FC2ブログ

早すぎた紅葉狩り 大普賢岳 周回

 作成中~!

こんにちは、コタローです!

DSCF2160.jpg

メンバー:山童子さん、NP さん、パパさん(七曜岳まで一緒)、コタロー
コース:無双洞~七曜岳~大普賢岳~小普賢~鎖場~無双洞
活動距離と時間:約10km、8:05~14:55
コンディション:登山道は良好。超晴天。Tシャツ1枚でOK

大普賢 



DSCF2123.jpg





ネーロ ディ トロイア ビオ ネーロ 2016

 こんばんは、コタローです!

それにしても公私ともに毎日、いろんなことが起こる
退屈知らずだが、刺激が強すぎる
逆に何もないと素寒貧の一日と気が抜けた状態になり、
無意味な時間を過ごしてしまったと勘違いしてしまうほど危険な錯覚だ
どこかで正常な感覚を保たなければならない

20181013_182421.jpg

イタリアはプーリア産
ネーロディトロイア 100%
初日はジューシーでほのかに樽香もあるが、
2日目からはだれ気味


スゴイものが刺さった!

 こんばんは、コタローです!

スゴイものが刺さっていた!

20181020_200546.jpg




コタローの散歩で裏山まで車で出かけた
帰りしなエンジンボタンを押し、下山するも
タイヤの走りに違和感を覚える
予定通りそのまま苦楽園の行きつけのパン屋
に昼食を買って家に戻る。

明日は少し遠出なので、半年に一回の車のチェックに
オートバックスに行くことにしていた。

本日2回目の車庫に行くと、
何と前輪右側がパンクしているではないか!
そのパンクの原因が頭の折れたネジ釘。
しかもその長さ5cm
偶然に偶然が重なって突き刺さったようだ。

その場でネットでパンク対応を検索。
出た最も効率的な答えは、
保険のロードサービスを使って、
オートバックスで修理をすれば
ゼロ円ですむことが判明。

パンク判明からきっかり3時間でミッション終了。
保険屋さんとオートバックスさんの御蔭で
日常に戻ることができた。

ありがとう

30マイル シラーズ 2016

 こんばんは、コタローです!

脱サラして良かったと思う瞬間
時間があけば自由!

20181018_210405.jpg

オーストラリア産
シラー100%

最近のシラーは、いやシラーに限らず
デイリークラスは異常に口当たりの良いように
仕上げている。

シラーの良さはでているが、尖ったスパイシーさは
何処かに行ってしまった感じがする。

でも厚みもあって美味しい!

京美白どり

 こんばんは、コタローです!

20181014_171155(0).jpg

ん~、見てるだけで唾液がでてくるな~

先週のカヤックに同伴したMさんのお友達が
養鶏場を経営されていて鶏の刺身を食べさせて
いただけるということで、DR後s、食事会場に向かう

20181014_164849.jpg


ほんの少し前までコケコッコーと鳴いてた鶏


20181014_165440.jpg


あっという間に4つの部位に


20181014_172312.jpg


そして食卓に。

こんなに鶏が旨かったなんて!
まず口に入れたときの食感が良い
繊維が絹のように繊細で細く、
口の中で溶け込んでゆく
ちょんと醤油を付けても旨いが
素で頂くのがその鶏の旨味が口の中で
広がるのが良くわかる

鶏は刺身が一番!


20181014_173323.jpg

2年半振りの浮遊感 美山カヤック!

こんにちは、コタローです!
2年半ぶりのダウンリバー

忘れかけていた浮遊感に浸る


DSCF2090.jpg

メンバー:totoさん、マイケルと友達、コタロー
コース:美山ふれあいの里駐車場(10:45)スタート~(14:10)ゴール 9.5㎞







キャプチャ

スタート地点
こに川はちょうど3年前に同じコースを下っている。

DSCF2074.jpg

天候にも恵まれ川面が煌いてる


DSCF2075.jpg

水量が少ないためタンデムだと引っ掛かりやすい



DSCF2080.jpg


のんびりと青い空を眺めながら流れに身を
任せるのは、何とも受動的でいろんな
ストレスから解放される


DSCF2085.jpg


木登り



DSCF2098.jpg

やはりマイケル!


DSCF2101.jpg


小さな木登り
気付いてあげた・・・。

DSCF2108.jpg


DSCF2110.jpg

久しぶりに浮遊感を味わった1日だった



DSCF2114.jpg

フェスティボ トロンテス 2016

 こんばんは、コタローです!

ようやく、といったところ。
これから、というところ。
順調、順調、順調・・・。
あとは内なる敵を倒すだけ。
伏魔殿に挑む

20181007_162033.jpg

アルゼンチン産
トロンテス 100%
優しい柑橘系の香
スッキリ、キレもありながら
骨格もあって、太めの白



ナチュラル・ワイン・オーガニック C°シラーズ 2017

 こんばんは、コタローです!

仕事が熟してきた
毎月、毎日が勝負だけど
10月は何か大きな動きがありそう

20180927_205717.jpg

オーストラリア産
シラー100%
熟したプラムの甘い香り
バニラ香あり
甘さに変わる優しい渋めのタンニン
翌日には甘みが前に出て飲みやすい

苦節25年 山の神様の恵み アマゴと舞茸の狂い食い

こんにちは、コタローです! 

深い山の奥に樹が横たわっていた。
その幹の奥には、別世界があった。

DSCF5398.jpg

メンバー;山童子さん、NP さん、͡コテっちゃん、かずぞうさん、もりよさん、コタローの6名
場所;某源流
コンディション;数日降り続いた後で足場は滑りやすかった。到着までは、細かい雨が
たまに降ったがテン場につく頃には、時折、青空が通り過ぎ、火を起こすときには
青空に変わっていた。気温は15℃以下とすっかり秋の気候になっていた。翌日は晴天。





森の中での紫煙はなぜか時間がゆっくりとしっくりと流れていく。

DSCF5349.jpg

土と同化した黒舞茸
素人なら通り過ぎてしまうが、苦節25年の隊長には
舞茸から声をかけてくれるとのことだ。

DSCF5257.jpg

一株10kgはある白舞茸
3株あったが、ここ数日降り続いた雨で1株は完全に流れていた。

DSCF5263.jpg

舞茸の中でも最高級の黒舞茸
この幹の裏側には舞茸畑が広がっていた!

DSCF5266.jpg

本日の収穫
これはほんの一部で持ち切れないほど。
今年は台風と長雨のせいで日照時間が短かったが、
その環境がキノコにとっては良かったのか
どんk山でも豊作だった。

DSCF5270.jpg

DSCF5342.jpg
アマゴの天ぷら
こいつはいつ食べても絶品だ!

DSCF5282.jpg

DSCF5297.jpg

舞茸のフルコース
ホイル焼きはポン酢醤油で。

DSCF5303.jpg

贅沢な空間での宿

42349672_1883788398365181_4504174057771499520_n.jpg

宿の目に前の風景

DSCF5337.jpg

DSCF5354.jpg

やはり体力を持て余していたのだろうか?
通常であれば来た道を帰るだけのお手軽沢泊宴会だが
手こずると思われた舞茸ハントが余りに簡単に達成
できたのが原因だろう。

来週の舞茸の幼菌探しを名目にバリエーション

ではなく、単にミズナラのある方向に進む
行き当たりばったりハードコースで帰路に着くことになった。

DSCF5360.jpg

道なき道を行く


DSCF5365.jpg


DSCF5322.jpg

足場が危ういため、足元に集中して歩く。
ホントに幼菌を探しながら歩いているのだろうか?

DSCF5369.jpg


いつもの景色とは違うので、歩いていても新鮮で良い。
淡々と慣れたルートを歩くよりは、目新しい気持ちで
これはこれでありだった。

DSCF5373.jpg

「わたしはどこ?」
GPSで確認し、ルート思案中の図。
もうあと100mもしないで、通常ルートにでるところであった。

恒例の沢泊は、いつだって、これ以上ないぐらいの
楽しい時間を与えてくれる。

DSCF5389.jpg

CH オー・グラヴァ 2016

 こんばんは、コタローです!

ほぼ4連休でレフレッシュ
脳味噌は良い意味で白紙となった。
予定を入れていなかったので裏山でトレラン三昧
来週に向けての準備は整った。

samsung1244.jpg

ボルドー産メドック
カベソー:52%、メルロー:31%、フラン:17%
苺、甘草の香
渋みベースのタンニン
2日目が円みを帯びて飲みやすい

プロフィール

コタロー  (ボストンテリア)

Author:コタロー  (ボストンテリア)
全ての時間に記憶を刻め!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者累計(since 2014 4 1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR