果実系と花の香
抜栓直後は、ライトな渋みを感じ、
アフターは消え入るように
それまであった果実味と渋みが
どこかに行ってしまう
問題は2日目以降だ。
酸が前面にでて別物になる。
初日に飲み干すべし!

「漂流」 / 角幡 唯介

こんばんは、コタローです!

やはり自営業は自由であると思う。
全ての責任を負わなければならないが。
でもそのほうが良いと思うし、自分にも合っているのかもしれない。
結果がどうあれ、このことを教えてくれた人たちに感謝したい。

ありがとうございます

C360_2017-10-10-13-02-11-752.jpg 

山やさんが書いた海やさんの本。
400頁もいらないだろうというのが感想の全て。

「現代の都市生活者は死が見えなくなり、死を
経験することができなくなることで、死を想像
することもできなくなった。そしてその結果、
生を喪失している。私が冒険旅行をするのは、
ただたんに死の想像できない都市を離れて、
時々本格的に死と対峙しないと自分の生の輪郭
が失われてしまうような気がしてならないからだ。」




プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR